【長母指外転筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【長母指外転筋】は、親指の独立した伸展および外転運動に作用し、物を掴む・離すなど手の機能を高めるために重要な筋肉です。

【長母指外転筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

【長母指外転筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【長母指外転筋】は、「回外筋」「長母指外転筋」「短母指伸筋」「示指伸筋」と共に前腕後面深層筋群に分類される筋肉です。

その中でも【長母指外転筋】「短母指伸筋」「長母指伸筋」の3つは母指(親指)に特化して作用する筋肉です。

  • 名称:長母指外転筋
  • ふりがな:ちょうぼしがいてんきん
  • 英語名:Abductor Pollicis Longus

【長母指外転筋】の主な作用は、第一手根中手関節における母指外転と伸展です。

また、「短母指伸筋」「短母指伸筋」など母指伸筋群と相乗的に作用して母指の第1中手指節関節での伸展や、他の前腕後面筋群と相乗的に作用して橈骨手根関節における手首の運動(伸展・橈屈)にも作用します。

【長母指外転筋】起始停止

【長母指外転筋】は、「肘筋」停止部のすぐ下あたりの前腕後面から起始して下外側に走行し、第1中手骨底に停止します。

起始 停止
長母指外転筋 尺骨・橈骨近位1/2後面・骨間膜 第1中手骨底・(大菱形骨)

【長母指外転筋】は、尺骨、橈骨近位1/2後面および介在する骨間膜から起始し、下外側に向かって下降します。

手首に入る直前あたりで細い腱に移行し、橈骨遠位端外側面の溝を通過して「短母指伸筋」腱と結合し、伸筋支帯の下を通過して手背に入ります。

手背に入った腱は更に2つに分岐し、第1中手骨底と大菱形骨に停止します。

一部の繊維は、「母指対立筋」「短母指外転筋」「母指球筋腱膜」などの手内構造に停止する場合もあります。

【長母指外転筋】作用

【長母指外転筋】の主な作用は、第1手根中手関節の伸展および外転です。

関節 作用
長母指外転筋 第1手根中手関節 外転・伸展

単独または「短母指伸筋」と一緒に作用して、第1手根中手関節の伸展と外転を起こし、母指を掌から離す動作に作用します。

また、「短母指伸筋」「短母指伸筋」など母指伸筋群と相乗的に作用して母指の第1中手指節関節での伸展にも関与しますし、他の前腕後面筋群と相乗的に作用して、橈骨手根関節における手首の運動(伸展・橈屈)にも作用します。

【長母指外転筋】神経支配

【長母指外転筋】は、橈骨神経の枝である後骨間神経(C7-C8)支配です。

【長母指外転筋】触診

【長母指外転筋】は、「総指伸筋」深層で、「長母指伸筋」外側にあり、腱は「短母指伸筋」腱外側に位置しています。

筋腹は前腕遠位1/2にありますが、前腕遠位1/3あたりからより表層の筋肉が腱に移行するため、触診しやすくなります。

また、【長母指外転筋】腱は、母指を伸展+外転したときに母指下、橈骨の茎状突起の遠位および後方にできる三角形の凹み:「解剖学的嗅ぎタバコ窩」の外側縁を「短母指伸筋」腱と共に形成しています。

「解剖学的嗅ぎタバコ窩」内側縁は「長母指伸筋」、底面は舟状骨と大菱形骨で構成されていて、橈骨神経、橈骨動脈および橈側皮静脈が通過します。

後骨間神経と動脈は、【長母指外転筋】と「総指伸筋」の間で【長母指外転筋】の表面を通過します。

【長母指外転筋】ストレッチと筋トレ

【長母指外転筋】は、前腕筋群および手内筋全体の構造を把握することで効果的にコンディショニングができます。

前腕を太くするボディメイクトレーニング、手首や指を使うスポーツや動作のパフォーマンス向上や疲労時のメンテナンスなど目的に合わせて調整しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事