【頭蓋】頭蓋骨(頭と顔を作る骨)構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

骨(ほね)解剖学
この記事は約9分で読めます。

頭と顔を構成する人体で一番上にある骨構造である【頭蓋】と頭蓋を構成する【頭蓋骨】ついてイラスト図解付きでわかりやすく解説しています。

【頭蓋】は、ひとつの骨ではなく、15種類(23個)の【頭蓋骨】で構成されています。

【頭蓋】および【頭蓋骨】構造がわかっていると、顔の歪みやむくみを改善してスッキリ小顔にしたり、顎や噛み合わせのトラブル解消したり、薄毛や白髪などの頭皮や毛根トラブルを改善したり、若々しい顔を維持するために重要な表情筋エクササイズや頭をスッキリさせたい時のヘッドマッサージなども正しく効果的に行えるようになります。

【頭蓋】とは?【頭蓋骨】との違いは?

【頭蓋】とは、人間を含む脊椎動物(背骨のある動物)の頭部骨格全体のことを指します。

シンプルな単語で言い換えると、私たちの顔や頭の形の基礎となっている部分のことです。

以下は、左から人体骨格全体を前・後・横から見た図、頭蓋(頭蓋骨)と背骨(脊柱)のつながりを前・横・後ろから見た図で、一番上にある丸い大きな塊のような骨構造が【頭蓋】です。

【頭蓋】はひとつの骨ではなく、合計23個の【頭蓋骨】で構成されていますが、ほとんどの頭蓋骨同士は縫合によって連結されているので、【頭蓋】全体をまとめてひとつ骨のように捉えて説明する時にも【頭蓋骨】と表現することがあります。

  • 【頭蓋】:身体最上部に位置する頭(顔)を作る骨格全体
  • 【頭蓋骨】:頭蓋を構成する15種類23個の骨

【頭蓋】役割

次は【頭蓋】の役割を整理しましょう。

まず、先ほどの図解からもわかるように、【頭蓋】は人体の一番上部にある骨構造で、私たちの頭や顔の構造を決める骨格を作る役割があります。

また、【頭蓋】の中は、人間の活動すべての司令塔である脳(中枢神経)と、五感のうち全身に広がる触覚以外の感覚である「視覚・臭覚・聴覚・味覚」の情報収集器官(目・鼻・耳/平衡感覚器・口/顎/舌)、消化管や気道の起始部が集結する空間になっています。

つまり、【頭蓋】は、私たちの生命維持や様々な活動をする上で欠かせない重要な器官や神経を保護する役割もあります。

  • 脳(中枢神経)を始め、各種器官や神経などを保護する空間を作る
  • 頭や顔の構造を支持する

物理的にも人体の一番上にある【頭蓋】内には人体の最高司令官である脳が収まり、見たり、匂いを感じたり、聞いたり、話したり、呼吸をしたり、食べたりなどあらゆる感覚や生命維持活動に重要な要素を司る器官や神経が集結していることになります。

人体も脳が支配するトップダウンの組織なので、脳や脳の働きをサポートする組織と人間としてのコミュニケーションや日々の活動に重要な感覚器官を守っている強固な骨構造である【頭蓋】が他の人体骨とは大きく異なる骨構造であることも納得できると思います。

【頭蓋】構造〜頭蓋を構成する頭蓋骨の名前

【頭蓋】の主な役割は、顔面と頭の形を作り、脳や感覚器官を保護することで、15種23個の【頭蓋骨】から構成されています。

15種23個の【頭蓋骨】から構成されていると言っても、口を開ける時に動く下顎骨(下顎の骨)以外は、縫合によって連結していて関節のように大きく動くことはありません。

15種23個も【頭蓋骨】の種類があるので、【頭蓋】構造をより使える知識として整理できるように、「脳を収める脳頭蓋」と顔面を構成する「顔面頭蓋」および「歯と軟骨」に分けてそれぞれを構成する骨をより詳しくみていきましょう。

*頭蓋を構成する骨【頭蓋骨】分類には諸説ありますが、最終的に頭蓋として構造・位置・役割を整理して必要な情報として使えるようになっていれば問題ないというスタンスでまとめています。(学術論文を書くことではなく、医学を誰でも理解できて日常で使える知識に落とし込むことがこのサイトの目的です。)

ひとつひとつ詳しく見ていく前に、まずは名前と数をリストにまとめました。

頭蓋骨名称 読み方 英語
脳頭蓋 後頭骨 こうとうこつ Occipital bone 1個
前頭骨 ぜんとうこつ Frontal bone 1個
頭頂骨 とうちょうこつ Parietal bone 2個(左右1対)
側頭骨 そくとうこつ Temporal bone 2個(左右1対)
篩骨 しこつ Ethmoid bone 1個
蝶形骨 ちょうけいこつ Sphenoid bone 1個
顔面頭蓋 鋤骨 じょこつ Vomer 1個
下鼻甲介 かびこうかい Inferior nasal concha 2個(左右1対)
涙骨 るいこつ Lacrimal bone 2個(左右1対)
鼻骨 びこつ Nasal bone 2個(左右1対)
頬骨 きょうこつ Zygomatic bone 2個(左右1対)
上顎骨 じょうがくこつ Maxilla 2個(左右1対)
口蓋骨 こうがいこつ Palatine bone 2個(左右1対)
下顎骨 かがくこつ Mandible 2個(左右1対)
舌骨 ぜっこつ Hyoid bone 1個

 

【脳頭蓋】6種8個の頭蓋ヘルメット部分

【頭蓋】のうち、いわゆる「頭」部分を構成する【脳頭蓋】に分類される頭蓋骨から整理します。

【脳頭蓋】には6種類8個の頭蓋骨があります。

主な役割としては、【脳を上から包むように保護】【脳を支える底面を作る】【目や鼻など顔や感覚器官のパーツを分ける】になります。

脳頭蓋の解剖学的分類方法にも諸説(観点の違い)ありますので、ここではあえて触れず、誰でもわかりやすいように位置と役割の整理に特化しました。

表情筋や顎運動(咀嚼筋)の付着部としても正しい位置の把握が重要です。

頭蓋骨名称 位置 特徴 役割
後頭骨 脳頭蓋後下部 大後頭孔と呼ばれる脊髄神経が通る大きな穴と背骨(環椎)との関節面 脳を後底面から保護
軸椎後頭関節を形成して頸椎(背骨)とつながり、脊髄神経を通す
前頭骨 脳頭蓋前部 頭頂から額(おでこ)を作るように眼窩および鼻部上部までを覆う台形の骨 脳を前面から保護
目と鼻の上縁を作る
頭頂骨 脳頭蓋頂部 頭頂部をヘルメットのように覆う四角形で左右対象に2つある 脳を頭頂部から保護
側頭骨 脳頭蓋側部 台形で左右対象に2つある 脳を側下面から保護
篩骨 頭蓋内部(前頭蓋窩正中部) 鼻腔、脳頭蓋、眼窩を隔てる内部眉間の奥の方)にある方形の骨で外側からは見えない 眼窩の内側壁、鼻腔、頭蓋腔を作る
蝶形骨 後頭骨底部前方から鼻腔に達する 1つの体と3対の突起(大翼、小翼、翼状突起)からなり蝶のように見える 頭蓋の中心となり9種の頭蓋と結合

【蝶形骨】

【蝶形骨】15種類23個の頭蓋骨がパズルのようにぴったりと組み合わさったような構造の頭蓋全体の中心となっている頭蓋骨です。

頭蓋骨の構造や機能を理解する上で中心にある【蝶形骨】から整理すると全身構造とのつながりも見えてきて、より包括的に身体を見て評価できます。

主に注目したいポイントをまとめました。

  • 頭蓋の中心を構成して複数の骨と連結
  • 段ボール紙ほどの柔軟性がある
  • 頭の中心から口を開閉するときの支点であり、咀嚼筋(外側翼突筋と内側翼突筋)の起始部
  • 脳神経の大半が蝶形骨の孔や蝶形骨と接する骨間を通過
  • 蝶形骨直上のトルコ鞍には脳下垂体【ホルモン分泌器官:成長ホルモン,甲状腺刺激ホルモン,副腎皮質刺激ホルモン,性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン・黄体形成ホルモン),プロラクチン(催乳ホルモン),抗利尿ホルモン,オキシトシン(射乳ホルモン)】
  • 筋膜を通じて骨格筋の中心である横隔膜や心膜とのつながりがある(心拍や呼吸と関連:自律神経)

つまり、何らかの原因で蝶形骨の歪みや左右差が生じると、自律神経(呼吸や心拍)のバランスの乱れや不調、ホルモンバランスの乱れや不調、口の開閉のトラブル(顎関節症)、視力の極端な左右差などにつながる可能性もあるということです。

もちろん中心にある蝶形骨の歪みや左右差があれば、他の頭蓋骨へも影響しています。

顔の骨の歪みは、単純に見た目だけの問題ではなく、全身の健康にも影響しかねません。

【顔面頭蓋】9種15個の頭蓋骨顔面部分

続いて、【頭蓋】のうち、いわゆる「顔(顔面)」部分を構成する【顔面頭蓋】に分類される頭蓋骨を整理します。

目、鼻、頬、口のパーツとなる骨です。

【顔面頭蓋】に分類される頭蓋骨はは9種15個あります。

表情筋や顎運動(咀嚼筋)の付着部としても正しい位置の把握が重要です。

頭蓋骨名称 位置 特徴 役割
鋤骨 口蓋最前部 側面観は滑らかな平板状(上鼻甲介と中鼻甲介を含む) 篩骨と鼻中隔後下部を形成し、鼻腔構造を支持
下鼻甲介 鼻腔の外側壁から内側 上鼻甲介・中鼻甲介・下鼻甲介の3つが上下に並んでいる 鼻腔粘膜の表面積を大きくする
涙骨 眼窩側壁前端部 不正長方形の薄い骨で左右一対 目頭のあたりの骨で涙嚢窩後半部と鼻涙管骨壁の一部を形成
鼻骨 眉間直下 左右1対 鼻腔を上前方から覆う
頬骨 顔面の左右頬部分 左右対称に1対の骨 左右の頬部分を構成
上顎骨 鼻側面と眼窩下から口上縁部まで 顔面中心大部分を作る左右対称に1対の骨 顔面中心上部を構成
顎関節を構成して咀嚼運動に関与
口蓋骨 顔面の中心部で上顎骨の後方 左右対称に2つ 口蓋(口内上側)を構成
下顎骨 上顎骨と対になるいわゆる顎部分 頭蓋顔面骨最大の骨で関節運動で大きく動く 顎関節を構成して咀嚼運動に関与
舌骨 下顎と咽頭の間 蹄鉄型で他の骨と関節(つながり)がなく首の筋肉で支持 舌運動(咀嚼や嚥下)に関与する

【軟骨と歯】頭蓋骨構造をサポートする組織

Coming soon

頭蓋骨名称 位置 特徴 関連組織
軟骨 大鼻翼軟骨(左右)
小鼻翼軟骨(左右)
耳介軟骨(左右)
横鼻軟骨(左右)
鼻中隔
上あごの歯
下あごの歯

 

【頭蓋】に付着する筋肉と構造

表情筋や咀嚼(顎や舌)の筋肉などを一覧にまとめています。

合わせてチェック!
表情筋(顔の筋肉)を一覧にまとめました。
顔の印象を決めたり表情を作る表情筋(顔の筋肉)は20種類以上あります。表情筋解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術をしなくても、老け顔を予防したり、二重顎を解消したり、笑顔が魅力的なスッキリとした小顔もデザインできます。
ページが見つかりませんでした。 | わたしが私のお医者さん【2021年大幅アップデート改修中】
【自分が好きになる】 + 【健康で人生を楽しめる】正しい医学知識(イラスト図解でわかりやすい!)⇦オリジナルイラストは今一生懸命作っているからもう少し待ってね!

 

タイトルとURLをコピーしました