Youtubeで3D動画を配信中!

腹横筋【3D筋肉・解剖学】

腹横筋【3D筋肉・解剖学】

お腹をコルセットのように囲む腹部のインナーマッスル【腹横筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


姿勢改善、くびれ、シックスパック、呼吸など体幹運動や人間としての基本機能を支える作用があります。
表層にある腹直筋や腹斜筋強化の際にも意識したいインナーマッスルです。

腹横筋の概要

  • 名称:腹横筋
  • ふりがな:ふくおうきん
  • 英語名:Transverse Abdominal
  • 腹筋群の中で最も深層にあるインナーマッスル。

    腹腔内圧を高めたり、内臓の位置を安定させたり、排便を助けたりなど、生命維持活動においても重要な働きがあります。

    姿勢に関与し、腰のくびれを作り、腹筋運動においても他の筋肉を補助します。

    腹横筋の起始・停止

  • 起始:第6~12肋軟骨の前面・胸腰筋膜・腸骨稜の内唇・鼠径靭帯外側部
  • 停止:腹直筋鞘
  • 腹横筋の作用

    解剖学的表現

  • 腹圧を高める
  • 横隔膜を押し上げる

  • 日常でのイメージ

    コルセットのように腹部を囲んでいるインナーマッスル。
    お腹を背中につけるイメージで引っ込める時に働きます。

    腹横筋の神経支配

  • 肋間神経・腸骨下腹神経・腸骨鼠徑神経(T7~T12)
  • 腹横筋の働きを3D動画で確認

    腹横筋を触診

    お腹を背中につけるイメージで引っ込める運動で収縮を意識できます。

    腹横筋を鍛える方法


    腹横筋筋トレ

  • 呼吸と姿勢
    呼吸や姿勢に意識を向けることで効果的に強化できます。

  • 腹筋群に関してはこちらも合わせて参考にしてください。

    筋肉の収縮の違いに関してはこちらも合わせて参考にしてください。

    腹部の筋肉カテゴリの最新記事