mydr123の記事一覧

mydr123記事一覧

  1. 正しい姿勢の修正方法と維持する方法

    良い『姿勢』の作り方『姿勢』が良いことのメリットとデメリット良い『姿勢』の基準良い『姿勢』の保ち方『姿勢』が良いと人生が良くなります。

  2. 首回しは危険?!首こりを解消効果的に解消する方法

    「首周りの筋肉」が凝ると、眼精疲労や頭痛、肩こりにもつながります。首こりの原因と効果が持続する根本的な解消方法、よくある勘違いや間違いについてもまとめました。

  3. ヨガ効果を高めてリスクを減らす【リセットポーズ】

    ヨガポーズは目的のポーズをやりっぱなしにしてはいけません。ポーズで生じた負荷や負担をリセットするポーズとセットで行うことで、リスクを予防して効果を最大限高めることにつながります。ヨガのリセットポーズについてまとめました。

  4. 効果的なヨガ練習方法とシークエンスの組み方

    「憧れのヨガポーズに挑戦したい」「早く上達したい」でも怪我せず安全に行いたいですよね。ヨガレッスン(シークエンス)の組み方やデザインの仕方次第で、実感できる効果も上達速度にも大きな違いが出ます。

  5. どこでも簡単にできる!怠けた身体を起こす【ウェイクアップエクササイズ】

    座りっぱなしの仕事、夏は猛暑とクーラーでだるいし、冬は寒くて動きたくない。「運動不足」を自覚していても、怠けることを覚えた身体はそう簡単に言うことを聞いてくれません。

  6. 【ヨガのバランスポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    ヨガポーズの中にはバランス能力強化に優れたポーズがたくさんあります。バランス能力強化が期待できるヨガポーズの正しいやり方やできない時の効果的な軽減方法や注意事項についてまとめました。

  7. 【逆転ヨガポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    【逆転ヨガポーズ】とは、背骨を普段生活している状態と上下反対(上半身や頭が下で下半身が上)になるポーズのことです。

  8. 【背骨(軸)を伸ばすヨガポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    【背骨(軸)を伸ばすヨガポーズ】とは、背骨の生理的湾曲を整えながら運動軸として背骨の椎間を広げるように上下に伸ばす要素が含まれるため、あらゆるヨガポーズの土台(基礎)を作るポーズであるとも言えます。

  9. 【ヨガ解剖学】正しいヨガポーズの基本とよくある間違い

    【ヨガポーズ】は、ポーズを深めれば深めるほど、回数をやればやるほど効果が高まると「勘違い」していませんか?【ヨガポーズ】ではリスクとベネフィットは常に表裏一体です。

  10. 【側屈ヨガポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    背骨の【側屈】は普段の生活ではほとんど意識しませんが、【側屈ヨガポーズ】を正しく行うことで、背骨や椎間組織の機能と呼吸機能を高める優れた効果があります。

  11. 【ツイスト(ひねり)ヨガポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    「背骨にエネルギーを与える」効果があると表現される【ツイスト(ひねり)ヨガポーズ】は、背骨を回旋させることにより椎間組織の弾性を高め、背骨と肩甲帯、背骨と骨盤帯の連携を調整する効果に優れています。

  12. 【後屈ヨガポーズ解剖学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    【後屈ヨガポーズ】とは、猫背姿勢になりがちな姿勢の問題を解消してくれるストレッチと筋トレ要素が含まれ、正しく実践すれば優れた美容健康効果を期待できますが、腰や首を痛めるリスクも非常に高いヨガポーズです。

  13. *【前屈ヨガポーズ解剖学 & 運動学】ヨガのやり方と効果がわかるイラスト図解

    【前屈ヨガポーズ】とは、股関節から身体を折り曲げるように身体の上前面(胸やお腹)と下前面(太もも)を近づけていくポースで、やり方次第で様々な美容健康効果があります。

  14. 【ディープフロントライン(DFL)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学⑥

    筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、最もコアにあり姿勢の軸を支える【ディープフロントライン(DFL)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説します。

  15. 【アームライン(AL)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学⑤

    筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、体幹軸から肩甲帯を経由して、腕、手、指までつながる4つの筋膜ラインを含む【AL(アームライン)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説します。

  16. 【機能線(FL)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学⑤

    筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、アームラインと体幹をつなぐように走行して運動のパフォーマンスアップに機能する【FL(ファンクショナルライン:機能線)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説します。

  17. 【ラセン線(SPL)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学④

    筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、足底から頭部まで身体の周りを左右2つの対抗するラセンで包み込む【SPL(スパイラルライン:ラセン線)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説します。

  18. 【外側線(LL)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学③

    筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、足底から頭頂部まで背面を一直線につなぐ【LL(ラテラルライン:外側線)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説します。

  19. 【スーパーフィシャルフロントライン(SFL)】アナトミートレイン・イラスト図解解剖学②

    筋膜の機能的なつながりである「アナトミートレイン」のうち、足背から頭皮まで身前面を2本のラインでつなぐ【SFL(スーパーフィシャルフロントライン:浅前線)】についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説します。

  20. 「骨」の構造(解剖学)と役割(生理学):人体の柱の基礎知識

    骨(ホネ)の解剖学と生理学二本足歩行をする人間が重力に対して安定した生命体構造を維持するためには、筋肉と骨による筋骨格系が軸となります。 まずは、骨と筋肉の基本的な役割について整理しましょう。

  21. 憧れの【180°開脚】を目指す!柔軟性を高めるストレッチの正しいやり方

    身体の柔らかさを象徴する【開脚】は、身体が柔らかくなりたいとトレーニングやエクササイズに励む誰もが憧れて目指したいポーズです。

  22. 【ウォーミングアップ】と【クールダウン】の正しいやり方

    スポーツ、運動、エクササイズを始める前には【ウォーミングアップ】、終わった後には【クールダウン】をしますが、正しいやり方や目的を理解していますか?正しいストレッチ方法と正しいタイミングで取り入れていますか?怪我や筋肉...

  23. 正しい【ストレッチ】とは?ストレッチの種類と効果の出るやり方

    【ストレッチ】は、運動のウォーミングアップやクールダウン、柔軟性を高めるための手段として取り入れられることが多いですが、目的を達成するために効果的な「ストレッチ」の種類を選んで正しいやり方で実践できていますか?【ストレッチ】...

  24. 【柔軟性とは?】身体を柔らかくするために重要なこと

    「身体が柔らかい」くなりたいとストレッチやヨガに励む人はたくさんいますが、そもそも身体が柔らかさ(柔軟性)とは何か理解して自分に適した効果的なエクササイズができている人はあまりいません。

  25. 【甲状舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【甲状舌骨筋】は、嚥下時の舌骨引き下げの他、高音を出す時の咽頭の動きにも作用します。【甲状舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  26. 【胸骨甲状筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸骨甲状筋】は舌骨下筋群深層部の筋肉で、甲状腺など頸部の神経血管および腺など重要な多数の器官と隣接しています。【胸骨甲状筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  27. 【肩甲舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【肩甲舌骨筋】は、二つの筋腹を中間腱を介して結合して肩甲骨から舌骨まで走行している筋肉で、嚥下後に舌骨と咽頭を押し下げて嚥下中に閉じた気道を再開通する役割があります。

  28. 【胸骨舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸骨舌骨筋】は舌骨を鎖骨と胸骨に接続し、嚥下中に挙上された舌骨を元の位置に戻して気道(呼吸)を再開する作用があります。【胸骨舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  29. 【虫様筋(手内在筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【虫様筋】は、屈筋腱から起始して伸筋腱に停止するユニークな構造の筋肉で、中手指節関節(MCP)の屈曲と指節間(IP)関節の伸展に作用します。【虫様筋】解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  30. 【小指伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小指伸筋】は「総指伸筋」の内側を走行して、第5指(小指)の独立した伸展運動に作用する筋肉です。【小指伸筋】の解剖学構造をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  31. 【小趾対立筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小趾対立筋】は、足底外側部にある小さな筋肉で第5趾の外転と屈曲に作用します。【小趾対立筋】の構造についてイラスト動画を使ってわかりやすく説明しています。

  32. 【短母趾伸筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母趾伸筋】は足背筋群最内側の筋肉で、「長母趾伸筋」や「短趾伸筋」と一緒に働いて、歩行やランニングの際につま先が地面に引っかからないように作用しています。

  33. 【短趾伸筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短趾伸筋】は足背筋肉群に分類される筋肉で、他の筋肉群をサポートしながら、足趾(つま先)伸展に作用しています。【短趾伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  34. 【足底筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【足底筋】は、「腓腹筋」とほぼ同じ走行で「腓腹筋」深層を走行する細長い筋肉です。【足底筋】 の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  35. 【錐体筋】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【錐体筋】は、白線の両側にある三角形の小さな筋肉で、「腹直筋」と共に腹壁を強化して内臓を保護したり、腹圧が必要な活動(呼吸・排泄・発声など)を司る役割があります。

  36. 【肋下筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【肋下筋】は、内肋間筋と同じ走行で2-3肋骨をまたぐように走行している呼吸補助筋(胸郭深層筋)です。【肋下筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  37. 【胸横筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸横筋】は胸郭前面深層で、胸骨と肋骨を繋ぐように走行している呼吸補助筋です。【胸横筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  38. 【鎖骨下筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【鎖骨下筋】は鎖骨下にある小さな筋肉ですが、鎖骨を肩甲帯に安定させ、鎖骨下の神経や血管を守る役割があります。【鎖骨下筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  39. 【肋骨挙筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)

    【肋骨挙筋】は、胸郭背面で胸椎と肋骨をつなぐように走行する小さな呼吸補助筋で、背筋最深層部にあります。【肋骨挙筋】はについてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  40. 【顎関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【顎関節】は頭蓋(頭および顔部分)唯一の可動関節で、摂食および咀嚼、発声などにおいて重要な役割があります。【顎関節(側頭下顎関節)】の運動方向や可動域(ROM)】についてイラスト図解を用いてわかりやすくまとめました。

  41. 関節とは?関節の種類と運動方向(運動面)の基礎知識まとめ

    『関節』の構造がわかると運動がわかる! 【関節】は、骨と骨をつないで人体の姿勢や運動軸を作り、筋肉の収縮による運動方向や可動域を決める重要な要素です。

  42. 【手首・手・手指関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【手部(手首〜ゆび先まで)】は、片手で27個(両手合わせると54個)構成されていて、それぞれの骨結合ごとに関節面があります。

  43. 【肩甲骨】とは?肩と姿勢のバロメーター【イラスト図解でわかりやすい骨解剖学】

    【肩甲骨】は、胸郭背面(背中上部)に左右対称ある薄い三角形の骨で、「天使の羽」と呼ばれたりもします。【肩甲骨】は肩関節の主要な構成要素で肩関節可動域や姿勢評価の指標にもなります。

  44. 【肩甲上腕リズム】肩関節における腕と肩甲骨の動きの関係

    【肩甲上腕リズム】とは、【肩関節複合体(肩甲帯)】作用(運動)おいて、上腕骨と肩甲骨の運動学的相互作用のことです。

  45. 【ローテーターカフ(回旋筋腱板)】とは?「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」筋肉解剖学(起始停止・作用)

    【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】とは、4つの筋肉:「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」で肩甲上腕関節を包み込むような腱板構造のことです。

  46. 【四十肩(五十肩)】とは?肩こりや腕の上がりにくさとの違い

    40代〜50代の肩が腕が上がりにくいとか腕を動かすと痛みがあると「四十肩」とか「五十肩」とか言われますが、これは病名や症状を表す正確な言葉ではありません。

  47. 【表情筋(顔の筋肉)種類まとめ】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    【表情筋】(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方やコンディション(柔軟性や筋力)で大きく変わります。

  48. 【頭の筋肉まとめ】種類と構造〜イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    頭皮(フケや匂い対策)や髪の毛(抜け毛、薄毛、白髪予防など)トラブルのケアについては熱心な人でも、【頭の筋肉】のケア(コリ解消)はピンと来ないかもしれません。

  49. 【側頭筋】頭痛や噛み合わせ問題解消マッサージの正しいやり方【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【側頭筋】は、側頭から下顎骨を引き挙げ咀嚼運動(口を閉じる)で活躍する側頭部ある面積の広い筋肉です。

  50. 【後頭筋】眼精疲労や頭のコリをリフレッシュする方法【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【後頭筋】は、頭部後面にある筋肉で、筋膜を介して表情や目を閉じる運動などに作用します。【後頭筋】機能が低下すると目を閉じにくくなったり、逆に過緊張状態が続くと頭痛や歯痛、目尻のシワ増加、眼精疲労につながる場合があります。

  51. 【前頭筋】おでこのシワをほぐすマッサージのやり方【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【前頭筋】は、眉毛を挙上しておでこに横皺を作る筋肉で、考え事や心配事が多かったり、パソコン作業やスマホの長時間使用で緊張して硬直しやすい傾向があります。

  52. 【帽状腱膜】ケアで頭皮・髪・顔のトラブル解消【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【帽状腱膜】は、人体最上部にある筋膜で、頭頂部から後頭部にかけて帽子のように頭蓋骨を覆っています。頭部の筋肉である前頭筋・後頭筋・側頭筋と直接的につながり、足裏から背面を通る背面筋肉のつながり(SBL)の上端でもあります。

  53. 【大殿筋】筋トレとストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【大臀筋】は、お尻の丸みと脚と境目を作る人体最大のアウターマッスルす。歩行、ランニングなどの運動に大きな力を発揮する他、姿勢保持においても骨盤と股関節を安定させる重要な役割があります。

  54. 【大腿筋膜張筋】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【大腿筋膜張筋】とは、骨盤前外側面に筋腹があり、大腿筋膜や腸脛靭帯と結合して骨盤安定や股関節運動に大きな影響を及ぼす筋肉です。

  55. 【仙腸関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【仙腸関節】は、【骨盤】の構成要素でもあり、脊柱(椎間関節)および股関節(下半身)の動きに連動する衝撃を吸収し、姿勢やバランス調整に重要な役割を果たす人体の関節のひとつです。

  56. 【頭蓋】頭蓋骨(頭と顔を作る骨)構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    頭と顔を構成する人体で一番上にある骨構造である【頭蓋】と頭蓋を構成する【頭蓋骨】ついてイラスト図解付きでわかりやすく解説しています。【頭蓋】は、ひとつの骨ではなく、15種類(23個)の【頭蓋骨】で構成されています。

  57. 【寛骨(腸骨・坐骨・恥骨)】と【骨盤(寛骨・仙骨・尾骨)】骨構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    「骨盤矯正」「骨盤チェック」「骨盤の歪み」「骨盤底筋群」など姿勢矯正(整体など)場面や、ヨガポーズ、スポーツや運動メニューのやり方説明をする時なども含めて【骨盤】という言葉をよく聞きますが、そもそも【骨盤】とはどんな骨構造か正しくイ...

  58. 【脊椎(脊柱・背骨)〜頸椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨〜】構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    集合体を支える人(物)のことを【大黒柱】と言いますが、人体(骨格)の大黒柱は背骨(脊柱)です。

  59. 【大腿骨】太もも骨構造【イラスト図解でわかりやすい骨解剖学】

    【大腿骨】は人体のふともも部分を構成する管状の長く強い骨であり、股関節と膝関節の一部として姿勢や運動に関与しています。

  60. 【股関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【股関節】とは、骨盤と大腿骨で構成される関節です。名前の通り、人体の中心にある「股」を構成する大きな関節であり、上半身を支えて姿勢を保持したり、歩行や立位での下半身(脚)運動に大きな役割を果たしています。

  61. 【深層外旋六筋】イラスト図解!ストレッチとトレーニングのための【筋肉解剖学(作用や起始停止)】

    【深層外旋六筋】とは、お尻の深層にあるインナーマッスル6筋:【梨状筋】【内閉鎖筋】【外閉鎖筋】【下双子筋】【上双子筋】【大腿方形筋】の総称です。

  62. 【縫工筋】ストレッチとトレーニングのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【縫工筋】は腸骨から大腿前面を斜めに脛骨内側部まで走行する人体最長の筋肉で、股関節(骨盤)と膝関節運動に作用します。

  63. 【大腿(太もも)筋肉】全種類まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    大腿(太もも)にメインとなる筋腹がある筋肉は、前ももの筋肉(膝関節伸筋群:大腿四頭筋)、後もも(膝関節屈筋群:ハムストリング)、内もも(股関節内転筋群)の3つに大きく分けられます。

  64. 【股関節内転筋群】内ももの筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【股関節内転筋群】とは大腿(太もも)内側(お腹側)にある5筋:「恥骨筋」「長内転筋」「短内転筋」「大内転筋」「薄筋」の総称です。

  65. 【大腿四頭筋】前ももの4つの筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【大腿四頭筋】とは、大腿前面(太ももの前側)にある4筋:「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」の総称です。

  66. 【ハムストリング】ダッシュや柔軟に重要なもも裏筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【ハムストリング】とは太もも裏側に筋腹がある3筋(4頭):「大腿二頭筋」「半腱様筋」「半膜様筋」の総称です。

  67. 【腸腰筋】を正しく鍛えて100歳まで腰が曲がらず元気に歩く!【腸腰筋ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【腸腰筋】は上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉であり、最強の股関節屈筋として強い力を発揮したり、立位姿勢保持筋としても重要な役割をしています。

  68. 【足根骨・中足骨・足趾骨】イラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    【足根骨・中足骨・足趾骨】は、立位歩行においては唯一地面と直接面する骨です。

  69. 【腹直筋】割りたい腹筋【わかりやすいイラスト筋肉解剖学と正しいトレーニングのやり方】

    【腹直筋】とは、一般的に腹筋と呼ばれるお腹前表面にあるシックスパックや腹部縦ラインとして意識されている魅せ筋肉(アウターマッスル)の正式名称です。

  70. 血液と血管が作る血流の役割

    血液は全身に張り巡らされた血管という専用通路を使って、細胞や臓器に必要な様々な物質の運搬を担う全身をめぐるライフラインです。血液のめぐりが良いと健康で冷え性、むくみ、肩こりや関節痛、肌荒れなどの悩みが起こりにくくなります。

  71. 脳のネットワーク

    100年に一度と言われる「コロナウィルス」の蔓延は年単位の戦いになり、世界中で働き方を始めとする生き方そのものを大きく変える必要性に迫られています。

  72. 自分に合った目的を達成できるエクササイズや運動メニューの選び方と正しいやり方

    希望通りの結果を出すための『運動方法』の選び方と正しいやり方「運動しなくちゃ!」と思うきかっけやエクササイズをすることで目指す理想の自分像が様々あるように、運動メニューの種類もたくさんあります。

  73. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑬深呼吸【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  74. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑫腕を振って脚を曲げ伸ばす運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  75. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑪両脚で跳ぶ運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  76. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑩体を倒す運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  77. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑨体をねじり反らせて斜め下に曲げる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  78. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑧片脚跳びとかけ足・足踏み運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  79. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑦体をねじる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできている人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  80. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑥体を前後に曲げる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  81. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】⑤体を横に曲げる運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  82. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】④胸を反らす運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  83. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】③腕を前から開き回す運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  84. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】②腕と脚を曲げ伸ばす運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  85. 【ラジオ体操第2の正しいやり方】①全身をゆする運動【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

    みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  86. 【ラジオ体操第一⑬深呼吸】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    「なにか運動しないと!」と思ったらまず選択肢に入れて欲しい【ラジオ体操第一】は、わかりやすいシンプルな体操の組み合わせで、たった3分で終わるのに、全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  87. 【ラジオ体操第一⑫腕を振って脚を曲げ伸ばす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである「ラジオ体操第一」は13項目の体操の並び順にもちゃんと効果を高める意図が組みこまれています。

  88. 【ラジオ体操第一⑪両脚で跳ぶ運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    シンプルだけど現代人の悩みにしっかりアプローチできる「ラジオ体操」は、たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  89. 【ラジオ体操第一⑩体を回す運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    本気で丁寧にやればたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである【ラジオ体操】。

  90. 【ラジオ体操第一⑨体を斜め下に曲げ胸を反らす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    本気でやってみるとかなり効く(効果が高い)ことに気が付く「ラジオ体操」は、たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

  91. 【ラジオ体操第一⑧腕を上下に伸ばす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    よく知っているいるようで、正しいやり方が意外とわかっていない「ラジオ体操」。「ラジオ体操」は正しく丁寧に実践すれば、たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズになります。

  92. 【ラジオ体操第一⑦体をねじる運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    たった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである【ラジオ体操第一】。シンプルで続けやすい体操だからこそ、正しいやり方を理解すれば嬉しい効果を実感できます。

  93. 【ラジオ体操第一⑥体を前後に曲げる運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    たった3分でも全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズなのに、正しくできている人が少なく真価が発揮されていない【ラジオ体操第一】。

  94. 【ラジオ体操第一⑤体を横に曲げる運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    私たちは自分が思っている以上に高い運動能力があるのですが、日常生活で動かす範囲は限られているため、お休みしてしまっている筋肉や機能(能力)が結構あります。

  95. 【ラジオ体操第一④胸を反らす運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズである「ラジオ体操」の4番目に登場する「④胸を反らす運動」は、胸郭や胸椎を柔軟に動かすことで、猫背を解消して姿勢を整えたり、呼吸を深める効果が高いので、現代人のよくある体...

  96. 【ラジオ体操第一③腕を回す運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    知らない人はいないくらい有名な国民体操「ラジオ体操」ですが、正しい動きで行って、優れた効果を最大限実感できている人は多くありません。

  97. 【ラジオ体操第一①伸びの運動】ラジオ体操正しいやり方【イラスト図解説と筋肉解剖学】

    誰でもできるように構成されていてみんな1度はやったことがある【ラジオ体操第一】は、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強ダイエット運動メニューでもあるのですが、正しくできている人(効果を最大限に実感できている人...

  98. 【ラジオ体操】は最強ダイエット運動メニュー?!【イラスト図解付き解剖学】

    ラジオ体操とは「いつでも、どこでも、だれでも」がコンセプトの通り、老若男女誰でもやりやすく解剖学観点からみても本当によくできていると実感します。

おすすめカテゴリー記事