こころの病気(精神疾患)は脳の障害〜心と身体のつながりを意識して健康維持

【病は気(心持ち)から】と昔から言われていますが、心と身体が密接に繋がっているということは現代医学でも説明ができます。

なぜなら、心も体も人間のあらゆる機能の司令塔は【脳】であり、私たちの考え・行動など活動全てが脳で制御されているからです。

統合失調症など心の病とも呼ばれる精神疾患についてと、心の病を予防するために大切なことについて整理してまとめました。

精神疾患(心の病・精神病)とは

精神疾患(こころの病気)は、心の病と言われることもありますが、脳の正常な働きが何らかの原因によって制限されたり障害されたりして、感情や行動などに特徴的な症状が出て、日常生活や社会生活が困難になる状態のことです。

代表的な病名に、統合失調症、うつ病、双極性障害(躁うつ病)などがあり、感情のコントロールや行動につながる脳機能の制御が正常に行えなっているため、日常生活や社会生活がとても困難になります。

精神疾患(精神障害)の原因

精神病の原因は大きく以下の3つに分類できます。

目的 具体な求める変化
①外因性精神疾患 脳挫傷・感染症・薬物など明らかな外的要因によって脳神経の働きが阻害されて症状が出るもの
②心因性精神疾患 心理的なストレスが特定できる原因があり、ストレス障害や適応障害などの症状が出るもの
③内因性精神疾患 統合失調症、気分障害(うつ病、双極性障害)など明確に原因が特定できないが特有の症状を呈するもの

狭義には、内因性精神疾患だけを指して精神疾患や精神障害と定義する場合もあります。

精神疾患症状

「精神疾患」の症状は、異常な言動や感情が出現する「陽性症状」と本来あるべき言動や感情が出なくなる「陰性症状」に大きく分類できます。

「統合失調症」を例により具体的に症状の説明をします。

「統合失調症」は、思考・行動・感情などを目的に応じて「統合」する脳の働きに不具合が生じる病気で、初期には「陽性症状」が強く表れますが、その後うつ病のように無気力になる「陰性症状」が長く続く特徴があります。

【統合失調症:陽性症状】とは、幻覚、妄想、思考や行動の異常など本来あるべきでないものが表に現れる状態で、【統合失調症:陰性症状】とは、感情、意欲、興味関心の低下、社会交流や会話の低下など本来あるべきものが見られない状態です。

統合失調症の症状には、脳内で働く神経伝達物質であるドーパミンとセロトニンが関与していると言われて、本来私たちに備わっている以下のようなコントロール機能が正常に作用していません。

通常、私たちは一時的にものすごく興奮してモチベーションが上がっても時間が経つといつも通り戻ったり、逆にすごく落ち込んだりしても翌日にはスッキリして気持ちが回復したりしますが、これは常に一定の状態を保とうとする機能(恒常性)を持っているからです。

この仕組みは、意欲・集中力などに関与するいわば「やる気スイッチ」であるドーパミンと、情緒・安心感などに関与するいわば「安全スイッチ」であるセロトニンが相互に抑制してバランスをとるように働いていることで成り立ちます。

「統合失調症」の陽性症状が出ているときは中脳辺縁系でドパミンが過剰な状態ですが、中脳皮質系ではドパミンが低下している部位もあり、陰性症状の原因となっていると言われています。

「統合失調症」の対処療法として、ドパミンやセロトニンの阻害薬などを使った症状コントロールをしますが、根本解決は難しく、リハビリや心理的ケアを経て社会復帰するまでには長期間を要します。

心の病に対して身体が発するSOS

「統合失調症」では、発症前に以下のような兆候が出ています。

概要 具体な変化
①睡眠パターンの変化 不眠、昼夜逆転など
②頻回な身体症状の訴え 頭痛、腹痛など
③性格や行動の変化 周りが違和感を覚えるほど、性格、会話、行動が変化している
④パフォーマンス低下 仕事や勉強に集中できず、成績が目に見えて下がる
⑤好みの変化 抽象的なテーマを好むようになる

上記のような身体が発するSOSは、一時的な疲労やストレス、生活習慣の乱れなどが原因で誰にでも起こりうる変化です。

例えば、「キレる」など理性を超えた短絡的な行動や幻聴や幻覚なども、脳のエネルギー不足(つまり食事がおろそかになる)だけでも起こりえますし、慢性的なエネルギー不足が原因で意欲低下や能力低下も起こりえます。

これらの状態を自分、または周りが気づいて早期に生活習慣の改善やストレスを緩和する環境調整などをしていれば、精神疾患にまではならない可能性が高く、心の生活習慣病ともいえる精神疾患も、早期発見と早期対処が重要です。

身体はSOSをちゃんと聞こう!

現代はストレスの多い社会では、誰もが【こころ】に悩みを抱えていますし、自分ではどうにもコントロールできない精神疾患になってしまうリスクも抱えています。

ただ、身体はちゃんと心にかかっている負担に気づけるようにSOSを送っていますので、そのサインをちゃんと受け止め、生活を変えていくことがとても重要です。

新潟大学医学部名誉教授であり、免疫学の世界的権威でもある安保徹先生の著書:「疲れない体をつくる免疫力」の中にこんな名言があります。

カラダは間違えない。
間違っているのは「生き方」のほう。

SOSを送っている、不調を出しているあなたの身体自体は間違っていない。

間違っているのは、無理をし過ぎたり、不自然な状態を強いたり、サプリメントや薬を多用して身体を過剰な負担をかける一方で本来ある機能を怠けさせていたりしているあなたの生き方の方。

本来あるべき状態から逸脱した環境が続くと身体は正直に反応してSOSを出します。

それがいわゆる体調不良ですが、体調不良を放置して生活を改善しないと、病気になり、病気を放置すると死にます。

心と体は繋がっている

「心(ココロ)と身体(カラダ)はつながっている」という概念はヨガやマインドフルネスなどの人気もあって広く浸透してきています。

アメリカの伝説的名医と言われたジョン・A・シンドラー博士も以下のように心と身体のつながりについて述べています。

「身体の病気の50%は心因性のものである」

「心(ココロ)と身体(カラダ)はつながっている」から、心(ココロ)と身体(カラダ)は切り離して考えることのできません。

それは、身体の仕組みを物理的に紐解いていっても非常に納得できる事実で、今の辛さは気合いや根性などの精神論では解決しませんし、症状が出ている部分だけ診ていても解決しません。

心も身体も含めてあなたが成り立っているからです。

 

合わせてチェック!

ストレスとはそもそも何?ストレス社会の正しい対処法

自分の体を守るために自分を知る

どんどん忙しくなる現代の生活、めまぐるしく進化していく産業や技術、どれが正しいのかわからなくなるほど大量に溢れる情報。

頑張り屋のあなたはきっと自分の身体のことなど省みず、一生懸命仕事や勉学に励んでいると思います。


「この位なら大丈夫」と自分に鞭を打ちながら。

でも、その結果あなたの身体がどんどん蝕ままれているとしたら、気がついた頃には取り返しのつかない重病になってしまっていたとしたら、大切な家族や仲間を失うことになってしまったとしたら、なんの為に今まで頑張ったのかと後悔することになります。

健康であればなんでもできますが、健康を失ってしまったら社会生活は大きく制限されてしまいます。

どんなに頑張り屋のあなたでも身体は正直にSOSを出していますので、「身体は絶対に間違えない」という前提を持って、自分の身体に向きあう時間を取ることを強くおすすめします。

身体の仕組みを正しく知り、身体の声にちゃんと耳を傾けられるようになれば、健康で楽しい豊かな人生が送れるようになります。

自分の人生の最初から最後まで100%関わり続けるものは、自分の身体以外には何もないのに、自分の身体について正しく知ろうとしないのは人生を豊かに楽しくすることを放棄しているのと同じです。

そのための知識と情報をお届けするのがこのサイトの理念であり役割です。

人間の身体が本来あるべき姿でいられるように、安定した綺麗なエネルギー源を脳に送るためにバランスの良い食事をし、姿勢を整え、睡眠をしっかり取り、脳と神経の働きを含めて全身のバランスをとることに普段から意識を向けるようにしてみましょう。

心と身体はつながっているので、自分の身体の仕組みを理解し、普段から自分の身体を労る気持ちを持つだけでも精神病のリスクは大きく減らせます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事