**「わたしのトリセツ」とは?人体の『解剖学と生理学』を学ぶべき理由

死ぬまで一生使い続ける「あなただけのモノ」

私たちは、この世に「生」を受けた瞬間から死ぬまで一生使い続けるものがただひとつだけあります。

デザインが気に入らなくても、古くなって機能性が低下しても、一部分が壊れて使えなくなっても、新しく買い替えたり、他の人と交換したりすることができません。

さて、何でしょうか?

それは、「あなた自身(こころとからだ)」です。

自分の身体と心について何を知っていますか?

私たちは、自分の身体や心を使って毎日生活をしています。

友達や家族とコミュニケーションができるのも、仕事ができるのも、美味しいモノを楽しめるのも、勉強や作業に没頭できるのも、スポーツに打ち込めるのも、全部あなたの心と身体があるからできることです。

さて、あなたは自分の心と身体の仕組みについてどれだけ知っていますか?

正しく丁寧に使えば、「良い状態」が長持ちする

スマホでも、パソコンでも、家具でも、家電でも、車でも、服でも。

形あるものには必ず寿命(耐用年数)がありますが、実際に有効に使える年数は、使う環境、使う回数、使い方に大きく左右されます。

例えば「スーツ」。

毎回専門店でクリーニングをしてもらい丁寧にアイロンをかけて適切な環境で保管をしていれば、何年経ってもコンディションはほとんど変わりませんが、素材の特性や適した洗濯方法を知らずに乱雑に扱えば、数回の洗濯でぼろぼろになってしまいます。

家電も使うごとに丁寧に掃除し定期的にメンテナンスをし、通常の耐用年数を超えてもずっと良いコンディションのまま使い続けている人もいれば、取扱説明書を読まずに間違った使い方をし、すぐに壊してしまう人もいます。

これと全く同じことが、私たちの心と身体にも言えるのです。

「あなたの身体」は世界で一番精巧なマシン

あなたが生まれてから死ぬまで使い続ける「あなたの心と身体」は世界中にあるどんな機械やAIよりも、精巧な仕組みで動いている超高性能マシンです。

ちょっとやそっとでは壊れないすごい仕組みを標準搭載しているため、私たちはその仕組みを知らなくても簡単には生命活動を脅かすような病気にはならないし、耐用年数も通常80年〜100年くらいあります。

でも、年齢を重ねれば重ねるほど、心と身体の健康度に個人差が出てくるのは、誰もが実感していることだと思います。

その個人差を生むのはなんだと思いますか?

持って生まれた知性や才能や努力の違いではなく、ある知識とその活かし方を知っているかどうかです。

正常な身体の仕組み(わたしのトリセツ)を知って生かす

その知識とは………..「自分のトリセツ」つまり「人体の解剖学と生理学」と、「自分の身体を正しくメンテナンスしながら管理できる方法」のことです。

人体の構造を知る「解剖学」とその機能を知る「生理学」の知識があれば、自分の身体と適切にコミュニケーションが取れますし、病気や怪我など身体の正常な状態から逸脱した状態に気がつくことができるようになります。

おすすめカテゴリー記事