子供の脳発達や発育に関するよくある間違い〜将来スポーツ選手や世界で活躍する人材する教育方法〜

身体、脳機能や神経経路、精神機能の発達過程を理解していると子供の成長やパフォーマンスアップのための適切な教育指導法も見えてきます。

子供は日々の生活や遊びの中で様々なことを覚えて学びながら心身機能を発達させていきます。

「スポーツ選手になりたい」「国際社会で通用する力を身に付けたい」など子供に対する期待はついつい高くなりがちです。

間違った教育や指導をして子供の無限の可能性を奪わないためにも、正常の発達機能や個人差を受け止め、適切に対応する必要があります。

発達を医学的に理解して子供のパフォーマンスを高めるサポートをしよう!

本格的なスポーツトレーニングは低年齢から始めた方が良い?

オリンピックなどでは常に「最年少記録」に注目が集まりますが、オリンピックに出場したり、プロスポーツ選手になったり、将来活躍するスポーツ選手になるためには、とにかく小さい頃から本格的な練習を始めることが重要だと思っている人は多いかもしれません。

もちろん低年齢から本格的なトレーニングを始めるメリットはありますが、忘れてはいけない重要な視点があります。

幼少期に特殊トレーニングを行うリスク

幼少期から本格的なトレーニングを始めると、経験をより多く積める、変なクセやこだわりがないので伸びやすいなど、メリットはたくさんありますが、子供の心身機能発達過程を尊重した上で適切なプログラムを組まないと逆効果になる可能性があります。

プロを目指すレベルのスポーツの場合は特に、日常とはかけ離れた特殊な身体の使い方をします。

それぞれスポーツ特有の特殊な動きがあり、それを身につけて競い合うレベルまで高めるには、身体が出来上がった大人の選手でさえも、常に心身を壊してしまうリスクと常に隣り合わせという過酷な世界です。

心身がまだ未発達の子供の場合は、あまり特殊すぎる動きばかりを幼少期に練習させてしまうと、正常な発達を阻害してしまうリスクもあります。

10歳までは特に注意

特に子供の身体は発展途上で、これまでに経験したことのない動きや身体の使い方を日々の活動の中で覚えていきます。

一般的に【10歳頃までがゴールデンエイジ】と言われていて、この時期までにいろんな動きを経験して覚えておくことで将来の活動の幅が大きく変わってきます。

様々な経験を楽しみながら行う過程で、本人がものすごく興味を示したり、得意と思われる分野が見つかってから、専門的なトレーニングに移行していく方法が実は最も結果がでるというデータがあります。

もちろん、すでに決まった分野があるのであれば、幼少期から発達過程に合わせてトレーニングを始めること自体は効果的ですが、10歳頃まではできるだけたくさんの種類のスポーツにしかも親子で楽しみにながら触れ、人間としての成長の中でバランスの取れた機能を育てて行くという視点だけは忘れないようにしておくことを強くお勧めいたします。

適性を見極めバランスをとる視点が重要

【適性を見極めバランスをとる視点】は、企業や学校などでの一般的な指導や教育にも通じています。

相手の可能性と能力をきちんと評価して、個性を理解して、時間をかけて育てていくことは、どんな場面でも結果を効率よく出すためのキーポントになります。

成長には必ず個性があって、特に幼少期は他人と比較することにメリットはありません。

他と比べてなぜできないのか!と焦る必要はまったくなく、その人のペースや個性に合わせての成長曲線が必ずあるので、そこにフォーカスして必要な指導やフォローをしていくことが何より重要です。

理想のパフォーマンスに至るためにはそれ相応のプロセスを踏む必要があり、根性論や理想論だけでは決してたどり着けるものではありません。

早すぎる段階で周りと比較したり、過度に狭い視点で無理を強いることは長い目でみるとマイナスの結果しか生みません。

よかれと思って相手の可能性を奪い、結果自分自身も苦しくなったりしていませんか?

親の「頑張り」が子供の成長を妨げている?

長年裁判所で、児童の裁判に関わっている方がとても「裁判沙汰になる子供に100%共通すること」があると、とても興味深いをことをおっしゃっていました。

100%、つまり全く例外がないということで、誇張でもなんでもなく、100%だと断言していました。

裁判沙汰になる子供に100%共通する親のある行動

「裁判沙汰になる子供に100%共通すること」とは、「親が口を出しすぎる」だそうです。

ちょっと驚きますが、そのあとの解説を聞いていくと納得できます。

「親が口を出しすぎる」とは、具体的に「子供が何か意見を言おうとしても、親がいつも横から先に言ってしまう。」「子供が自分の意志で何かしようと思っても親が予定を組み、その通りにやらせようとする。」などで、子供が自分で何かを表現する機会を親が奪ってしまうことによって、子供の心(脳)はものすごく大きなストレスにさらされます。

しかも、親は良かれと思ってやっているので、そのストレスから逃れることが困難な状態が長時間続きます。

そのうち子供は思考停止(考えることができなくなる)になって、鬱に近い状態になるか、どこかに発散の場所を求めることになります。

未熟で社会経験も十分にないため善悪の判断も上手にできませんし、行動範囲も選択肢も狭い中で、ストレスを解消するために行った行動が結果他人に迷惑をかけ、裁判沙汰となったとしても決して不思議ではありません。

医学的に考えてみても、長い時間の回避困難なストレスが与えられると脳内でのストレス反応では制御しきれなくなり、一部の脳内物質が過剰に反応した状態が起こり、キレたり何らかの問題行動や異常行動が起こりえることは十分に説明ができます。

表現力が未熟な子供であればあるほど、何かしらの行動で表現される部分が大きくなります。

もちろん親がうるさいからと言って100%子供が裁判沙汰になる訳ではありませんが、裁判沙汰になる子供の100%にこのような家庭の事情があるという事実は、医学的な観点からも興味深く、注目すべきことだと思います。

野村克也さんも実践!教えないコーチは名コーチ

野球のメジャーリーグでは「教えないコーチは名コーチ」という格言があります。

「野村再生工場」と言われた野村克也さんもこの教えない教え方で選手やチームを成功に導いてきたといいます。

プロ野球では、バッティング・ピッチング・守備・走塁・バッテリーなど分野ごとにコーチがいて、それぞれが専門的に技術的な指導を行っていますが、あまり手取り足取り教えてしまうと選手が自分で考えなくなってしまうので、コーチたちに「なるべく教えるな(選手が自ら質問するように対応しろ)」と伝えてきたそうです。

「なぜそうなったのか?」「何のためにその練習をするのか?」「どんな練習をすれば課題を克服できるのか?」など、本番を想定して自分で考えて実践するのと、ただ言われた通りに形だけ練習するのでは、マニュアルのない本番では特に結果に大きな差が出ます。

野村さんも教えるのではなく、まず質問して考えさせることを意識し、もし何か意見をいう場合でも「自分はこう思うがどう思う?」と必ず本人に結論を出させるようにしていたとのことです。

考えるとは脳を鍛えること。
脳を鍛えればどんな場面でも最適なアクションを起こせるようになります。

 

 

 

 

脳を含めた心身の仕組み理解すれば子供の可能性を高められる

脳は人間の生命維持だけでなく、運動もこころの動きもあらゆる可能性をコントロールする人間の総司令官です。

子供の柔軟な脳は、水を吸い込むスポンジのように多くを学び吸収していきます。

子供たちの可能性を引き出すことも殺すこともできてしまう教育のあり方を考えるときに、脳の仕組みを知っていることは大きなアドバンテージになるはずです。

また、脳について学ぶことで子供の教育だけでなく、社員教育や社員のパフォーマンスの向上、認知症の予防などにも絶大な効果を発揮します。

脳トレーニングとは人生のトレーニングといっても過言でありません。

もちろん、身体機能や運動パフォーマンスの向上にも脳と神経機能が関与します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事