mydr123の記事一覧

mydr123記事一覧

  1. 健康維持を意識すればお金が簡単に貯まる!

    生活習慣とは時間とお金の使い方なので、人を病気にすることもできれば貧乏にすることもできます。

  2. 錯綜する情報に惑わされない!データの正しい読み方

    • 錯綜する情報に惑わされない!データの正しい読み方 はコメントを受け付けていません。

    様々な情報が錯綜している現代では、情報(データ)自体に嘘がなくても、データ(情報)の読み方・解釈・推測を誤ったり早まったりすれば、パニックに巻き込まれています。

  3. 【社会的時差ボケ】を解消!スッキリ目覚めて充実した1週間にする方法

    「週末にしっかり寝ているはずなのに疲れが抜けない」「いつも忙しい割りに仕事が捗らない」と感じているなら、1週間のスケジュールの組み立てに問題があり、【社会的時差ボケ】になっているかもしれません。

  4. 【腹式呼吸】と【胸式呼吸】の違いと効果比較

    【腹式呼吸】と【胸式呼吸】ってどっちがいいの?普段無意識に行っている呼吸を意識的に整えれば、体幹を整え、姿勢を整え、ケガ予防、疲労の軽減、精神安定、集中のコントロール効果が期待できます。

  5. 【なで肩】と【いかり肩】の違い〜肩型別肩こり解消法

    なで肩やいかり肩などの肩型によって肩こりの原因や解消方法は異なります。

  6. 不機嫌な高齢者が急増!【脳の老化と幸福感の関係】

    怒りっぽい高齢者やキレるお年寄りのニュースや体験談をよく聞くようになりましたが、高齢者は本当に若者よりも起こりっぽいのでしょうか?脳の仕組みや年齢による変化、社会の仕組みなどからその真相を紐解いていき、キレやすい高齢者への適切な接し...

  7. 【記憶の脳科学】と【記憶力を高める方法】〜人は忘れる生き物〜

    そもそも積極的に「忘れる」仕組みになっている脳を理解し、嫌なことや不要なことだけ忘れて、本当に必要なことだけを効率よく記憶する【記憶力を高める脳科学に基づく効果的な方法】を整理してまとめました。

  8. 先天異常と脳性麻痺【概要まとめ】

    • 先天異常と脳性麻痺【概要まとめ】 はコメントを受け付けていません。

    先天異常(出生前に要因あり)、出生前後の障害、および新生児(生後4週間以内)までの間に生じた障害についての概要と、疾患例として【ダウン症候群(21トリソミー)】【二分脊椎(脊柱管閉鎖不全症)】【分娩損傷】【脳性麻痺】の概要を整理してまと...

  9. 【病理学】とは?病気が発信する異常サインをキャッチしよう!

    • 【病理学】とは?病気が発信する異常サインをキャッチしよう! はコメントを受け付けていません。

    病理学は病気の原因や発生機序を明らかにしていく学問で、正常の身体の構造や仕組みを理解した上で病理学を学べば、病気のサインに早く気がつけるため、早期に適切な対処ができます。

  10. 筋肉の病気【ミオパチー】とは?【ニューロパチー】との違い

    • 筋肉の病気【ミオパチー】とは?【ニューロパチー】との違い はコメントを受け付けていません。

    【ミオパチー】は、筋肉自体に原因があって起こる骨格筋疾患の総称で、全身全て合わせれば人体最大の臓器になり、あらゆる活動(運動)に不可欠な筋肉がやせたり、力が弱くなっていく筋肉の病気です。

  11. プリオン病〜脳に異常蛋白が蓄積する致死性感染症

    • プリオン病〜脳に異常蛋白が蓄積する致死性感染症 はコメントを受け付けていません。

    プリオン病とは、大脳や小脳などの中枢神経系に異常なプリオン蛋白が蓄積して脳機能が障害され、脳組織の海綿(スポンジ)状変変性を特徴とする疾患群です。

  12. 【重症筋無力症】〜神経筋接合部が障害される自己免疫疾患

    • 【重症筋無力症】〜神経筋接合部が障害される自己免疫疾患 はコメントを受け付けていません。

    重症筋無力症は、神経と筋肉が接する場所(神経筋接合部)の障害により、神経から筋肉への指令が伝わりにくくなるため、筋肉に力が入らなくなったり疲れやすくなったりする病気です。

  13. AIDS(エイズ)後天性免疫不全症候群:HIV感染による免疫機能低下

    • AIDS(エイズ)後天性免疫不全症候群:HIV感染による免疫機能低下 はコメントを受け付けていません。

    ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が適切に治療されないことが原因で生じる、後天性免疫不全症候群(エイズ・AIDS)の【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。

  14. 多発性硬化症〜ミエリン障害(脱髄)

    • 多発性硬化症〜ミエリン障害(脱髄) はコメントを受け付けていません。

    多発性硬化症は、神経細胞の軸索を覆っている「ミエリン」が障害(脱髄)される疾患で、【難病】に指定されています。多発性硬化症の【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。

  15. 中枢神経(脳と脊髄)の炎症性・化膿性疾患まとめ

    • 中枢神経(脳と脊髄)の炎症性・化膿性疾患まとめ はコメントを受け付けていません。

    中枢神経(脳と脊髄)の炎症性・化膿性病変の【原因・症状】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。

  16. 【脳腫瘍】と【脊髄腫瘍】中枢神経と腫瘍

    • 【脳腫瘍】と【脊髄腫瘍】中枢神経と腫瘍 はコメントを受け付けていません。

    中枢神経(脳と脊髄)系に発生する腫瘍の【分類】【症状】【検査・診断・治療】について整理してまとめました。

  17. 頭蓋内構造と脳ヘルニア

    「脳ヘルニア」は、何らかの病変や原因により局所的に頭蓋内圧が亢進した結果、脳の一部がゆがんだり偏倚したりする状態(組織が正しい位置からはみ出した病態)で、中枢神経系の正常な構造に影響を与えるため、重篤な神経障害や意識障害をきたします。

  18. 意識の仕組みと意識障害の評価

    「意識」は私たちの意図的な活動の前提となる脳機能です。意識が正常な状態と意識障害の判別、意識の程度を客観的に状態を把握できる評価(指標)について整理してまとめました。

  19. 中枢神経(脳・脊髄)血流の仕組み

    人間のあらゆる活動の司令塔として24時間365日休まず働く脳と脊髄(中枢神経)は膨大なエネルギーを消費するため、常に安定した血流が必要です。

  20. 脳卒中とは?【脳血管障害の症状と原因部位】

    • 脳卒中とは?【脳血管障害の症状と原因部位】 はコメントを受け付けていません。

    『脳卒中』とは脳血管障害を総称した通称で、大きく【脳出血】と【脳梗塞】の2つに分類できます。脳血管障害の原因や症状の特徴について整理してまとめました。

  21. こころの病気(精神疾患)は脳の障害〜心と身体のつながりを意識して健康維持

    【病は気(心持ち)から】と昔から言われていますが、心と身体が密接に繋がっているということは現代医学でも説明ができます。

  22. コンタクトやレーシックに頼らない本当の視力回復法【視力の仕組みとよくある勘違い】

    モノは目で見ているのはありませんし、視力はメガネ・コンタクト・レーシックでは回復しません。【モノを見る仕組み(視力)】【視力低下の原因】【人生を豊かにする視力回復方法】について整理してまとめました。

  23. 脳脊髄液循環~脳を保護する仕組み~

    脳脊髄液は脳を保護する仕組みのひとつで、硬い頭蓋骨と柔らかい脳の隙間を埋めるように存在することで、脳自体に栄養を与えながら緩衝材の役割も果たしています。脳脊髄液の仕組みと循環障害(水頭症)について整理してまとめました。

  24. 排尿の仕組み〜排尿に関わる器官と神経〜

    排尿とは体内の老廃物を尿として体外に排出することで、排尿をコントロールしているのは脳を含めた神経系です。排尿の仕組みと排尿に関わる器官や神経の働き、排尿の神経経路の問題で起こる排尿障害(神経因性膀胱)について整理してまとめています。

  25. 反射の種類とみかた【命を守る迅速な神経回路の仕組み】

    「反射神経が良い」とか「反射的に逃げた」とか反射という言葉は日常生活でも使われますが、医療の現場では、膝蓋腱反射や対光反射など【反射を神経学的検査】としてみます。『反射』のメカニズムと種類を整理してまとめました。

  26. 世界一安い?日本の医療費や人件費の背景

    • 世界一安い?日本の医療費や人件費の背景 はコメントを受け付けていません。

    日本の医療費は世界一安く、医師や医療従事者の給料は今後も下がり続けます。日本の医療保険制度の問題点から、今後自分の身体と健康を守るために必要なものは何か、考えてみてください。

  27. 【疲れやすい人】と【疲れ知らずの人】の違い

    「疲れが抜けにくい」「無理がきかない」「いつも疲れてる」....疲れやすさや疲れ回復の遅さが原因で慢性的に疲れている人が増えています。年齢を重ねても元気で疲れ知らずの人もいれば、若くてもなんだかずっと疲れているような人もいます。

  28. 【酷暑と冷えすぎが同居する夏】を健康的に乗り切る方法

    • 【酷暑と冷えすぎが同居する夏】を健康的に乗り切る方法 はコメントを受け付けていません。

    地球温暖化で毎年深刻化している【熱中症】問題に加えて、【冷房病】という冷え問題もある過酷な夏。

  29. 将来スポーツ選手になるためにはできるだけ低年齢から始めた方がいい?

    オリンピックに出場したり、プロスポーツ選手になったり、将来活躍するスポーツ選手になるためには、とにかく小さい頃から本格的な練習を始めることが重要だと思っている人は多いかもしれません。

  30. 【アレルギー】のメカニズムと根本解消法

    現代病ともいわれ、近年急速に罹患者が急増している【アレルギー】医療系や飲食関係だけでなく、美容院などでもアレルギーの有無を確認されますし、食品にはアレルギーの可能性のある原材料はきちんと明記されています。

  31. 【身体を折り曲げると楽になる腹痛】と【ならない腹痛】の違い

    • 【身体を折り曲げると楽になる腹痛】と【ならない腹痛】の違い はコメントを受け付けていません。

    お腹が痛くなると【お腹を抱えて身体を折り曲げた姿勢】になりますよね。

  32. 【頭痛の特徴と原因】【現代人に最も多い頭痛と正しい解消法】

    • 【頭痛の特徴と原因】【現代人に最も多い頭痛と正しい解消法】 はコメントを受け付けていません。

    頭は身体の司令塔である「脳」が収まっている人体の中でも最も重要な場所のひとつ。そして、「頭痛」は、脳卒中(脳出血・脳梗塞)など重篤な病気のサインでもあるので、どうしても過剰に心配になってしまいますよね。

  33. スマホ時代の正しい眼精疲労・近視対策

    多くの現代人が悩んでいる眼精疲労や視力低下(近視・乱視)の本当の原因を理解して、効果的に改善・予防しませんか?正しく眼精疲労対策をすれば、老け顔・クマ・疲れ顔も解消して、生き生きとした毎日が送れます。

  34. バナナの皮ですべる理由でわかる【関節の仕組み】〜イグノーベル賞を受賞した研究!

    • バナナの皮ですべる理由でわかる【関節の仕組み】〜イグノーベル賞を受賞した研究! はコメントを受け付けていません。

    身近なものに例えるとことで医学はずっと身近な知識になります。

  35. お母さんのお腹の中で赤ちゃんができる過程から理解する人体の構造

    • お母さんのお腹の中で赤ちゃんができる過程から理解する人体の構造 はコメントを受け付けていません。

    私たちはみんなお母さんのお腹の中から生まれてきます。受精した卵子が人間の身体になるまでの過程を理解すると、健康管理に重要なものもよくわかります。受精から生まれるまでの過程私たちの命は精子と卵子が結合することろから始まります。

  36. 【レントゲン】【CT】【エコー】【MRI】画像診断比較(長所・短所)

    • 【レントゲン】【CT】【エコー】【MRI】画像診断比較(長所・短所) はコメントを受け付けていません。

    病気やケガの診断、腫瘍や病変の早期発見などに重要な役割を果たす画像診断の仕組みや特徴にを整理。

  37. 体温を上げるとほとんどの体調不良が改善する

    体温は、健康を示すバロメーターとしてとてもわかりやすい指標です。かつて細菌やウィルスへの対策が不十分だった時代には高熱=死であり「熱が高いこと」が恐れられていましたが、現代においてはむしろ「低体温」の方が問題になっています。

  38. 血圧の仕組み〜【健康寿命】を伸ばして2025年も元気な日本へ

    多くの高齢者が問題視する【高血圧】を改善するために必要なのは【降圧剤】ではありません。血圧の仕組みを正しく理解して【高血圧】を予防改善し、【健康寿命】を伸ばしましょう。

  39. 別腹だって楽しめる!食事を変えると人生が変わる(栄養学不要!)

    食事は健康・美容だけでなく人生にダイレクトに影響しますが、実態のない机上計算だけの栄養学に偏るのは危険です。医学的にもその存在が確認された別腹だって楽しめる、人生を豊かにする食事の考え方をまとめました。

  40. 摂食嚥下のメカニズム〜【食べる】5つの工程

    • 摂食嚥下のメカニズム〜【食べる】5つの工程 はコメントを受け付けていません。

    「食べる」ことは「生きる」こと。

  41. 【肉体年齢】を決める水分量の真実〜筋肉も骨もほとんどが水分!

    • 【肉体年齢】を決める水分量の真実〜筋肉も骨もほとんどが水分! はコメントを受け付けていません。

    肉体年齢を決める重要な視点のひとつとして体内の70%を占める水分に注目する必要があります。

  42. 年齢を重ねるほど早く過ぎ去ってしまう1年を充実させる方法

    アッという間に過ぎていく1年、そして年々その1年が短く感じる....と感じることはありませんか?1年はいつも同じ365日なのに、なぜ年齢を重ねると1年が速く過ぎ去るように感じるのでしょうか?日々を充実させて、毎年「良い1年だった」...

  43. 痛みには『温める』と『冷やす』どっちが効果的?

    『痛み』はとても辛くて不快なので、痛みを伴う症状に対してはできるだけ早く対処をしたいですよね。

  44. 筋肉痛の遅れは老化のサイン?〜筋肉痛発生と年齢時差のメカニズム

    久しぶりに運動をした時やダイエットやボディメイク目的で新しい筋トレやトレーニングメニューを導入した時、翌日すぐに筋肉痛を実感する場合と3日後くらいに筋肉痛になる場合があります。

  45. 達成できる目標設定の3つのポイント

    ダイエットや体質改善など目標を設定して取り組む人が多いと思いますが、達成できる人と達成できない人には目標設定の時点から差があります。少しでも理想に近づけるように、目標の設定の仕方から見直してみましょう。

  46. ため息は最高のリカバリーショット!

    ため息は酸素カプセルや水素吸入よりも効果的かつ無料のリカバリー&リラックス機能です。

  47. これからの時代に役立つ教育と正しい医学の学び方

    健康を維持するということは、『医学=自分の身体に対する問題解決能力を身につける』こと。効果的に結果を出す学び方は学校でも学習でも、健康維持するための医学の学び方でも同じです。

  48. 【足す】から【引く】へ発想を変えると代謝が上がり健康になる

    健康状態を改善しようと思った時、一生懸命何かを足そうとしていませんか?その努力が健康状態を悪化させている原因かもしれません。「やめる」「やらない」引き算の視点が、現代の健康維持、そしてダイエット効果を高める代謝アップに重要です。

  49. 予防接種してもインフルエンザにかかるのは何故?新型コロナなどウィルス性感染症から自分を守る方法

    • 予防接種してもインフルエンザにかかるのは何故?新型コロナなどウィルス性感染症から自分を守る方法 はコメントを受け付けていません。

    新型コロナウィルス(COVID-19)は、何故これほど世界的に広がり混乱を招いているのでしょうか?また、かかっても軽症で済む人と重症化してしまう人がいるのは何故なのしょうか?インフルエンザや風邪も新型コロナ同様にウィルス性の感染症で...

  50. 成功者に多く分泌されている神経伝達物質とは?3大神経伝達物質とメンタルの関係

    【成功者】といわれる社会的に大きな功績を残している人は、ある神経伝達物質の分泌量が非常に多いそうです。人体の活動は全て脳と神経によってコントロールされていますが、神経を伝って情報が伝達されるためには神経伝達物質が不可欠です。

  51. こころと身体の健康を支える【腸の働き】

    消化や排泄に関わる人体最長の臓器である腸と脳の働きはリンクして全身の健康に大きく影響することがわかってきているため、腸の働きや腸内環境への意識が高まっています。

  52. シナプスとは?人体の連絡網「神経」の構造

    • シナプスとは?人体の連絡網「神経」の構造 はコメントを受け付けていません。

    人体の司令塔である『脳』は神経の集合体で、人体はコントロールセンターである脳と各身体パーツを神経でつないでいるひとつの巨大なネットワークシステムのようなもの。

  53. 感覚の種類と感覚受容器まとめ〜感覚にまつわる雑学を添えて〜

    感覚の種類や受容器を一覧にまとめました。感覚とはヒトが外からの刺激を感じ取る機能のことで、外部からの情報はすべて感覚器官を通して脳に入ってきますので、感覚機能を研ぎ澄ませておくことは人生を豊かに生きるためにとても重要です。

  54. バランスを調整する身体機能【まとめ】

    • バランスを調整する身体機能【まとめ】 はコメントを受け付けていません。

    人体におけるバランスとは単純な平衡機能ではなく、運動を円滑に行うすべての調整機能を含みます。バランスに関与する器官と機能についてまとめました。

  55. 神経は太いほどパフォーマンスが高い【神経の種類・太さ・伝達速度まとめ】

    • 神経は太いほどパフォーマンスが高い【神経の種類・太さ・伝達速度まとめ】 はコメントを受け付けていません。

    同じことを他の人よりも効率よく確実に行える人を「パフォーマンス」の高い人と呼びますが、パフォーマンスの高い人の身体の中では一体何が起こっているのでしょうか?パフォーマンスの高さを神経の構造から紐解いてみます。

  56. 【筋トレは1番効果的な脳トレ】高齢者の交通事故問題も現代脳疲労も解決できる筋トレとは?

    脳トレと筋トレはまったく別のものだと思っていませんか?筋トレには様々なアプローチ方法がありますが、脳の機能や神経伝達を一緒に鍛える必要があるため【筋トレ=脳トレ】と考えたほうが合理的です。

  57. めまいはなぜ起こる?原因別対処法まとめ

    • めまいはなぜ起こる?原因別対処法まとめ はコメントを受け付けていません。

    めまいやフラフラ感は日常のちょっとした変化(寝不足や血糖値の低下など)でも起こり得る症状ですが、重篤な病気(脳血管障害など)の症状である場合もあります。

  58. 自宅でできる応用加圧トレーニング

    芸能人にも人気の加圧トレーニングは専用の設備や環境の整った場所でしかできないので、興味があっても体験できない人も多いと思います。

  59. 「すぐ役に立つ」からダメになる理由

    「役に立つ」という言葉はとても社会をダメにしていると思っています。ノーベル医学・生理学賞を受賞した東京工業大学の大隅良典栄誉教授の言葉の真意を考えると、教育のあり方や健康管理のあり方につながる理想が見えてきました。

  60. 裁判沙汰になる子供に100%共通する親のある行動とは…〜野村監督も実践していた結果を出す人の育て方

    「裁判沙汰になる子供に100%共通することがある」長年裁判所で、児童の裁判に関わっている方がとても興味深いをことをおっしゃっていました。100%、つまり全く例外がないということです。

  61. 夢を叶える強さ(不屈の精神)は健康な身体があってこそ!

    • 夢を叶える強さ(不屈の精神)は健康な身体があってこそ! はコメントを受け付けていません。

    インド独立の父:マハトマガンジーの言葉から心と身体の関係を医学的に考えてみました。

  62. お酒でよくある勘違い〜お酒は身体を冷やす飲み物?寝酒も注意!

    「お酒を飲むと身体が温まる」「夜お酒を飲むと熟睡できる」これはお酒にまつわるよくある勘違いTOP2で、実際お酒は身体を冷やすし熟睡も妨げます。

  63. 良い姿勢5つのメリット〜上を向いて歩こうよ♪

    姿勢がよいと人生得することだらけです。上を向いて歩こうよ♪有名な歌の歌詞にもあるように目線を上に向けるつまり頭を下に落とさないようにすると、第一印象がよくなるだけでなく医学的にもとっても有益なたくさんのメリットを実感できます。

  64. ストレスとはそもそも何?ストレス社会の正しい対処法

    イライラ・対人関係の問題・不安感・欲求不満…現代は「ストレス社会」と言われ多くの人が精神的・肉体的ストレスを感じ、ストレスは他人や周りの環境によって与えられるやっかいものだと考えていますが、ストレスは自分の身体を守るために自分が発生させ...

  65. 現代人の体調不良の原因は脳のキャパオーバー?【正しい3つの脳疲労対策】

    その辛さの原因は脳疲労かもしれません....インターネットの普及により、いつでもどこでも情報が手に入り、世界中の誰とでもコミュニケーションをとったり仕事もできるようになりました。

  66. 「身体は間違えない」という前提で自分の生活を見直してみよう!

    カラダは間違えない。間違っているのは「生き方」のほう。身体は常に正直にSOSを出しています。身体の声を素直に聞けるようになると、辛さの原因をみつけて対処し健康になると同時に生きることがより楽に楽しくなります。

  67. 認知症(知的神経機能障害)と生理学的脳の老化の違いとまとめ

    • 認知症(知的神経機能障害)と生理学的脳の老化の違いとまとめ はコメントを受け付けていません。

    認知症は脳の器質的な病変による病気であり、知的発育が一度完成した成人に知能障害が発生します。生理学的に誰でにも起こる脳老化でも認知症と似たような症状が出ることもありますが、認知症の生理学的脳老化は明確に区別する必要があります。

  68. 医学=自分のトリセツ(取扱説明書)〜ある2人の青年の物語

    • 医学=自分のトリセツ(取扱説明書)〜ある2人の青年の物語 はコメントを受け付けていません。

    同じくらいの体型で運動神経もよく、勉強もできるクラスの人気者だったA君とB君。一緒にプロサッカー選手を目指して切磋琢磨していた2人の青年の30年後は全く違うものになっていました。

  69. 薬をサボったひとほど治りが早い?

    病院で処方されるお薬が欲しくてお医者さんにいく人も多いと思いますが、気がつけばどんどん薬の種類が増えていて、薬なしでは不安で仕方なくなっているのに症状は良くならなずになんかおかしいな...と思ったことはないですか?薬局で買えて常用し...

  70. 二本足歩行をする人間は地球上で最も特殊な動物〜重力から自分を守る方法

    • 二本足歩行をする人間は地球上で最も特殊な動物〜重力から自分を守る方法 はコメントを受け付けていません。

    人間は脊椎動物の中でも二本足歩行を獲得することで、頭の位置を高くし上肢や手を広範囲に使うことで文化的な活動ができるようになりましたが、その代償として重力に対して強い影響を受けることになり、姿勢や骨格の歪みなどの問題に対処する必要が出てき...

  71. 【美しい姿勢を作り若さを保つ秘訣】骨格・筋肉の関係と役割まとめ

    年齢を重ねても若々しくみえると人と年齢相応もしくは老けて見える人の差は姿勢であり、姿勢をつくるのは骨格と筋肉です。

  72. 神経路(知覚伝導路・錐体路・錐体外路)まとめ

    • 神経路(知覚伝導路・錐体路・錐体外路)まとめ はコメントを受け付けていません。

    神経路とは身体に張り巡らされた「神経」でつなぐネット回線のようなもので、脳と皮膚・目・耳・筋肉・関節などの各末梢器官が常に神経路を通じて互いに連絡を取り合っているから感覚や運動機能が正常に働き、日常生活が問題なく送れるようになります。

  73. 脊髄の構造と役割〜脳と末梢神経をつなぐ中枢神経〜

    • 脊髄の構造と役割〜脳と末梢神経をつなぐ中枢神経〜 はコメントを受け付けていません。

    脊髄は脳と同じく中枢神経に分類される神経で、脳からの指令を末梢神経に伝達する経路と末梢神経からの情報を脳へ伝える際の経路を構成したり、反射の中枢になっています。脳と末梢神経をつなぐ中枢神経である脊髄の構造と役割についてまとめました。

  74. 生産性をあげたいならまず眠れ!〜日本の睡眠不足による経済損失は3兆円超!

    睡眠不足による日本の経済損失は3兆円超というデータが出ています。

  75. ぐっすり眠りたい〜「スマホ疲れ」「脳疲れ」解消法

    現代人の生活はスマホやインターネットの普及で大きく変わりましたが、便利になる一方で、眠りたいのに眠れない、眠っても疲れが取れないという睡眠の悩みを持つ人が急増しています。

  76. 末梢神経〜【脳神経】【脊髄神経】【自律神経】

    • 末梢神経〜【脳神経】【脊髄神経】【自律神経】 はコメントを受け付けていません。

    末梢神経とは中枢神経以外の神経の総称で、中枢神経(統括的な働きをする脳と脊髄)から枝を伸ばすように出て身体の細部に届いている神経のこと。

  77. 脳の役割分担「大脳皮質」「間脳(視床と視床下部)」「大脳基底核」「大脳辺縁系」「脳幹」

    • 脳の役割分担「大脳皮質」「間脳(視床と視床下部)」「大脳基底核」「大脳辺縁系」「脳幹」 はコメントを受け付けていません。

    大脳は様々な機能が統合された心身の中枢ですが、その脳の役割もパーツごとに細かく分かれています。大脳の役割分担を「大脳皮質」「間脳(視床と視床下部)」「大脳基底核」「大脳辺縁系」「脳幹」と大きく分けて概要を説明します。

  78. 大脳基底核の役割とパーキンソン病【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】

    • 大脳基底核の役割とパーキンソン病【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】 はコメントを受け付けていません。

    パーキンソン病について【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】と5つの観点に分け、キーとなる大脳基底核の役割とともに説明しています。

  79. 確実にダイエット効果と成功確率を高める超簡単な3つの方法

    ダイエットは頑張ることだと誤解していませんか?ダイエットが成功しないのは意思が弱いせいだと思っていませんか?次々と登場する「新しい」ダイエットを追いかけ続ける「ダイエット法難民」になっていませんか?本当のダイエットとは身体の...

  80. 脂肪の役割とよくある勘違い

    ダイエットブームの影響で身体の脂肪(皮下脂肪や内臓脂肪)は悪者扱いされることが多いですが、適量の脂肪は身体にとって必要不可欠な存在です。脂肪の役割を正しく理解して、自分の身体を大切にしつつ効果的なダイエットをしましょう。

  81. 【いちばん大切なもの】を教えてくれた最後の授業

    • 【いちばん大切なもの】を教えてくれた最後の授業 はコメントを受け付けていません。

    あなたにとって一番大切なものは何ですか?誰もが共通して持つ、でも忘れがちな大切なものを思い出させてくれるある素敵な授業がありますので、シェアさせていただきます。

  82. 言語障害【失語症と構音障害の違いと分類】 

    • 言語障害【失語症と構音障害の違いと分類】  はコメントを受け付けていません。

    言葉はコミュニケーションを行う際に重要な道具ですが、何らかの原因で【言葉という道具】が思うように使えなくなる【言語障害】が発生することがあります。

  83. 高次脳機能障害〜責任病巣と症状のまとめ【失行と失認】

    • 高次脳機能障害〜責任病巣と症状のまとめ【失行と失認】 はコメントを受け付けていません。

    高次脳機能障害は、脳の最高中枢である脳の機能の中でも特に高次である統合機能が何らかの原因で障害された場合に起こります。

  84. 【中枢性麻痺と末梢性麻痺】上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの違い~ 

    • 【中枢性麻痺と末梢性麻痺】上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの違い~  はコメントを受け付けていません。

    中枢性麻痺(上位運動ニューロン障害)と末梢性麻痺(下位運動ニューロン障害)に大きく分けて運動麻痺を分類しています。上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの違いと合わせて整理しましょう。

  85. ALS(筋萎縮性側索硬化症)【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】

    • ALS(筋萎縮性側索硬化症)【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】 はコメントを受け付けていません。

    アイスバケツチャレンジで世界中に病名が広く病名が知られるようになり、最近は美容家佐伯チズさんの公表でも注目された原因不明の難病ASL(筋萎縮性側索硬化症)。

  86. アウターユニットとは【3D筋肉・解剖学】体幹強化の必須知識

    アウターユニットとは、インナーユニットを覆って臓器を保護するととともに、動作や運動における外力に対しても骨盤を安定させて姿勢やバランスを維持する運動学的な筋肉のつながりのこと。

  87. インナーユニットとは【3D筋肉・解剖学】体幹強化の必須知識

    インナーユニットとは、骨で保護されていない体幹部分を覆う筋肉群のこと。骨盤底筋群・腹横筋・横隔膜・多裂筋の4筋で構成され、円柱を作るように腹部内臓を囲んでいます。姿勢保持・調整の基礎となる最深層のインナー(コア)マッスル。

  88. その【背伸び】では肩こり・腰痛が悪化する?【正しいストレッチ】とは?

    現代人のほぼ全員が悩んでいる【肩こりと腰痛】前屈みで長時間パソコンに向かう姿勢長時間スマートフォンを使って下を向いている姿勢慢性的な運動不足...これらの習慣が肩こりや腰痛が現代病となる大きな要因となっているのは、良く知...

  89. 正しいスクワットを3D解剖学&運動学で理解

    下半身の筋トレの代名詞「スクワット」ですが、解剖学的に正しく理解して行わないと効果がないだけでなく、膝や腰を痛めてしまうケースも。下半身の筋トレの代名詞「スクワット」の動きを解剖学的&運動学的な視点で3D動画を使って解説します。

  90. 脊椎・脊柱(背骨)の運動方向【3D運動学】

    人体の大黒柱。姿勢を評価する上でも骨盤と同様に非常に重要な要素である、背骨(脊柱)の正常な運動方向について3D動画でわかりやすく解説しています。

  91. 骨盤の運動方向【3D運動学】

    骨盤の正常な運動方向について3D動画でわかりやすく解説しています。「骨盤矯正」の流行りでよく聞くようになった骨盤は、姿勢保持と内臓保護の観点からとても重要な人体の構成要素。

  92. 棘間筋【3D筋肉・解剖学】

    脊椎の棘と棘を近接させる作用を持つ【棘間筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。非常に小さい筋肉のため、運動を起こすというよりも背骨の安定した滑らかな動きに貢献しているインナーマッスルです。

  93. 横突間筋【3D筋肉・解剖学】

    隣り合う脊椎横突起の間を走行する細い筋肉束 【横突間筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。筋紡錘の数が多く、脊椎間の動きを感知して運動を調整する背骨のセンサーのような筋肉です。

  94. 長母趾伸筋【3D筋肉・解剖学】

    【長母趾伸筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。長母趾伸筋は前脛骨筋の深部に位置し、母趾のと足関節の運動調整に関与するインナーマッスル。

  95. 短母趾屈筋【3D筋肉・解剖学】

    【短母趾屈筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。母趾外転筋・母趾内転筋とともに遠位横アーチ(前足部横アーチ)を形成。開帳足・ウオノメやタコ・外反母趾が気になる場合は解剖学的構造を意識したセルフケアが重要です。

  96. 母趾内転筋【3D筋肉・解剖学】

    足の縦横アーチを形成する【母趾内転筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。

  97. 舌の筋肉 まとめ(一覧)【3D筋肉・解剖学】

    舌運動に関与する筋肉を一覧にまとめました。舌骨や下顎骨の運動に関与し、嚥下(開口・舌骨挙上)時に活躍する筋肉群。それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  98. 茎突舌骨筋【3D筋肉・解剖学】

    【茎突舌骨筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。顎二腹筋後腹に沿って舌骨に付着。嚥下時に顎二腹筋後腹と共同して舌骨をやや後方に挙上します。

  99. 顎舌骨筋【3D筋肉・解剖学】

    【顎舌骨筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。舌骨に板状に繋がり口腔底を形成。オトガイ舌骨筋や顎舌骨筋前腹と一緒に嚥下時の口や舌の運動に関与しています。

  100. オトガイ舌骨筋【3D筋肉・解剖学】

    【オトガイ舌骨筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。舌骨挙上(嚥下)と咀嚼(開口)に関与する舌骨上筋群のひとつ。舌を前方に突き出す運動にも重要な役割をしてます。

カテゴリー

3Dシステムの詳細はこちら!

動画も配信中!

おすすめカテゴリー記事