頭蓋骨(頭と顔の骨)〜骨の名前と構造【3D動画でわかりやすい骨解剖学】

3D骨解剖学
スポンサー

頭と顔を構成する頭蓋骨について3D動画を使ってわかりやすく解説しています。

頭蓋骨の役割

人間の活動すべての司令塔である脳や、視覚、臭覚、聴覚、味覚、触覚(五感)の情報収集器官(目、鼻、耳、舌など)が集まる空間を作り、保護する。

頭蓋骨 立体的に理解する3D動画

頭蓋骨を構成する骨一覧

脳を収める脳頭蓋と顔面を構成する顔面頭蓋に分けてそれぞれを構成する骨を整理しています。

《脳頭蓋》6種8個

脳頭蓋は、ヘルメットのように脳を上から包むように保護している頭蓋冠と、脳の底を支えている頭蓋底に分けられ、6種類8個の骨で構成されています。

また、内部に脳を入れる腔を頭蓋腔と呼びます。

  • ① 頭頂骨(左右)
  • ② 側頭骨(左右)
  • ③ 前頭骨
  • ④ 後頭骨
  • ⑤ 蝶形骨
  • ⑥ 篩骨

  • 《顔面頭蓋》9種15個

    顔面を構成する骨は9種15個あります。

  • ① 涙骨(左右)
  • ② 頬骨(左右)
  • ③ 舌骨
  • ④ 下顎骨
  • ⑤ 上顎骨(左右)
  • ⑥ 鼻骨(左右)
  • ⑦ 下鼻甲介(左右)
  • ⑧ 口蓋骨(左右)
  • ⑨ 鋤骨
  • 《軟骨と歯》

  • ① 大鼻翼軟骨(左右)
  • ② 小鼻翼軟骨(左右)
  • ③ 耳介軟骨(左右)
  • ④ 横鼻軟骨(左右)
  • ⑤ 鼻中隔
  • ⑥ 上あごの歯
  • ⑦ 下あごの歯
  • など

    タイトルとURLをコピーしました