【橈骨と尺骨】前腕の骨〜イラスト図解でわかりやすい骨解剖学

骨(ほね)解剖学
この記事は約4分で読めます。

【橈骨と尺骨】は前腕(肘から手首まで)】部分の骨で、近位端は上腕骨と肘関節、遠位端は手根骨を手関節を作っている骨です。

上肢の中間にある二本の骨の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

【橈骨と尺骨】前腕の骨とは?

手首から肘までの範囲を前腕と呼びますが、前腕は以下の2つの骨が軸となっています。

  • 橈骨:前腕親指側(外側)の骨
  • 尺骨:前腕の小指側(内側)

【橈骨】解剖学構造

【橈骨】は前腕にある二つの骨のうち、外側(親指側)にある上端、体、下端の3つに区分けできる長管骨です。

  • 上端:上腕骨および尺骨と関節を構成
  • 体:外側へのたわみが特徴の細長い部分
  • 下端:尺骨および手根骨と関節を構成

【橈骨上端】解剖学構造

【橈骨近位端】とも呼ばれる【橈骨上端】は遠位端に比べて細く薄くなっています。

  • 橈骨頭:近位端上部で上腕骨小頭と球関節を構成する円盤状の浅い凹み
  • 関節環状面:橈骨頭の側面で、橈骨切痕と上橈尺関節を構成

【橈骨体】解剖学構造

【橈骨体】は外側に軽く湾曲した構造になっていて、橈骨の「橈」はたわむという意味があります。

橈骨は前腕が回内外するときに動く骨ですが、体が外側にたわんでいることで、尺骨と衝突することなく回旋運動ができます。(橈骨体が真っ直ぐだと前腕回内外角度はもっと制限されてしまう。)

  • 橈骨粗面:上端近くの内側隆起部で上腕二頭筋が停止する
  • 骨間縁:内側縁のこと(尺骨骨間縁と面する)

【橈骨下端】解剖学構造

【橈骨縁位端】とも呼ばれる【橈骨下端】は近位端に比べて外側に大きく広がり肥厚しています。

手根骨(舟状骨・月状骨・三角骨)および尺骨下端部と関節面を作ります。

  • 茎状突起:下端外側で下に飛び出した突起部で、腕橈骨筋が停止
  • 尺骨切痕:下端内側の小さな凹みで、尺骨尺骨頭と下橈尺関節を構成

【尺骨】解剖学構造

【尺骨】は、前腕にある二つの骨のうち、内側(小指側)にある上端、体、下端の3つに区分けできる長管骨です。

橈骨とは逆に近位端が太く、遠位端が細い構造になっています。

  • 上端:上腕骨および橈骨と関節を構成
  • 体:外側縁は尖った三角柱のような形状
  • 下端:橈骨および手根骨と関節を構成

【尺骨上端】解剖学構造

【尺骨近位端】とも呼ばれる【尺骨上端】は、上腕骨と凸凹構造でしっかりと嵌まり込む蝶番関節を構成します。

  • 肘頭:尺骨上端後上方にある突出部で触診しやす
  • 滑車切痕:尺骨上端にある切れ込みで上腕骨滑車と接し腕尺関節を構成
  • 鉤状突起:肘関節屈曲時に上腕骨鉤突窩に嵌まり込む突起
  • 尺骨粗面:鉤状突起下方で上腕筋停止部
  • 橈骨切痕:鉤状突起外側にある凹で、橈骨の関節環状面と上橈尺関節を構成
  • 外転筋稜:橈骨切痕後下方から下へ向かう稜線で、回外筋の起始部

【尺骨体】解剖学構造

【尺骨体】は、外側縁が尖った三角柱のような形状をしています。

  • 骨間縁:外側縁のこと(橈骨骨間縁と面する)

【尺骨下端】解剖学構造

【尺骨遠位端】とも呼ばれる【尺骨下端】は尺骨頭と呼ばれ、触診が容易な部位です。

  • 茎状突起:尺骨下端のさらに下方へ突出している部位
  • 関節環状面:尺骨頭前外側の関節面で、橈骨下端の尺骨切痕と下橈尺関節を構成

【橈骨と尺骨】による関節

前腕の二本の骨は、遠位端および近位端で違いに接する関節面を作っています。

更に、近位端では上腕骨と一緒に「肘関節」、遠位端では手根骨と「手関節」を構成します。

  • 肘関節:上腕骨およに橈骨・尺骨で構成される関節
  • 手関節:橈骨・尺骨および手根骨で構成される関節
  • 橈尺関節:橈骨と尺骨による関節
合わせてチェック!
【肘関節】可動域と運動方向【イラスト図解でわかりやすい運動解剖学】
【肘関節】は、大きく力強い運動をする肩関節と細かい作業を行う手関節の間にある上肢関節のひとつです。 【肘関節】の正常な運動方向や役割についてイラスト図解を用いてわかりやすく整理しました。 【肘関節】とは?どこにあるどんな関節 【肘関節】は力こぶを作ったり、物を持ち上げる時に曲げる関節です。 大きく力強い肩の動きと細かい作業を行う手や指の間にある上肢(腕)関節のひとつです。 【肘関節】役割 私たちは、肩関節を使って大きくダイナミックな動きをす...

【橈骨と尺骨】に付着する筋肉

前腕に筋腹や起始停止を持つ筋肉はこちら

合わせてチェック!
上腕(二の腕)の筋肉を一覧にまとめました。
「力こぶが欲しい」「逆三角形ボディに映えるように腕を太くしたい」「二の腕のたるみを引き締めたい」「腕痩せしたい」「腕の力をつけたい」「運動パフォーマンスを高めたい」など目的によって鍛える筋肉や鍛え方が異なります。上腕の筋肉の解剖学構造(起始停止、作用)を理解して、効果的なトレーニングや筋トレを実践しましょう。
前腕の筋肉を一覧にまとめました。
肘、手首、指の繊細で複雑な運動に作用して、腕の太さにも関与する前腕の筋肉は種類も多いので、ひとつひとつの解剖学構造(起始停止や作用)を理解することで、手首や肘の痛みやトラブルや怪我を予防して運動パフォーマンスを高められます。
手と手指の筋肉(手内筋)を一覧にまとめました。
手根骨(手の骨)や手指の骨に付着する手内筋は、手や指の膨らみを作りつつ巧緻動作に作用する小さな筋肉群です。人体の中で一番小さく細かい運動をする手指や手内の関節運動を司る手内筋の起始停止・作用などをイラスト図を使ってわかりやすく解説しています。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました