長母指外転筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

前腕
スポンサー

【長母指外転筋】は、前腕に筋腹を持ち、母指の外転と手関節の撓屈に作用する筋肉です。

親指の独立した外転運動に作用し、物を掴む・離すなど手の機能を高めるために重要な筋肉です。

長母指外転筋の概要

  • 名称:長母指外転筋
  • ふりがな:ちょうぼしがいてんきん
  • 英語名:Abductor Pollicis Longus
  • 母指の外転と手関節の撓屈に作用する筋肉。

    長母指外転筋の起始・停止

  • 起始:尺骨の骨間縁・前腕骨間膜・橈骨後面
  • 停止:第1中手骨底
  • 長母指外転筋の作用


    解剖学的表現

  • 母指外転
  • 手関節撓屈補助

  • 日常でのイメージ

  • 親指を開く時に活躍する筋肉
  • 長母指外転筋の神経支配

  • 橈骨神経(C6~C8)
  • 長母指外転筋の働きを3D動画で確認

    長母指外転筋を触診

    母指を伸展+外転したときに母指下にできる三角形の凹み:「解剖学的嗅ぎタバコ窩」の橈側が短母指伸筋腱なので、並走している長母指外転筋腱から筋腹を辿ります。

    長母指外転筋のストレッチと筋トレ


    長母指外転筋ストレッチ

  • 長母指外転筋の走行を意識しストレッチ(母指内転+手首の尺屈)します。
    深呼吸をしながら無理のない範囲で行いましょう。

  • 長母指外転筋筋トレ

  • 長母指外転筋の走行を意識し収縮(母指外転+手首の橈屈)させます。
    体位や負荷は個別に調整してください。
  • タイトルとURLをコピーしました