長橈側手根伸筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

日常生活でも大活躍する手首と指の伸筋【長橈側手根伸筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


解剖学的構造を理解して、テニス肘(使いすぎ症候群)を予防しよう。

長橈側手根伸筋の概要

  • 名称:長橈側手根伸筋
  • ふりがな:ちょうとうそくしゅこんしんきん
  • 英語名:Extensor Carpi Radialis Longus
  • テニスのバックハンドなどのように前腕回内位で手首を伸展するような運動で強く作用します。
    物を掴んだり持ち上げたりする時など日常でも多用される筋肉なので、使いすぎ症候群である【テニス肘】(長短橈側手根伸筋の挫傷や断裂などで肘の内側が痛む)の原因筋としてもよく知られています。
    解剖学的構造を理解して、効果的なストレッチや筋トレでセルフメンテナンスしましょう。


    並走する短橈側手根伸筋 と協力して作用。
    手首を伸展し+第2指(示指)のみ伸展するすると長橈側手根伸筋の収縮が区別しやすくなります。

    長橈側手根伸筋の起始・停止

  • 起始:上腕骨の外側縁(腕橈骨筋下方)・外側上顆・外側上腕筋間中隔
  • 停止:第2中手骨底背側
  • 長橈側手根伸筋の作用


    解剖学的表現

  • 手関節背屈・橈屈

  • 日常でのイメージ

  • 物を掴んだり持ち上げるなど日常動作でも多用
  • 長橈側手根伸筋の神経支配

  • 橈骨神経(C6~C7)
  • 長橈側手根伸筋の働きを3D動画で確認

    長橈側手根伸筋を触診

    手首+第2指伸展で収縮を確認できます。

    長橈側手根伸筋のストレッチと筋トレ


    長橈側手根伸筋ストレッチ

  • 長橈側手根伸筋の走行を意識しストレッチ(手関節掌屈/尺屈)します。
    深呼吸をしながら無理のない範囲で行いましょう。

  • 長橈側手根伸筋筋トレ

  • 長橈側手根伸筋の走行を意識し収縮(手関節背屈/橈屈)させます。
    体位や負荷は個別に調整してください。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事