【上腕筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【上腕筋】は、力こぶの筋肉として有名な「上腕二頭筋」以上に肘屈曲に強力かつ常時作用する前腕前部の筋肉です。

【上腕筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【上腕筋】とは?どこにあるどんな筋肉

【上腕筋】は、力こぶの筋肉として有名な「上腕二頭筋」の深層にある前腕前部の筋肉です。

  • 名称:上腕筋
  • ふりがな:じょうわんきん
  • 英語名:Brachialis

上腕骨から起始して尺骨に停止する【上腕筋】は前腕の位置にかかわらず一定のパフォーマンスを発揮する純粋な肘屈筋です。

「上腕二頭筋」が付着している橈骨は回内外で動きますが、【上腕筋】停止する尺骨はほとんど動かないため、前腕回内時に作用が低下する「上腕二頭筋」とは異なり、前腕の位置に影響を受けません。

【上腕筋】起始停止

【上腕筋】は「三角筋」停止部のすぐ下あたりから起始して、前腕遠位部に広い筋腹を作り、尺骨に停止します。

起始 停止
上腕筋 上腕骨前面の遠位半分・筋間中隔 尺骨鈎状突起・尺骨粗面

【上腕筋】は、上腕骨前面の遠位半分と上腕両側の筋間中隔から起始し、幅広い筋腹を作りながら下降して強力な腱に移行し、深指屈筋間を通過して尺骨鈎状突起前面の窪み部分と尺骨粗面に停止します。

幅広い【上腕筋】繊維の一部は、「上腕二頭筋」「烏口腕筋」や「円回内筋」と融合していることもあります。

また、「上腕二頭筋」腱や橈骨に付着する繊維が出ている場合もあります。

【上腕筋】作用

【上腕筋】は純粋な肘屈曲筋で、前腕の位置に関わらず肘関節屈曲に強力に作用します。

関節 作用
上腕筋 肘関節 屈曲

肘の屈曲筋としては橈骨に付着している「上腕二頭筋」が有名ですが、【上腕筋】が停止する尺骨はほとんど動かないため、前腕回内時に作用が低下する「上腕二頭筋」とは異なり、前腕の位置に影響を受けずに安定した肘屈曲力を発揮できます。

また、肘屈曲を保持しているときは常に収縮していてその位置を保ったり、肘関節伸展時に遠心性収縮することで、ゆっくりと慎重な作用を行う時に急激な肘伸展を抑制するためにもよく働きます。

【上腕筋】神経支配

【上腕筋】は、皮神経(C5、C6)支配ですが、外側の一部は橈骨神経(C7)支配です。

【上腕筋】触診

【上腕筋】は、上腕血管、筋皮神経、正中神経共に「上腕二頭筋」筋腹の深層、かつ上腕骨および肘関節包の前方にあります。

【上腕筋】内側は、内側筋間中隔と円回内筋によって上腕三頭筋と尺骨神経から分離されていて、【上腕筋】外側は、橈骨神経、腕橈骨筋、長橈側手伸筋と接しています。

【上腕筋】ストレッチと筋トレ

【上腕筋】は、「上腕二頭筋」同様に肥大させやすい筋肉なので、「上腕二頭筋」との解剖学構造の違いを意識した効果的な筋トレで理想的な上腕のラインをデザインしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事