【上腕筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

上腕(二の腕)の筋肉
この記事は約4分で読めます。

【上腕筋肉】とは、上腕(肩と肘の間)に筋腹を持ち、肘関節や肩関節の保護や運動に作用する筋肉群です。

【上腕筋肉】を一覧にし、それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページで確認できるようにまとめました。

【上腕筋肉】とは?筋肉の名前と分類(役割)

【上腕筋肉】とは、肩と肘の間に主要な筋腹がある筋肉で、5つの筋肉が含まれ、屈筋群(前面)と伸筋群(後面)の2つに分類できます。

分類 作用 神経 筋肉名
上腕前面 肘関節屈曲 筋皮神経 上腕二頭筋 biceps brachii
烏口腕筋 coracobrachialis
上腕筋 brachialis
上腕後面 肘関節伸展 橈骨神経 上腕三頭筋 triceps brachii
肘筋 anconeus

腕の前面にあり、主に肘関節屈曲に作用する屈筋群には、「上腕二頭筋」「烏口腕筋」「上腕筋」が含まれ、後面にあり、主に肘関節伸展に作用する伸筋群には「上腕三頭筋」が含まれます。

「肘筋」は肘関節から前腕に筋腹を持ちますが、「上腕三頭筋」作用と連携しているため、同じ筋群に含めています。

上腕屈筋群は主に筋皮神経支配、上腕伸筋群は橈骨神経支配です。

【上腕筋肉】屈筋群

【上腕筋肉】屈筋群には、「上腕二頭筋」「烏口腕筋」「上腕筋」が含まれます。

上腕前面にある筋肉群は主に肘関節の屈曲に作用しますが、肩関節の内転、前方屈曲、前腕回外にも関与します。

【上腕二頭筋】

【上腕二頭筋】は腕の筋肉の中でも一番有名な、いわゆる「力こぶ」の筋肉です。

上腕前部表層を占める大きく分厚い筋肉で、2頭で起始しているため、【上腕二頭筋】と呼ばれます。

【上腕二頭筋】は肩関節と肘関節をまたぐ構造のため、腕の様々な運動に作用し、特に前腕の屈曲と回外に強く働きます。

拮抗筋である「上腕三頭筋」とのバランスを考えながら、目的に応じて負荷や体位を調整して、効果的なトレーニングやコンディショニングをして、理想のボディを目指しましょう。

 

詳しくはこちら!
【上腕二頭筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【上腕二頭筋】は、肘を曲げて、手を顔や頭に近づけたり物を持ち上げたりする人間として生きていくために欠かせない活動をはじめ、大きく厚い筋肉なので腕の見た目(ボディビルディングやボディメイク)やスポーツパフォーマンスにも大きく影響します。 【上腕二頭筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【上腕二頭筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【上腕二頭筋】は腕の筋肉の中でも一番有名な、いわゆる「力こぶ」の筋肉です。 上腕前部表層を...

【烏口腕筋】

【烏口腕筋】は、肩甲骨から上腕前面に向かって走行する細長い筋肉で、肩関節の安定と運動に作用しています。

特に腕の外転に強力に作用する「三角筋」の拮抗筋として働き、肩関節の安定に貢献しています。

 

詳しくはこちら!
【烏口腕筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【烏口腕筋】は、肩甲骨から上腕前面に向かって走行する細長い筋肉で、肩関節の安定と運動に作用しています。 【烏口腕筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【烏口腕筋】とはどこにあるどんな筋肉? 【烏口腕筋】は腕の前面に細長い筋腹を持つ筋肉で、肩甲骨の烏口突起から起始して上腕骨に停止していることから名前がついています。 名称:烏口腕筋 ふりがな:うこうわんきん 英語名:Coracobrachia...

【上腕筋】

【上腕筋】は、力こぶの筋肉として有名な「上腕二頭筋」の深層にある前腕前部の筋肉です。

上腕骨から起始して尺骨に停止する【上腕筋】は前腕の位置にかかわらず一定のパフォーマンスを発揮する純粋な肘屈筋です。

「上腕二頭筋」が付着している橈骨は回内外で動きますが、【上腕筋】が停止する尺骨はほとんど動かないため、前腕回内時に作用が低下する「上腕二頭筋」とは異なり、前腕の位置に影響を受けません。

 

詳しくはこちら!
【上腕筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【上腕筋】は、力こぶの筋肉として有名な「上腕二頭筋」以上に肘屈曲に強力かつ常時作用する前腕前部の筋肉です。 【上腕筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【上腕筋】とは?どこにあるどんな筋肉 【上腕筋】は、力こぶの筋肉として有名な「上腕二頭筋」の深層にある前腕前部の筋肉です。 名称:上腕筋 ふりがな:じょうわんきん 英語名:Brachialis 上腕骨から起始して尺骨に停止する【上...

【上腕筋肉】伸筋群

【上腕筋肉】伸筋群には、「上腕三頭筋」と「肘筋」が含まれます。

上腕後面にある筋肉群は主に肘関節の伸展に作用しますが、肩関節伸展や内転にも関与します。

【上腕三頭筋】

【上腕三頭筋】は、上腕後面(いわゆる二の腕:力こぶの反対側)に分類される唯一の筋肉で、上腕後面全域に大きな筋腹を構成しています。

【上腕三頭筋】は三頭で起始するため、三頭筋という名前が付けられています。

腕を太くしたい場合やたるんだ腕を引き締めたい(腕痩せしたい)場合には、「上腕二頭筋」よりも大きな筋肉で日常生活ではあまり使われない【上腕三頭筋】をターゲットにした方が効果が見えやすいので、解剖学構造を正しく理解した筋トレで効果的にボディメイクしましょう!

 

詳しくはこちら!
【上腕三頭筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【上腕三頭筋】は腕の裏側(二の腕)にある唯一の筋肉で、面積も大きいので、柔軟性や筋力が低下すると腕のたるみだけでなく前側の筋肉に引っ張られ猫背や肩こりなどの原因にもなりがちです。 【上腕三頭筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明していますので、正しい知識で効果的に腕の引き締めやボディメイクをしましょう。 【上腕三頭筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【上腕三頭筋】は、上腕後面(いわゆる二の腕:力こぶの反対側)に分類される唯一の筋肉で、上...

【肘筋】

【肘筋】は上腕骨遠位端から尺骨近位端へ肘関節後面を覆うように走行する三角形の筋肉です。

【肘筋】は、位置的に「腕橈骨筋」「長橈側手根伸筋」「短橈側手根伸筋」「総指伸筋」「小指伸筋」「尺側手根伸筋」と共に前腕後面(伸筋群)表層に分類されますが、機能的には上腕後面(伸筋群)「上腕三頭筋」と共に肘の伸展に作用し、また筋繊維も(一部または全部)「上腕三頭筋」と結合しているため「上腕三頭筋」の一部とみなされる場合があります。

【肘筋】は、腕尺関節関節包および尺骨に働きかけ、肘関節を守りつつ肘の伸展を促進するサポーターのような役割をしています。

 

詳しくはこちら!
【肘筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【肘筋】は肘関節を伸展させる働き(上腕三頭筋の補助)に加えて、運動時に関節包が関節に引き込まれないように緊張させる肘関節サポーターとしての重要な役割があります。 【肘筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。 【肘筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【肘筋】は上腕骨遠位端から尺骨近位端へ肘関節後面を覆うように走行する三角形の筋肉です。 腕尺関節関節包および尺骨に働きかけ、肘関節を守りつつ肘の伸展を促進するサポーターの...
タイトルとURLをコピーしました