【生理学】と【解剖学】の違い

からだの仕組み
スポンサー

生理学と解剖学の違いについて解説します。

生理学と解剖学の定義

生理学と解剖学の違いを説明する前に、まず解剖学と生理学の定義や歴史をそれぞれみていきましょう。

解剖学の定義

「解剖」を文字通り解釈すると、「切り開いて、形状や構造を調べる」という意味になります。

実際に医学部の解剖学授業では、人体などの生命体を部位一つ一つを切り分けて細部まで観察しながら、構造を学んでいきます。


歴史的にはも、生命体を切り開いて、構造を肉眼で観察することから始まっており、技術革新に伴い、現在では顕微鏡や様々な器具や機械を用いて、肉眼では確認できない部分まで構造が明らかになってきています。


解剖学の定義をひとことでまとめるとすれば、解剖学は生命体の構造を学ぶ学問と言えるでしょう。

生理学の定義

解剖学で人体など生命体の構造を理解できたとしても、その構造がもつ機能や仕組みを理解しなければ、使える医学知識にはなりません。

そのため、解剖学で解明された構造に対して、どんな機能や仕組みがあるのか研究しようとするのは当然の流れです。

生理学の定義をひとことでまとめるとすれば、生理学は生命体の構造ごとの機能を学ぶ学問と言えるでしょう。

解剖学と生理学は同じ?

解剖学が人体の構造を学ぶ学問であるのに対し、生理学は人体を構成するパーツの機能を学ぶ学問です。そして、人体を理解して役立つ医学知識にするためには必ず両方の知識が必要です。

つまり、人体の仕組みを理解する学問を、構造の観点で見る解剖学と機能の観点で見る生理学の2つに分けたと言い換えてもいいかもしれません。

人体を家に例えると、家の中でどんな生活ができるかイメージするには、家の構造と家の機能両方の観点が必要ですよね。

家がどんな建材でどんな構造でできていて、間取り、家具や家電がどう配置されているのかを知ることが解剖学で、その構造や配置で家が構成されていることで、どんな生活ができるのかを見ているのが生理学、みたいな感じです。

解剖学で構造をとらえてから生理学で役割をみていくことで、人間の仕組みが初めて理解できるようになります。

解剖学と生理学の違いとは

解剖学と生理学の違いを聞かれた時の答えとしては、以下のようにまとめることができます。

  • 同じ対象を角度を変えてみている
    • 生理学は生命体の機能
    • 生理学は生命体の構造
タイトルとURLをコピーしました