【橈側手根屈筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【橈側手根屈筋】は最強の手首屈筋(掌屈筋)で、「腕や手首の繊細な調整」 + 「パワー」が重要なスポーツ(野球・ゴルフ・テニスなど)で重要な役割をしています。

【橈側手根屈筋】をを含む前腕前面表層筋群は、重い荷物を持つ時など日常生活でも酷使されがちなので、解剖学構造を理解し、効果的なセルフメンテナンスができるようにしておくと怪我や痺れなどの障害が予防できて安心です。

【橈側手根屈筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

【橈側手根屈筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【橈側手根屈筋】は、「円回内筋」「尺側手根屈筋」「長掌筋」「浅指屈筋」と共に上腕骨内側上顆から起始する前腕前面浅層の筋群に分類される筋肉です。

  • 名称:橈側手根屈筋
  • ふりがな:とうそくしゅこんくっきん
  • 英語名:Flexor Carpi Radialis

「円回内筋」以外の前腕前面浅層の筋群は共同して手首の屈曲(掌屈)に作用しますが、【橈側手根屈筋】はその中でも最強で、特に前腕回内位で強く作用します。

野球・ゴルフ・テニスなどスウィングするスポーツ、スーツケーツなど重い物の運搬などで過剰に負担がかかると起始部である内側上顆が炎症(内側上顆炎)を起こしますので、これらの前腕前面浅層筋肉群は一つの機能構造として理解したコンディショニングやメンテナンスが必要です。

【橈側手根屈筋】は手首の屈曲の他、手首外転(橈屈)にも作用します。

【橈側手根屈筋】起始停止

【橈側手根屈筋】は、上腕骨内側上顆から起始して斜めに走行して腱に移行し、手掌を経由して第2-3中手骨底に停止します。

起始 停止
橈側手根屈筋 上腕骨内側上顆 第2-3中手骨底

【橈側手根屈筋】は、上腕骨内側上顆から前腕前面筋群(表層筋群5筋+深指屈筋)共通の屈筋腱と筋膜(前腕筋膜および筋間中隔)を介して起始します。

その後、尺骨から橈骨へ斜めに走行する筋腹を構成し、前腕下1/3で腱に移行し、屈筋支帯の下で独自の滑膜鞘を経由して手掌へ向かいます。

手掌で舟状骨の掌側面と大菱形骨表面の溝を経由して、第2-3中手骨底掌側面に停止します。

【橈側手根屈筋】作用

【橈側手根屈筋】の主な作用は手首の屈曲(掌屈)で、前腕前面浅層の筋群の中でも最も強力です。

【橈側手根屈筋】が収縮すると手根を近位および橈側へ引く力が生じるため、掌屈(屈曲)および橈屈(外転)運動が生じます。

関節 作用
橈側手根屈筋 手関節(手首) 掌屈(屈曲)・橈屈(外転)

【橈側手根屈筋】と「長掌筋」が一緒に作用することで、橈骨側へ変位のない掌屈(屈曲)が生じます。

「長橈側手根伸筋」と「短橈側手根伸筋」と一緒に作用することで、掌屈や背屈を含まない橈屈(外転)作用が生じます。

また、前腕回内や指の過剰な伸展の抑制にもわずかながら貢献しています。

【橈側手根屈筋】神経支配

【橈側手根屈筋】は、正中神経(C6、C7)支配です。

【橈側手根屈筋】触診

【橈側手根屈筋】は、前腕前面表層(皮膚直下)にあり、「長掌筋」の外側、近位では「円回内」筋遠位では「腕橈骨筋」の内側に位置します。

【橈側手根屈筋】深層には「浅指屈筋」があり、手内では、腱が「母指内転筋」斜頭の深層にあります。

【橈側手根屈筋】では、「浅指屈筋」下を通過する前の正中神経を覆っています。

手首のすぐ上では、【橈側手根屈筋】腱と「腕橈骨筋」の間を橈骨動脈が通過しているため、脈拍測定のために触診される部位です。

【橈側手根屈筋】ストレッチと筋トレ

【橈側手根屈筋】は、前腕筋群全体の構造を把握することで効果的にコンディショニングができます。

前腕を太くするボディメイクトレーニングや手首を使うスポーツや動作のパフォーマンス向上や疲労時のメンテナンスなど目的に合わせて調整しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事