肘筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

前腕の筋肉
この記事は約1分で読めます。
スポンサー

【肘筋】は肘関節を伸展させる働き(上腕三頭筋の補助)に加えて、運動時に関節包が関節に引き込まれないように緊張させる肘関節サポーターとしての重要な役割があります。

【肘筋】の解剖学的構造について3D動画を用いてわかりやすく解説しています。

肘筋の概要

  • 名称:肘筋
  • ふりがな:ちゅうきん
  • 英語名:Anconeus
  • 肘の裏側を包むように存在する小さな筋肉で、肘関節保護が主な役割。

    肘筋の起始・停止

  • 起始:外側上顆後面
  • 停止:尺骨肘頭の外側面
  • 肘筋の作用


    解剖学的表現

  • 肘関節の伸展(上腕三頭筋の補助)
  • 肘関節関節包を緊張させる(関節保護)

  • 日常でのイメージ

  • 肘関節の保護(サポーター)
  • 肘筋の神経支配

  • 橈骨神経(C6〜C8)
  • 肘筋の働きを3D動画で確認

    肘筋を触診

    肘関節の屈伸で収縮を確認できます。

    肘筋のストレッチと筋トレ


    肘筋ストレッチ

  • 肘筋の走行を意識してストレッチ(肘屈曲)します。
    深呼吸をしながら無理のない範囲で行いましょう。

  • 肘筋筋トレ

  • 肘筋の走行を意識し収縮(肘伸展)させます。
    体位や負荷は個別に調整してください。
  • タイトルとURLをコピーしました