mydr123

3Dヨガポーズ解剖学

【半月のポーズ(アルダチャンドラアーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【半月のポーズ(アルダチャンドラアーサナ)】は、太もも周り(内側と裏側)をしっかりストレッチしつつ、全身でバランスを取りながら骨盤周りと体幹強化しつつ、背骨の周り、横腹、胸の広がりを感じるストレッチができるバランスポーズです。 以下のポ...
3Dヨガポーズ解剖学

V字腹筋 筋トレ効果【船のポーズ(ナヴァーサナ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【船のポーズ(ナヴァーサナ)】は、船のように身体を折り曲げてバランスをとることで体幹を強化できるヨガポーズで、V字腹筋としても知られているように体幹や下半身の筋力強化(筋トレ)効果に優れています。 バランス力と強い筋力が必要な難易度が高...
3Dヨガポーズ解剖学

【三角のポーズ(トリコナーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【三角のポーズ(トリコナーサナ)】は、安定した立位下半身の土台から身体を大きく側屈させつつ胸を開いて全身で三角形を作るヨガの代表的なポーズのひとつです。 横腹やウェスト周り、ふともも内側の内転筋群、ふともも裏側のハムストリングスなど日常...
3Dヨガポーズ解剖学

立位の開脚前屈【ピラミッドポーズ (プラサーリタパードゥッターナーサナ)効果と正しいやり方【3D解剖学】

ピラミッドのポーズ (立位の開脚前屈)は、立位で開脚前屈を行うヨガポーズです。 股関節柔軟性向上と背面ストレッチ効果の高い開脚前屈を立位で行うため、上半身の逆転効果と姿勢を維持するための筋トレ効果が相乗されます。 立位の開脚前屈【ピラミ...
3Dヨガポーズ解剖学

セルフPNFストレッチ【ハッピーベイビーポーズ (アーナンダバラーサナ )】効果と正しいやり方【3D解剖学】

【ハッピーベイビーポーズ (アーナンダバラーサナ )】は、セルフPNFストレッチ効果で、股関節内転筋やハムストリングスをはじめ、股関節周囲をストレッチする効果があり、柔軟性を向上させて憧れの180度開脚を目指すためにも有効なヨガポーズで...
3Dヨガポーズ解剖学

【バッタのポーズ (シャラバーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【バッタのポーズ (シャラバーサナ)】はうつ伏せから身体を弓のように反らす姿をバッタに例えたヨガポーズです。 首から脚まで背面筋肉全体を鍛えて背骨を整えるポーズで、ふくらはぎ、太もも裏、お尻の引き締めにも効果的です。 また胸を開き呼吸を...
3Dヨガポーズ解剖学

【橋のポーズ (ハーフブリッジ)】【大臀筋筋トレ】効果と正しいやり方【3D解剖学】

【橋のポーズ (ハーフブリッジ)】は、肩、首、後頭部は床につけたまま行うブリッジポーズです。 現代人の猫背になりがちな姿勢矯正効果、背骨周りの筋肉やインナーユニットに持続的な刺激が入ることによる体幹強化効果、頭が心臓より下になる逆転ポー...
3Dヨガポーズ解剖学

【鋤のポーズ(ハラーサナ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】逆転のポーズ

【鋤のポーズ(ハラーサナ)】は肩から骨盤まで上半身を逆転させた前屈のポーズで、首から背中にかけての深いストレッチ効果、腹部内臓や甲状腺機能を高める効果、背骨や骨盤の調整効果が期待できます。 日常とは逆の方向へ重力がかかり、肩関節まわりの...
3Dヨガポーズ解剖学

【椅子のポーズ(ヨガのチェアポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【椅子のポーズ(ヨガのチェアポーズ)】は、体幹と下半身の筋肉を日常で使う筋肉運動パターンで強化できるスクワットのような筋トレ効果に加えて、背中や肩周りの運動も加えた全身運動ができる比較的筋肉への負荷が大きいヨガポーズです。 安定した下半...
3Dヨガポーズ解剖学

【鷲のポーズ (ガルダーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【鷲のポーズ(ガルダーサナ)】は、太いリンパや血管が通る股関節や肩関節周りをバランスよくストレッチしながら適度な刺激を与えて全身の循環を促しつつ、姿勢調整や骨盤調整効果に優れたヨガポーズです。 難しい上級者向けのヨガポーズと言われがちな...
3Dヨガポーズ解剖学

【木のポーズ(立木のポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【木のポーズ(立木のポーズ)】は、ヨガ立位バランスポーズで一番シンプルですが、身体の軸を感じることに集中できるため、安定した体幹と綺麗な姿勢や美脚ラインを作る効果に優れています。 身体の軸が意識できるようになると、上半身に余計な力が入ら...
3Dヨガポーズ解剖学

【英雄のポーズ 3 (戦士のポーズ3) 】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【英雄のポーズ 3 (戦士のポーズ3) 】は、全身でT字を作るバランス系ポーズで全身を引き締めつつ身体の軸を感じるバランス能力や集中力を鍛える効果に優れています。 ウォーリアワンやウォーリアツーと比べても難易度の高いポーズですが、集中力...
3Dヨガポーズ解剖学

【英雄のポーズ 2 (戦士のポーズ2) 】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【英雄(戦士)のポーズ2】は、両脚と両腕を左右に大きく広げて安定させた状態から前になる脚と首を回旋させて敵に挑む戦士(英雄)のような勇ましさを表現した下半身を中心に全身を鍛える筋トレ系のヨガポーズです。 このヨガポーズを通して、下半身と...
3Dヨガポーズ解剖学

【英雄のポーズ 1 (戦士のポーズ1) 】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【英雄のポーズ(戦士のポーズ)】は、敵に向かって敢然と立ち向かう英雄(戦士)のように勇ましく脚を踏み出すヨガの代表的なポーズのひとつです。 座り姿勢で短縮して硬くなりがちな上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉である腸腰筋を中心に全身をストレ...
3Dヨガポーズ解剖学

【シルシャーサナ(頭立ちのポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【シルシャーサナ(頭立ちのポーズ)】は、立位を重力に対して逆転させて頭頂部と前腕のみで全身を支えるヨガポーズ。 「アーサナの王(キング)」と呼ばれて、ヨガを象徴するポーズとしても有名ですが、頭の先から爪先まで一直線に逆転させる逆立ちポー...
3Dヨガポーズ解剖学

【肩立ちのポーズ(ショルダースタンド)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

ヨガの女王とも呼ばれる【肩立ちのポーズ(ショルダースタンド)】は、肩で全身を支える逆転立位ポーズなので立位とは異なる姿勢保持システムが作用し、重力や不良姿勢の影響をリセットする効果があるため、全身の血流や機能を促進して様々な美容、健康効...
姿勢と連動

【アナトミートレインとは?】筋膜のつながり

アナトミートレインとは人体筋肉の機能的な連結のことで、ひとつの筋肉状態の変化でもアナトミートレインによって全身に影響します。 アナトミートレインを理解することで、姿勢の整え方、ヨガやストレッチなどの効果的なやり方、うまくできない時の対処...
3Dヨガポーズ解剖学

【ブリッジポーズ(車輪のポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

ヨガの【ブリッジポーズ(車輪のポーズ)】は、身体前面の筋肉を筋膜のつながりや機能的なつながりにそって全身バランスよくストレッチできるポーズなので、特に座り仕事で硬くコリがちな股関節や猫背で動きにくくなっている胸周りの柔軟性向上による猫背...
3Dヨガポーズ解剖学

膝立ちブリッジ【ラクダのポーズ(ウシュトラーサナ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【ラクダのポーズ(ウシュトラーサナ)】は膝立ちから背骨を後屈させて身体前面をストレッチするブリッジポーズで、胸椎から背骨全体が後屈することで胸が開いて猫背の改善やバストアップに効果的なヨガポーズです。 股関節、ふともも、お腹(体幹)、背...
3D筋肉解剖学

【胸鎖乳突筋】ストレッチと鍛え方のための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【胸鎖乳突筋】はミケランジェロのダビデ像にもくっきり表現されているデコルテの筋肉で、【胸鎖乳突筋】のまわりにはリンパ節が多く存在します。 【胸鎖乳突筋】のこりを放置するとむくみやたるみなど老け顔の原因にもなりますので、胸鎖乳突筋の構造を...
3Dヨガポーズ解剖学

【魚のポーズ (マツヤーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【魚のポーズ (マツヤーサナ)】は、仰向けで胸を押し上げるように背骨とデコルテラインをストレッチして胸と喉を気持ちよく開くヨガポーズで、背臥位で後屈をするブリッジポーズでは1番関節の負担が少ない初心者向けのポーズです。 猫背で凝り固まり...
3Dヨガポーズ解剖学

【弓のポーズ(ダヌラーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【弓のポーズ(ダヌラーサナ)】は、身体全体で弓の形を作るように後屈することで筋膜のつながりにそって身体前面をストレッチして呼吸を深める効果があるヨガポーズ。 猫背姿勢で丸まりがちな背中のアライメントを整えつつ二の腕、背中、お尻などバック...
3Dヨガポーズ解剖学

【上向きの犬のポーズ(アップドッグ) 】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

上向きの犬のポーズ(アップドッグ)は、上を向いて犬が伸びをしているように胸を押し出して胸椎を伸展させながら身体の前面ストレッチと背筋強化ができるヨガポーズです。 太陽礼拝にも登場する腹臥位から背筋と腕の力を使って身体を起こしていく力強い...
3Dヨガポーズ解剖学

【コブラのポーズ (ブジャンガーサナ )】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【コブラのポーズ】は、うつ伏せから身体を反らせる後屈のポーズのひとつで、猫背解消や姿勢改善に効果的です。 後屈のポーズの基本的な身体の使い方を学ぶ最適なポーズでもあるので、胸椎を中心に背骨周りの構造や筋肉の使い方をマスターして、他の応用...
3Dヨガポーズ解剖学

【スフィンクスのポーズ (軽減したコブラのポーズ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】初心者向け後屈のポーズ

スフィンクスのポーズ (軽減したコブラのポーズ)は、後屈のポーズの中でも最も負担が少ない初心者や身体の硬い人がまず挑戦したいヨガポーズです。 背骨周りが硬い人や猫背が定着して胸を開く感覚がよくわからない人は、まずはスフィンクスのポーズか...
3Dヨガポーズ解剖学

【パピーポーズ(伸びをする子犬のポーズ)】効果と正しいやり方【3D解剖学】

【パピーポーズ(伸びをする子犬のポーズ)】は、肩や背骨(胸椎)周りの筋肉を気持ちよくストレッチし、パソコン作業やスマホなどで凝り固まった上半身を優しく癒せるヨガポーズ。 胸椎と肩周りがしっかりと気持ちよくストレッチできることで呼吸も深ま...
3Dヨガポーズ解剖学

ダウンドッグ【下向き犬のポーズ (アドムカシュヴァナーサナ)】効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

【下向き犬のポーズ(アドムカシュヴァナーサナ)】は、ダウンドッグという名前でも親しまれている犬が伸びをしている姿を模したヨガポーズ。 ソフトな逆転のポーズ効果と筋膜のつながりに沿った背面ストレッチ効果で、心身のバランスを整える効果が高く...
3Dヨガポーズ解剖学

【チャイルドポーズ(子供のポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

チャイルドポーズ(子供のポーズ)は、普段重力に抗して作用している脊柱起立筋などの固有背筋群を緩めてストレッチすることで、腰部の柔軟性を高めることができる代表的なリラックスポーズ。 立位や座位のポーズからスムースに移行できるのでヨガポーズ...
3Dストレッチ解剖学

立位体前屈ストレッチ【深い前屈のポーズ (ウッターナーサナ)】 効果と正しいやり方【3D解剖学】

【深い前屈のポーズ (ウッターナーサナ)】とは、立位で股関節から身体を折り曲げるように体前屈するポーズで、【立位体前屈】という柔軟性を図る評価姿勢としてもよく使われています。 立位で体を前屈する立位体前屈は、頭の先から足裏まで筋膜でつな...
3Dストレッチ解剖学

背面を伸ばす前屈のポーズ(パスチモッターナーサナ)【長座体前屈ストレッチ】効果と正しいやり方

【背面を伸ばす前屈のポーズ(パスチモッターナーサナ)】は、両脚と背筋を伸ばして座った姿勢(長坐位)で股関節から身体を半分に折るように前屈するポーズ(長座体前屈ストレッチ)です。 筋膜でひとつのラインになっている頭(顔)〜背中〜脚の裏側全...
3Dストレッチ解剖学

長坐位・杖のポーズ(ダンダ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

杖のポーズ(ダンダ・アーサナ)は、両脚を伸ばして体幹と下肢でL字になる坐位姿勢で、関節への負担が少なく姿勢を整えたり体幹を鍛える効果が期待できます。 長坐位として知られる基本坐法のひとつでもあり、体幹の強さや下半身筋肉の柔軟性のバロメー...
足・足趾

短母趾屈筋(足の筋肉)【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【短母趾屈筋】は、母趾内転筋とともに遠位横アーチ(前足部横アーチ)を形成する足裏の筋肉で、開帳足・ウオノメやタコ・外反母趾が気になる場合は解剖学的構造を意識したセルフケアが重要です。 【短母趾屈筋】の構造について3D動画を使ってわかりや...
3Dストレッチ解剖学

片足前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ) 背面ストレッチ【やり方と効果がよくわかる3D解剖学】

片足前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ)は、片脚をあぐらに(股関節外旋+膝屈曲)してから前屈することで背面(脚の裏側・背中・お尻まわり)を伸ばして深くストレッチできるヨガポーズです。 筋膜で一つのラインにつながっている背面筋肉のストレ...
3Dストレッチ解剖学

理想のくびれを作る正しい腹部ツイスト!【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ウェストのくびれが欲しいなら絶対にマスターしたいツイスト(上半身ねじり・体幹回旋) 背骨の解剖学構造を正しく理解して、効果的にウエストシェイプや全身機能改善などツイスト効果を120%楽しみましょう。 ツイスト(上半身ねじり・体幹...
3Dヨガポーズ解剖学

安楽座( スカ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

安楽座( Easy Pose)スカ・アーサナ( Sukhasana )はヨガの伝統的な坐法のひとつで、日本では「あぐら」として親しまれています。 比較的簡単に取れる坐法ですが、安定感を保つために全身の筋肉を使うので姿勢調整効果や体幹を鍛...
3Dヨガポーズ解剖学

正座・金剛座 (ヴァジラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

「正座」は日本でも古くから親しまれている基本坐法のひとつで、ヨガでは金剛座 (Diamond Pose) ヴァジラ・アーサナ( Vajrasana)と呼ばれます。 脚の前側(大腿四頭筋や前脛骨筋)のストレッチ効果が高く、正しく姿勢が取れ...
3Dヨガポーズ解剖学

割り座・英雄座(ヴィラ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

【割り座】は基本坐法のひとつで、ヨガでは英雄座(Hero Pose)ヴィラ・アーサナ( Virasana )としてリラックスポーズのひとつになっています。 お尻の下に踵がある【正坐】と比べ、お尻の横に踵を置く【割り座】は、特に膝関節内側...
3Dヨガポーズ解剖学

ねじった体側を伸ばすポーズ (パリヴルッタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ )効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ねじった体側を伸ばすポーズ(パリヴルッタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ)は、体側を伸ばして更にねじる動作を加えたヨガポーズ。 三角ねじりのポーズに似ていますが、よりひねりの強度が高いので、全身の引き締め効果が高くなります。 ポーズ...
3Dヨガポーズ解剖学

三角ねじりのポーズ(パリヴリッタ・トゥリコーナ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

三角ねじりのポーズ(パリヴリッタ・トゥリコーナ・アーサナ)は、ヨガの最も代表的なポーズである三角のポーズにねじりを加えているので、ウエストや下半身の引き締め効果が期待できます。 腹部をねじって刺激を与えることにより内臓の働きを活性化させ...
筋肉まとめ

【表情筋(顔の筋肉)種類まとめ】表情筋鍛えるトレーニングとほぐすマッサージやストレッチのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

表情筋(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方で大きく変わります。 表情筋も筋肉なので、解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術をしなくても、老け顔を予防したり...
顎・咀嚼・舌

側頭筋〜表情筋の鍛え方とマッサージ【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【側頭筋】は、側頭から下顎骨を引き挙げ咀嚼運動(口を閉じる)で活躍する側頭部ある面積の広い筋肉。 スマホ使用やデスクワークなどで顔を硬らせている状態が続くと凝りやすく、顎の動きにくさ(ガクガク顎)、表情の出にくさ、眼精疲労や首凝り・肩こ...
表情筋(顔の筋肉)

【前頭筋】ほぐすマッサージと表情筋鍛える筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【前頭筋】は、眉毛を挙上しておでこに横皺を作る筋肉で、考え事や心配事が多かったり、パソコン作業やスマホの長時間使用で緊張して硬直しやすい傾向があります。 おでこにシワが定着しないように定期的にマッサージして【前頭筋】ほぐすようにすれば、...
表情筋(顔の筋肉)

【皺眉筋】表情筋の鍛え方とマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【皺眉筋】は眉毛を内側(鼻側)下方向に押し下げる作用がある表情筋で、眉間の部分に縦じわを寄せて不快や苦痛を表現する時によく働きます。 頑張っているとついつい眉間にシワがよりがちですし、スマホやパソコンで重くなった上まぶたや眉間のシワをス...
表情筋(顔の筋肉)

【鼻根筋】表情筋の鍛え方とマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【鼻根筋】は、鼻の上から眉間に向かって走行している筋肉で、怒った顔で鼻の上部に横に走る皺を作る作用があります。 【鼻根筋】が凝り固まると眉間の横シワが定着して印象が悪くなってしまいますので、意識してマッサージでケアをしましょう。 【鼻根...
表情筋(顔の筋肉)

【下唇下制筋】表情筋の鍛え方とマッサージ【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【下唇下制筋】は、下唇を引き下げて下の歯や歯茎が見えるような口の開け方に作用する表情筋です。 【下唇下制筋】の柔軟性がなくなると、二重顎やフェイスラインのもたつきなど老け顔の原因になるので、3D動画で解剖学構造を確認してマッサージしてか...
表情筋(顔の筋肉)

【鼻筋】鼻筋を通すマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【鼻筋】は顔の印象を大きく左右する小鼻の広がりを予防し、スッと鼻筋が通った小鼻美人を目指すには意識してケアしたい表情筋です。 整形は不要!【鼻筋】の解剖学構造を理解して、スッキリした鼻筋を通す方法(鼻筋マッサージ)を実践しましょう。 ...
表情筋(顔の筋肉)

【口角下制筋】表情筋の鍛え方とマッサージ【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【口角下制筋】は、いわゆる『への字口』を作る時に使われる表情筋で、上唇と口角を下方にひく作用があります。 【口角下制筋】の柔軟性がなくなると「マリオネットライン」が目立ち、常に口角の下がった印象の悪い顔になってしまうので、意識してマッサ...
表情筋(顔の筋肉)

【オトガイ筋】鍛えるトレーニングとほぐすマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【オトガイ筋】は、下唇を突き出したりすっぱい食べ物を食べた時などに顎の前部に梅干しのようなシワを作る表情筋です。 【オトガイ筋】のコリや柔軟性がなくなると顎周りがもたついたり、二重顎の原因にもなってしまいますので、【オトガイ筋】をほぐす...
表情筋(顔の筋肉)

【口輪筋】鍛えるトレーニングとマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【口輪筋】は口の周りをドーナツ状に囲む表情筋で、表情、食べる、話す、呼吸などの機能に関与します。 複数の表情筋が口輪筋に付着しているので、口輪筋が弱くなると、周囲の表情筋もあまり動かなくなり表情が乏しくなるだけでなく、物をうまく飲み込め...
表情筋(顔の筋肉)

【頬筋】鍛える筋トレとマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【頬筋】とは名前の通り頬についている筋肉で、口角を外側に引く働きの表情筋の中で一番強力で、ストローで息を吹いたり、トランペットを吹いたりする時に頬を凹ませる作用もあります。 【頬筋】は頬の脂肪を支えている筋肉でもあるので、筋力低下で弱化...
表情筋(顔の筋肉)

【上唇鼻翼挙筋】鍛えるトレーニングとコリをほぐすマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【上唇鼻翼挙筋】は、鼻の脇にある上唇挙筋とともに上唇のふっくら感を支えている表情筋で、上唇と鼻翼を引き挙げる働きをします。 上唇鼻翼挙筋の弾力がなくなると鼻の下が伸びて唇が薄い「老け顔」になってしまいますので、「鼻の下が広がってきた」、...
表情筋(顔の筋肉)

【上唇挙筋】鍛えるトレーニングとコリをほぐすマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【上唇挙筋は頬の真ん中あたりにある表情筋で、上唇を上方に引き挙げる作用があります。 下の歯を見せずに笑顔を作る時に重要な表情筋なので、下の歯を見せない大人っぽい品のある笑顔を作りたい人は意識して鍛えるトレーニングをしましょう。 上品な笑...
表情筋(顔の筋肉)

【口角挙筋】鍛えるトレーニングとコリをほぐすマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【口角挙筋】は犬歯筋とも呼ばれ、上唇をキュッと上に持ち上げて魅力的な笑顔を作る作用がある表情筋です。 口角挙筋が弱化すると、口角が下がり、鼻の下が伸びた老け顔になりますので、間延びした鼻の下を縮めて、ふっくら若々しい唇を取り戻すために口...
表情筋(顔の筋肉)

【大頬骨筋】鍛えるトレーニングとほぐすマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【大頬骨筋】は、口角を上外側に引き上げて「笑顔」を作る表情筋のひとつ。 比較的大きな筋肉なので、筋力低下で弱化すれば鼻の下や口角が下がってほうれい線も深い老け顔になってしまいます。 マスク美人と言われない若々しい笑顔を維持するために重要...
表情筋(顔の筋肉)

【小頬骨筋】鍛えるトレーニングとマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【小頬骨筋】は、大頬骨筋と一緒に口角を引き上げて笑顔を作る筋肉で、目尻と口角の間を走行するためウィンクをする時も収縮します。 キュッと引き締まった小顔とキュートな笑顔、そしてウィンクのための表情筋:【小頬骨筋】の解剖学構造を3D動画(表...
表情筋(顔の筋肉)

【笑筋】鍛えるトレーニングとマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【笑筋】は口を横方向に引いて横長する働きがあり、笑顔を作る表情筋のひとつで、大きく笑う時はもちろん、前歯を見せずに小さく微笑んだりするときにも作用します。 笑窪を作る筋肉のひとつでもあり、笑筋を鍛えるとほうれい線を目立たなくして若々しく...
表情筋(顔の筋肉)

【眼輪筋】鍛えるトレーニングとマッサージのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【眼輪筋】とは目のまわりを覆っているドーナッツ状の筋肉で、目の開閉に作用したりクマや目の大きさにも影響するので表情の印象を大きく左右する表情筋のひとつ。 眼輪筋が衰えると、目が小さくなったり、まぶたのたるみや開けにくさ、老け顔やクマの原...
表情筋(顔の筋肉)

【広頚筋】きれいなデコルテを作る広頚筋ストレッチと筋トレのための【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【広頚筋】は頚部を広範囲に覆う皮膚直下にある膜のような筋肉で、首元、デコルテ、口元の張りに作用します。 美しいデコルテや笑顔のために理解しておきたい【広頚筋】の構造について3D動画(解剖図)を使ってわかりやすく説明しています。 ...
筋肉まとめ

【頸部(首)筋肉まとめ】首こり解消ストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学】

肩こり・首こり・眼精疲労・老け顔・たるみ.....スマホが手放せずパソコン作業が多い現代人の悩みを解消するポイントとなる頚部(首)の筋肉を一覧にまとめました。 それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認く...
頸部・首

【外側頭直筋(椎前筋)】ストレッチとトレーニングのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【外側頭直筋】は、頭部のポジションを頸椎の上に維持するために前側方からサポートしているインナーマッスルです。 【外側頭直筋】の構造について3D動画(解剖図)を使ってわかりやすく説明しています。 【外側頭直筋】英語と読み方 ...
頸部・首

【前頭直筋(椎前筋)】ストレッチとトレーニングのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【前頭直筋】は後頭骨と環椎(一番上の椎骨)の間の筋肉で、首を前からサポートしている椎前筋のひとつ。 【前頭直筋】の構造について3D動画(解剖図)を使ってわかりやすく説明しています。 【前頭直筋】英語と読み方 ...
頸部・首

【頭長筋(椎前筋)】ストレッチとトレーニングのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【頭長筋】は、首前面から顎の下を引っ張る作用を持つことで重い頭が転がり落ちないように前から支えてくれる姿勢保持にとても重要な首のインナーマッスルです。 【頭長筋】の構造について3D動画を使って解説しています。 【頭長筋】はスマホやパソコ...
頸部・首

【頸長筋(椎前筋)】ストレッチとリリースのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【頸長筋】は、頸椎の自然なカーブ(生理的前弯)を前側から支えている首のインナーマッスルです。 【頸長筋】の解剖学構造を3D動画(解剖図)で理解して、首こり・肩こりなど首回りのトラブルを解消しよう! 【頸長筋】英語と読み方 ...
筋肉まとめ

【胸筋と胸郭(呼吸)筋肉】種類一覧まとめ【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学】

「胸板やバストの土台を作る胸筋」「胸郭の運動に関与する呼吸補助筋」「胸部と腹部の境にあるメインの呼吸筋であり全ての筋肉のコアとなる横隔膜」をまとめました。 それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認くださ...
胸部・胸郭(呼吸)

【内肋間筋(最内肋間筋)】呼吸とストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【内肋間筋】は、肋骨間を埋める様に下から上に走行して呼吸に作用している筋肉です。 【内肋間筋】呼吸補助筋としての働きを3D動画(解剖図)を使ってわかりやすく説明しています。 【内肋間筋】英語と読み方 名称:...
胸部・胸郭(呼吸)

【外肋間筋】呼吸とストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【外肋間筋】とは肋骨間を埋める様に上から下に走行している筋肉で、努力呼吸時や意識的な胸式呼吸時に強く作用する呼吸補助筋です。 【外肋間筋】呼吸時の働きを3D動画(解剖図)でわかりやすく説明しています。 【外肋間筋】英語と読み...
筋肉まとめ

【股関節 骨盤 お尻 の筋肉】名前と種類一覧まとめ【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学】

股関節運動、脊柱運動、骨盤調整、立位バランスや動作の安定に作用する【股関節 骨盤 お尻の筋肉】を一覧にまとめました。 それぞれの筋肉の名前、起始停止、作用、神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認ください。 股関節筋肉(寛骨筋)...
股関節・臀筋・骨盤

【上双子筋と下双子筋(深層外旋六筋)】ストレッチとトレーニングのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【双子筋(上双子筋と下双子筋)】とは、仙骨・腸骨と大腿骨大転子の間を走行する短い筋肉群で、股関節の外旋と骨盤の安定に関与する臀部のインナーマッスルである深層外旋六筋のひとつです。 【双子筋(上双子筋と下双子筋)】の構造について3D動画(...
股関節・臀筋・骨盤

【内閉鎖筋(深層外旋六筋)】ストレッチとトレーニング(鍛え方)のための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用や起始停止)】

【内閉鎖筋】は深層外旋六筋の中では一番最初に作用する筋肉で、筋肉自体は小さくても「てこの原理」で外旋力も強いという特徴があります。 平泳ぎの筋肉とも呼ばれる【内閉鎖筋】の解剖学構造について3D動画(解剖図)を使ってわかりやすく説明してい...
股関節・臀筋・骨盤

【外閉鎖筋(深層外旋六筋)】ストレッチとトレーニング(鍛え方)のための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用や起始停止)】

【外閉鎖筋】は深層外旋六筋で最も深層にあるお尻のインナーマッスルで、深層外旋六筋とは仙骨・腸骨と大腿骨大転子の間を走行する短い筋肉群のことです。 【外閉鎖筋】の解剖学構造を3D動画(解剖図)でわかりやすく解説しています。 【外閉...
股関節・臀筋・骨盤

【大腿方形筋(深層外旋六筋)】ストレッチとトレーニング(鍛え方)のための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用や起始停止)】

【大腿方形筋】は深層外旋六筋の中で最も大きく強力な外旋作用を持つお尻のインナーマッスルで、深層外旋六筋とは、仙骨・腸骨と大腿骨大転子の間を走行する短い筋肉群で、股関節の外旋と骨盤の安定に作用します。 【大腿方形筋(深層外旋六筋)】の解剖...
股関節・臀筋・骨盤

【梨状筋】ストレッチと筋膜リリースのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【梨状筋】とは、仙腸関節と股関節の動きを調整する2関節筋で立位バランスに重要な役割をしているため、立位での安定した動作や股関節の柔軟性が重要なヨガがスポーツなどでは、梨状筋意識したストレッチや筋トレをすることでパフォーマンスが改善しま...
3D筋肉解剖学

【小臀筋】ストレッチとほぐし方のための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【小臀筋】とは、中臀筋の深層にあり股関節機能(中臀筋作用)をサポートするお尻のインナーマッスルです。 【小臀筋】の場所を解剖図(3D動画)で理解して、痛みを解消する効果的な筋膜リリースやストレッチを実践しましょう。 お尻の3つの筋肉(大...
3D筋肉解剖学

【中殿筋】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【中殿筋】とは横のお尻の膨らみを作っている筋肉で、立位・歩行時に骨盤を安定させる重要な作用があります。 中臀筋を正しい鍛え方でトレーニングすると、骨盤を安定させ、脚があげやすくなるので転倒予防や腰痛対策にも有効です。 【中殿筋】...
3D筋肉解剖学

【大殿筋】筋トレとストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

大臀筋は、ウエストと脚の境目とお尻の丸いラインを作る人体最大のアウターマッスルで、歩行、ランニング、スキップ、ジャンプ、スクワット、階段を昇る時など股関節を曲げた状態から伸展する時に強く作用します。 美尻や引き締まったヒップの綺麗なバッ...
股関節・臀筋・骨盤

【骨盤底筋】ヨガとトレーニングのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

骨盤底筋ヨガ、骨盤底筋を鍛えるグッズなど骨盤底筋トレーニングや骨盤底筋体操が女性のみならず男性にも人気ですが、骨盤底筋とはどんな筋肉でしょうか? 【骨盤底筋】の解剖学構造について3D動画を使ってわかりやすく解説しています。 【骨...
胸部・胸郭(呼吸)

【横隔膜】とはどこにある呼吸筋?ストレッチと効果的に鍛えるトレーニングのための【3D動画付き筋肉解剖学(起始停止と働き)】

【横隔膜】とは、膜という名称がついていますが胸郭と腹腔を隔てる位置にある呼吸筋であり、インナーユニットとして運動や姿勢維持でも最もコア(中心)になる筋肉です。 「呼吸が浅い」、「パソコン作業で肩こりがひどい」、「声が出にくい」、「疲れや...
腹筋

【腹横筋】きれいなウエストくびれを作る腹筋コルセット【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【腹横筋】とは、お腹をコルセットのように囲んで内臓を守る腹部の最深層にあるインナーマッスルで、凹んだ下腹、きれいなくびれやウエストラインを作ったり、強く安定したコア(体幹)を作るための基礎になる腹筋です。 【腹横筋】の解剖や作用について...
筋肉まとめ

【インナーユニットとは】インナーユニットトレーニング(鍛え方)のための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学】

インナーユニットとは、骨で保護されていない体幹部分(腹腔)を覆う筋肉群のことで、骨盤底筋群・腹横筋・横隔膜・多裂筋の4筋で構成され、円柱を作るように腹部内臓を囲んでいます。 インナーユニットは、姿勢保持・調整の基礎となる最深層のインナー...
背筋(背中)

【多裂筋】ストレッチとトレーニングのための【3D動画でわかりやすい多裂筋解剖図(作用と起始停止)】

【多裂筋】とは、椎骨間をつなぐように走行する固有背筋深層の筋肉で、背骨のスムースな動きを調整する作用があります。 【インナーユニット】後面の筋肉として体幹を安定させる作用もあります。 【多裂筋】とはどこにあるどんな筋肉かよくわかる多裂筋...
股関節・臀筋・骨盤

【腸骨筋(腸腰筋)】ストレッチや筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

腸骨筋とは、腸骨から大腿骨へ走行し上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉である腸腰筋の一部となる筋肉です。 【腸骨筋】は座り姿勢が多い現代の生活では短縮して硬くなりがちなので、解剖学的構造を正しく理解して効果的なストレッチやトレーニング(筋ト...
股関節・臀筋・骨盤

【小腰筋(腸腰筋)】ストレッチや筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

小腰筋とは、腸骨筋や大腰筋をつなぐように走行して腸骨筋膜を緊張させ、腸腰筋としての作用をサポートしている小さな筋肉です。 上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉である腸腰筋の一部である【小腰筋】の解剖学構造を3D動画を使ってわかりやすく説明し...
股関節・臀筋・骨盤

【大腰筋(腸腰筋)】ストレッチや筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用 起始停止 鍛え方)】

【大腰筋】とは、腰あたりの背骨(上半身)と大腿骨(下半身)をつなぐ筋肉で、腸骨筋および小腰筋と一緒に腸腰筋として股関節運動や立位安定に作用します。 大腰筋(腸腰筋)は座り姿勢が長いと短縮してガチガチと硬い状態になりやすいため、解剖学構造...
大腿

【大腿(太もも)筋肉】名前や種類一覧まとめ【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学】

大腿(太もも)に筋腹があり、股関節・膝関節・骨盤の運動に関与する筋肉を一覧にまとめました。 太もも筋肉の解剖学構造を理解して、効果的なストレッチ、筋トレ、マッサージなどを実践しましょう! 大腿(太もも)筋肉の役割 脚の...
大腿

【薄筋(股関節内転筋群)】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【薄筋】は股関節内転筋群最内側かつ唯一の二関節筋で、骨盤、股関節、膝関節の運動に作用します。 【薄筋】の解剖学構造を理解したストレッチや筋トレで、安定した立位動作と真っ直ぐな美脚を手に入れましょう! 【薄筋】英語と読み方 ...
大腿

【大内転筋(股関節内転筋群)】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【大内転筋】は太もも内側から股関節(骨盤)をサポートする股関節内転筋群の中でも最大かつ最強の筋肉です。 【大内転筋】の解剖学構造を正しく理解した効果的なストレッチと筋トレで、真っ直ぐで綺麗な脚のラインや姿勢と疲れにくく健康的な身体作り...
大腿

【短内転筋(股関節内転筋群)】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【短内転筋】は太ももの内側から股関節(骨盤)を支えて立位バランスを安定させたり真っ直ぐな脚のラインを作る股関節内転筋群のひとつ。 【短内転筋】の解剖学構造を3D動画で確認して効果的なストレッチや筋トレを実践しましょう。 【短内転...
大腿

【長内転筋(股関節内転筋群)】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【長内転筋】は太ももの内側から股関節(骨盤)を支えて、股関節内転運動に作用する股関節内転筋群のひとつ。 【長内転筋】の解剖学構造を理解した効果的なストレッチや筋トレで美脚と美姿勢を作りましょう。 【長内転筋】英語と読み方 ...
大腿

【恥骨筋(股関節内転筋群)】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【恥骨筋】は恥骨から大腿骨へ走行して、太もも内側から股関節(骨盤)を支えて股関節内転に主に作用する股関節内転筋群のひとつで、骨盤を安定させて立位での真っ直ぐな脚のラインを作ったり、立位バランスを調整しています。 恥骨筋の解剖学構造を理解...
大腿

【縫工筋】ストレッチとトレーニングのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【縫工筋】は大腿前面を斜めに走行する人体最長の筋肉で、股関節(骨盤)と膝関節の運動に作用する2関節筋です。 【縫工筋】はランニングなどの運動で酷使されがちな筋肉で、膝関節炎(痛み)を引き起こすこともあり、縫工筋の柔軟性が低下して固い状態...
大腿

【大腿筋膜張筋】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【大腿筋膜張筋】とは、名前の通り大腿筋膜を緊張させる筋肉で、腸骨から腸脛靭帯となり脛骨まで走行するため、股関節・膝関節・骨盤の運動に作用します。 【大腿筋膜張筋】の主な作用は股関節の外転ですが、股関節屈筋として他の筋肉と一緒に働くときは...
大腿

【内側広筋(大腿四頭筋)】ストレッチと筋トレための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【内側広筋】は、大腿四頭筋内側の筋肉でまえもも内側のラインを作っています。 【内側広筋(大腿四頭筋)】の解剖学構造を3D動画で学んで、効果的なストレッチや筋トレを実践していくつになっても膝関節痛のないきれいな膝がある美脚を維持し...
大腿

【外側広筋(大腿四頭筋)】ストレッチと筋トレための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【外側広筋】は大腿四頭筋外側の筋肉で、膝関節運動に作用します。 脚のライン(太もも外側)にも影響する筋肉なので、【外側広筋(大腿四頭筋)】の解剖学構造を理解した効果的な筋トレやストレッチで、膝関節痛を予防!きれいな膝の美脚を作って維持し...
大腿

【中間広筋(大腿四頭筋)】ストレッチと筋トレための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

中間広筋は大腿四頭筋の一部で大腿直筋の深層に位置して、股関節の屈曲角度により膝伸展力が変化する二関節筋の大腿直筋を補助するように働く純粋な膝関節伸展筋です。 中間広筋(大腿四頭筋)解剖学構造を理解して効果的な筋トレやストレッチを実践しま...
大腿

【大腿直筋(大腿四頭筋)】ストレッチと筋トレための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【大腿直筋】は大腿四頭筋の中心になる筋肉で、大腿四頭筋唯一の股関節をまたぐ二関節筋です。 膝を含む前もものラインを作り、歩行時に足をあげる筋肉として重要な役割がある大腿直筋(大腿四頭筋)の解剖学構造を理解したストレッチや筋トレを実践して...
大腿

【半腱様筋(ハムストリングス)】筋トレとストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【半腱様筋】は、ハムストリングス内側の筋肉で、縫工筋および薄筋とともに鷲足を形成します。 ハムストリングスは、短縮や柔軟性低下で固い状態になりやすい筋肉なので、解剖学的構造を正しく理解したストレッチや筋トレで、柔軟性向上と美姿勢・美尻・...
大腿

【半膜様筋(ハムストリングス)】筋トレとストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【半膜様筋】はハムストリングスの内側にある「内側ハムストリングス」とも呼ばれる筋肉で、膝関節を膜で包み伸ばした膝を安定させる作用があります。 半膜様筋、半腱様筋、大腿二頭筋で構成されるハムストリングスは、短縮したり柔軟性が低下して固い状...
大腿

【大腿二頭筋(ハムストリングス)】筋トレとストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

大腿二頭筋は、ハムストリングスの外側部なので「外側ハムストリングス」とも呼ばれる裏ももの筋肉です。 大腿二頭筋(ハムストリングス)は日常生活でも酷使されがちで、筋肉の柔軟性が低下したり、短縮して固い状態になると腰痛や膝痛などの原因にもな...
3D筋肉解剖学

【斜角筋】ストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(トリガーポイント、触診、起始停止)】

斜角筋とは頸椎と肋骨をつなぐ首前横面にある筋肉群で、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋と3つの筋肉に別れます。 斜角筋はスマホやパソコンの長時間使用や力仕事で凝りやすく、「斜角筋症候群」と呼ばれる斜角筋隙絞扼(胸郭出口症候群)による手や腕のし...
胸部・胸郭(呼吸)

【大胸筋】筋トレとストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【大胸筋】は胸部にある大きく強力な筋肉で、男性では胸板・女性でバストアップなど見た目に大きく影響するのはもちろん、腕の運動や肋骨を動かす呼吸補助筋としても作用します。 【大胸筋】を鍛えるトレーニングメニューで、正しく大胸筋筋トレやストレ...
タイトルとURLをコピーしました