【長橈側手根伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

前腕の筋肉
この記事は約3分で読めます。

【長橈側手根伸筋】は、手首伸展筋群のひとつとして、握力を出すために需要な役割をしている筋肉です。

また、テニスのバックハンドなどでもよく働く筋肉なので、日使いすぎ症候群(テニス肘などと呼ばれる)の原因にもなりやすい筋肉のひとつです。

【長橈側手根伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【長橈側手根伸筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【長橈側手根伸筋】は、「腕橈骨筋」「短橈側手根伸筋」「総指伸筋」「尺側手根伸筋」「小指伸筋」と共に前腕後面表層筋群に分類される筋肉です。

  • 名称:長橈側手根伸筋
  • ふりがな:ちょうとうそくしゅこんしんきん
  • 英語名:Extensor Carpi Radialis Longus

【長橈側手根伸筋】は、他の前腕後面筋群(手首伸筋群)と共に物を掴んだり持ち上げたりする時などに重要な役割をする筋肉です。

また、テニスのバックハンドなどのように前腕回内位で手首を伸展するような運動で強く作用し、使いすぎ症候群であるテニス肘(長橈側手根伸筋および短橈側手根伸筋の挫傷や断裂などで肘の内側が痛む)の原因筋としてもよく知られています。

【長橈側手根伸筋】解剖学的構造を理解して、効果的なストレッチや筋トレでセルフメンテナンスしましょう。

【長橈側手根伸筋】起始停止

【長橈側手根伸筋】は、上腕骨から起始して第2中手骨底に停止します。

起始 停止
長橈側手根伸筋 上腕骨外側上顆稜・外側筋間中隔 第2中手骨底背側

【長橈側手根伸筋】の大部分は上腕骨外側上顆稜遠位1/3と外側筋間中隔の前面から起始し、一部上腕骨外側顆からの共通伸筋腱からも起始します。

それぞれの筋繊維は単一の筋腹を構成して前腕を下降し、前腕中央部で平らな腱に移行し、「短橈側伸筋」腱と一緒に橈骨外側面に沿って「長母指外転筋」と「短母指伸筋」腱深層を走行します。

手首付近で、【長橈側手根伸筋】腱と「短橈側伸筋」腱は共通の滑膜鞘内で橈骨茎状突起の後ろを通過した後、伸筋支帯深層を通過して「長母指伸筋」と交差し、第2中手骨底背側に停止します。

稀に、第1および第3中手骨底背側にも分岐している場合があります。

【長橈側手根伸筋】作用

【長橈側手根伸筋】の主な作用は手首の伸展と橈屈で、物を掴む動作やテニスのバックハンドなど前腕回内で手首を伸展する時に最も強く作用します。

関節 作用
長橈側手根伸筋 手関節 背屈(伸展)・橈屈(外転)

【長橈側手根伸筋】が、「短橈側伸筋」および「尺側手根伸筋」と相乗的に作用する時は、手首の伸展運動が生じ、「橈側手根屈筋」と相乗的に作用する時は橈屈(外転)運動が生じます。

物を掴む時は、【長橈側手根伸筋】を含む前腕伸筋群の作用により手首の背屈が維持されることで、前腕屈筋群の手首の掌屈作用が抑制されて手指の屈曲力(握力)を最大限高めることができます。

また、肘関節を経由しているため、ごくわずかですが肘屈曲にも作用します。

【長橈側手根伸筋】神経支配

【長橈側手根伸筋】は、腕神経叢の枝である橈骨神経(C5-C8)支配です。

【長橈側手根伸筋】触診

【長橈側手根伸筋】は、前腕後面深層筋群と肘筋筋腹を覆っていて、外側には「上腕筋」があり「腕橈骨筋」に一部覆われています。

橈骨神経は、【長橈側手根伸筋】と「腕橈骨筋」(内側)と「上腕筋」(外側)の間で橈骨神経溝走行していますが、橈骨茎状突起の近位約10cmあたりで表層に出て「腕橈骨筋」と【長橈側手根伸筋】の間を走行します。

【長橈側手根伸筋】ストレッチと筋トレ

【長橈側手根伸筋】は、前腕筋群および手内筋全体の構造を把握することで効果的にコンディショニングができます。

前腕を太くするボディメイクトレーニング、手首や指を使うスポーツや動作のパフォーマンス向上や疲労時のメンテナンスなど目的に合わせて調整しましょう。

タイトルとURLをコピーしました