【腕橈骨筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【腕橈骨筋】は前腕後面表層筋群に分類される筋肉ですが、走行も機能もかなり特殊です。

主な作用は前腕回内位での肘屈曲で、腕相撲やコップを持ち上げる運動などで大活躍します。

【腕橈骨筋】 の解剖学構造についてイラストを使ってわかりやすく説明しています。

【腕橈骨筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【腕橈骨筋】は、「長橈側手根伸筋」「短橈側手根伸筋」「総指伸筋」「尺側手根伸筋」「小指伸筋」と共に前腕後面表層筋群に分類される筋肉です。

  • 名称:腕橈骨筋
  • ふりがな:わんとうこつきん
  • 英語名:Brachioradialis

前腕後面表層筋群に分類される筋肉のうち、上腕骨外側や外側上顆から始まる筋肉のほとんどが手首や指の伸展に関与します。

そのうち【腕橈骨筋】だけは解剖学的部位分類による法則には当てはまらず、独特な走行から前腕回内位では肘屈曲筋として強力に作用します。

肘関節の主要な屈曲筋としては「上腕二頭筋」は有名ですが、前腕中間位でビールジョッキを持つ時、ハンマーを使う時やボートを漕ぐ時など強い力が必要な時に【腕橈骨筋】が主となって働きます。

【腕橈骨筋】起始停止

【腕橈骨筋】は、上腕骨遠位端から橈骨遠位端に走行している筋肉です。

【腕橈骨筋】のようにある骨の遠位端から他の骨の遠位端をまたぐ走行をしている筋肉は全身探しても他にありません。

起始 停止
腕橈骨筋 上腕骨外側上顆稜・外側筋肉間中隔 橈骨茎状突起

【腕橈骨筋】は上腕骨外側上顆稜上部2/3および外側筋間中隔前面から起始し、肘関節外側面を経由して尺骨前外側へ走行します。

筋腹は橈骨に沿って下降し、前腕中央部で厚い腱に移行します。

腱は筋腹の流れを引き継いで前腕を下降して、手首付近で橈骨茎状突起のすぐ近位に停止します。

【腕橈骨筋】作用

【腕橈骨筋】は、「上腕二頭筋」および「上腕筋」と相乗的に作用する肘の屈曲筋で、特に前腕中間位(掌が地面に対して垂直)で強力に作用します。

関節 作用
腕橈骨筋 肘関節 屈曲(特に前腕中間位)
前腕 回内・回外(中間位に戻す)

【腕橈骨筋】「上腕二頭筋」「上腕筋」は、肘の屈曲に相乗的に作用しますが、それぞれ筋肉の走行(起始停止)が異なるので、前腕の位置に応じて肘屈曲の主動作筋が変わります。

【腕橈骨筋】は肘関節付近から手首のすぐ近位に向かって走行しているため肘を支点として前腕を屈曲する効率的な構造ですが、前腕中間位で起始停止が矢状面で揃うと筋繊維が直線状に並ぶため、筋出力を最大化します。

【腕橈骨筋】は前腕中間位で作用が最大化し、主要な肘屈曲筋となりますが、同じ原理で、「上腕二頭筋」は前腕回外位、「上腕筋」は前腕回内位で肘屈曲作用が最大化します。

前腕中間位(親指を上にむけた状態)での肘屈曲とは、コップやビアジョッキを持つ時、腕相撲のスタートポジションなどがよい例です。

前腕の位置に応じて【腕橈骨筋】「上腕二頭筋」「上腕筋」が相乗的に作用することで、物を受け取ったり、飲食したり、スポーツなどで様々なコントロールが可能になります。

また、【腕橈骨筋】は前腕を中間位に戻す作用があり、前腕回内時には回外に、前腕回外時には回内に補助的に作用します。

更に、金槌で釘を打つ時など、前腕中間位での反復動作時には、遠心性収縮により肘関節伸筋群の作用の制御にも貢献しています。

【腕橈骨筋】神経支配

【腕橈骨筋】は、腕神経叢に由来する橈骨神経(C5-C6)支配です。

【腕橈骨筋】は屈曲に作用するのに、伸筋群を支配する橈骨神経に支配されています。

【腕橈骨筋】触診

【腕橈骨筋】は前腕橈側面で最表層にある筋肉で、前腕中間位での肘関節屈曲で盛り上がる筋腹を簡単に触診できます。

【腕橈骨筋】は肘窩の外側壁を構成すると共に、前腕前部筋群と後部筋群の境になる筋肉でもあります。

【腕橈骨筋】近位部内側は「上腕筋」遠位部に覆われ、「上腕二頭筋」腱が橈骨粗面に向かう経路で【腕橈骨筋】深層を通過し、前腕中央部では「橈側手屈筋」外側にあります。

停止部直前で、【腕橈骨筋】腱は「長母指外転筋」と「短母指伸筋」の腱と交差しています。

【腕橈骨筋】と「上腕筋」の間を橈側反回動脈と上腕深動脈の間にある橈骨神経と動脈吻合が通過し、【腕橈骨筋】表層を橈側皮静脈と外側前腕皮神経が通過します。

手首のレベルでは、脈拍を測る時に触れる橈骨動脈の外側を【腕橈骨筋】腱が走行します。

橈骨神経の表在枝は【腕橈骨筋】深層で発生し、【腕橈骨筋】と「短橈側手根伸筋」を通過してから、伸筋支帯表層を通過して手内に入ります。

【腕橈骨筋】ストレッチと筋トレ

【腕橈骨筋】は、上腕および前腕構造を包括的に把握することで効果的にコンディショニングができます。

腕を太くするボディメイクトレーニング、手首や指を使うスポーツや動作のパフォーマンス向上や疲労時のメンテナンスなど目的に合わせて調整しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事