「手が温かい人は心も温かい」理由を医学的に解説

冷え性対策・体温を上げる方法
スポンサー

「手が温かい人は心が冷たい」または「手が冷たい人は心が温かい」と言われることがありますが、医学的には「手が温かい」人は「心が温かい」確率が高いと言えます。

「手の温かさと心の温かさの関係」「手が温かいことのメリット」を医学的に考えます。

手と心の温度に関係はあるの?

手と心の温度を結び付けて表現されることがよくあります。

  • 「手が温かい人は心が冷たい」
  • 「手が冷たい人は心が温かい」
  • 「手が冷たい人は心が冷たい」
  • 「手が温かい人は心が温かい」
  • スピリチュアルな要素を含め様々な論拠があるようですが、「手が温かい人は心が温かい」、つまり手の温かさと心の温かさが正比例する事実は医学的に説明ができます。

    身体の仕組みと手の温度差

    まず、手の温かい人と手が冷たい人の身体の中の違いをみてみましょう。

    人間の身体の熱生産の仕組み

    人間の身体には、理想的な体温である37度前後を維持するために、何も意識や努力しなくても働いてくれている様々な機能があります。

    筋肉の収縮によるポンプで温かい血液を全身に巡らせ、体温を維持し、人間としての生きることができています。

    全身に温かい血液を24時間365日休むことなく運び続けるのですから、37度前後の体温を維持するために膨大なエネルギーが必要です。

    一番温かい場所と冷たい場所

    温かい血液は心臓から筋肉の収縮によるポンプの力で全身を巡り、心臓にに戻ってきますので、同じ人の身体の中でも以下のような温度差が生じます。

  • 心臓に近いほど高く、心臓から離れるほど低い
  • 外気に直接触れる機会の多い手や指先は、熱が奪われて温度が下がりやすい
  • 血液運搬と熱生産の役割を果たす筋肉量や運動量の少ない場所も冷えやすい
  • 冷えを末端部、つまり手や足などの身体の末端や指先で感じやすかったり、筋肉や運動量の少ない女性に冷え性多い理由がここからわかります。

    結論1:手が温かい人は心(心臓)が温かい

    心=心臓(つまり体温維持の中心)と考えると、手が温かいということは、間違いなく心(心臓)にも温かい血が流れています。

    また、心=心臓が冷たければ当然手は冷たいです。

    つまり、心=心臓と手の温度の正比例は間違いありません。

    心=マインドじゃないの?

    そうですね。

    おそらく引用されている心と手の温度の関係における心はマインド(特に相手に向き合う考え方や姿勢)だと思います。

  • 心が温かい = 優しい、おもいやりがある、気遣いができる…など
  • 心が冷たい = いじわる、冷酷無情、配慮に欠ける…など
  • この観点から見ても、心=マインドと手の温度の正比例(手が温かい人は心が温かい)を医学的に説明できるでしょうか?

    手先まで温かい人は身体の循環が良好

    これまで説明してきたように、身体の構造や仕組みから考えていくと、手先まで常に温かい人は、全身の循環がとても良く、それだけの循環を起こすエネルギーを持っている人と言えます。

    姿勢や健康状態にも特に大きな問題のない人と考えられます。

    手が温かい人の心(マインド)の温かさの相関に関して結論を出す前に、手が温かいことの日常生活でのメリットをピックアップしてみます。

    手が温かいことのメリット

    手が温かい人は、体温も高く、身体の機能も円滑に働いていますから、病気知らずなだけでなく、あらゆる仕事や生活のパフォーマンスも高いはずです。

    では、具体的にはどんあメリットがあるのでしょうか?

    エネルギーを与えることができる

    スピリチュアルな話ではなく、心理学的かつ物理的な論拠です。

    私は、臨床やボディメンテナンスなどで、身体に直接触れることがありますが、以下のように言って頂くことがよくあります。

  • 《電気治療みたい》
  • 《神の手だね》
  • 《ジンジンとエネルギーが浸透してくるみたい》
  • 《ちょっとしか触っていないのに全身が楽になる》
  • 《魔法みたい》
  • もちろん、全身の機能や循環を抑制している部分をリリースしたり、とにかく根本を解決し全身がよい方向へ向かうような手技を施しているからではあるんですが、それに加えて、《手が温かい》ということが、ものすごくよい印象とよい効果(心理的・物理的)を与えている、と考えています。

    温熱治療という熱エネルギーで行う物理療法や、温泉、岩盤浴などに効果があることと同じ理由です。

    安心と心地よさを与えることができる

    さらに、その熱が機械からではなく、信頼している人からのものであるということで、安心感、心地よさ、リラクセーション効果を与えてくれます。

    例えば、以下のように、手の温かさのパワーとメリットを感じた経験はたくさんあると思います。

  • 小さい頃、お腹が痛かったり体調が悪かったりした時に、お母さんの温かい手でさすってもらっただけでものすごく楽になったり…
  • 握手した手がものすごく温かいとそれだけで、その相手にものすごい好印象を抱いたり….
  • 寂しいときに人肌が恋しくなったり…
  • 手が温かい(皮膚から伝わる温度が心地よい)ということだけで、温熱療法の効果に加えて、精神的な安心感を相手に与えることができるというメリットがあります。

    逆に冷たい手で触れられただけで、一瞬で身体が凍りつくような不快感を感じた経験はありませんか?

    だから、人の身体に触れることが主な仕事のセラピストやエステティシャンなども、必ず手を温めてからお客様に触れるということを徹底しているプロ意識の高い方もたくさんいらしゃいますね。

    結論2 : 手が温かい人は心(マインド)も温かい

    そもそも誰かに意地悪したいと思って生きている人はいません。

    でも、強いストレスがかかったり、辛いことが重なれば、自分のことで精一杯で、相手を気遣う余裕は持てないし、精神的にネガティブになり、周りに対して辛くあたってしまうこともあります。

    一方、健康でストレスが少なく、物理的にも精神的にも余裕があれば、相手を気遣う余裕も自然と生まれます。

    体温が高い人の側にいるのは、(お母さんの手や握手の経験があるので)誰でも本能的に気持ち良く感じますし、パフォーマンスも高い(思考や行動がスムース)ですから、周りの評価も自己評価も高くなり、気持ちも穏やかかつ豊かになります。

    つまり、手が温かい人は心(マインド)も温かい確率が非常に高いと言って良いと考えます。

    「冷たい手」冷え性のリスク

    最近は、冷え性や低体温の人が本当に多く、自慢げにそれを語る人すら出てきています。

    手が冷たいだけで、社会的にデメリットが多いだけでなく、低体温は全身の循環不良ですから、おそらく現在すでに様々な体調不良を感じているはずですし、将来大きな病気になるリスクを抱えているという事実を認識してください。

    今すぐ対策を考えましょう。

    手が温かい人になる方法

    手が温かい人には、全身の循環をよくする必要があります。

    まず、体温を維持するためには大量のエネルギーを消費するので十分なエネルギーと栄養を摂取し、身体に余計な負担をかけないようにしつつ、姿勢や筋肉に意識を向けて身体を温める習慣を取り入れましょう。


    身体の機能を正常に保つ

  • 十分なエネルギーと栄養を摂取する
  • 身体に負担のかかる行動やストレスを避ける

  • 循環をよくする
  • ストレッチなどで筋肉の柔軟性を保つ
  • よい姿勢を維持する
  • 入浴する
  • 意識的に歩く(運動する)時間を作る

  • 身体を冷やさない
  • 温かいものを食べる(冷たいものを避ける)
  • 服装や冷暖房温度を調整する
  • タイトルとURLをコピーしました