【前鋸筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【前鋸筋】は、肋骨から脇の下を経由して肩甲骨へと走行する鋸状のインナーマッスルで、肩甲骨を肋骨面に安定させる姿勢筋として、呼吸を補助する呼吸筋として、そして、ボクサーのパンチ、野球のピッチング、バレーボールのスパイク時などのように腕を前方に素早く出す動作の際によく作用します。

【前鋸筋】の解剖学的構造を理解して、【前鋸筋】に効果的なトレーニング(正しい鍛え方)を実践しましょう。

【前鋸筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【前鋸筋】は胸壁側面にある扇状の筋肉で、肩甲骨と胸筋の下層(深層)にあります。

各肋骨から起始し、鋸状(ギザギザ)になっている様子から名前がついています。

  • 名称:前鋸筋
  • ふりがな:ぜんきょきん
  • 英語名:Serratus Anterior

【前鋸筋】の主な作用は、肩甲胸郭関節における肩甲骨の運動と安定で、肩関節や上腕骨(上肢)運動に関与します。

【前鋸筋】起始・停止

【前鋸筋】は、第1〜第8(9)肋骨から起始して肩甲骨前面(肋骨面の上角から下角まで)に停止します。

【前鋸筋】の筋束は更に3つに分類できます。

起始 停止
上部 第1-2肋骨、肋間筋膜 肩甲骨上角前面
中部 第2-3肋骨 肩甲骨内側縁前面
下部 第4-8/9肋骨 肩甲骨下角と内側縁前面

【前鋸筋】下部繊維は、第10肋骨まで伸びて外腹斜筋と混ざり合っている人もいるなど起始部に個人差がありますが、一番発達していて強力に作用を発揮するパーツです。

【前鋸筋】作用

【前鋸筋】は肩甲骨運動と安定に作用します。

また、肩甲骨固定されている時は、肋骨を引き上げて呼吸補助筋としても作用します。

関節 作用
全体 肩甲胸郭関節 肩甲骨を前外側に引く、肩甲骨を胸郭に安定させる
下部繊維 肩関節 屈曲(前方挙上):90度まで
上部繊維 肩甲胸郭関節 肩甲骨引き下げ

【前鋸筋】が全体的に収縮すると、肩甲骨が前外側へ移動する力(作用)が生じます。

【前鋸筋下部繊維】は、肩甲骨下部が引っ張るので、肩関節が上がる、つまり、肩関節挙上90度までに作用します。

【前鋸筋上部繊維】は、肩甲骨引き下げに作用して、【前鋸筋下部繊維】と拮抗します。

【前鋸筋】は肩甲骨を肋骨面に安定させる姿勢筋としても重要で、腕を前に出して物を押す時にもよく働きます。

ボクサー筋がストレートパンチを打つとき、野球のピッチング、バレーボールのスパイク時、空手で相手を引き寄せる時など腕を素早く前方へ出す時に特に強く作用する筋肉としても有名です。

前鋸筋が弱化すると肩甲骨が背中に羽のように浮き出た状態:「翼状肩甲」になったり、腕で自重を支えるような腕立てなどの筋肉トレーニングが難しくなります。

【前鋸筋】神経支配

【前鋸筋】は、腕神経叢の枝である長胸神経(C5-C7)支配です。

  • 長胸神経(C5~C7)

【前鋸筋】触診

【前鋸筋】は、「大胸筋」と「広背筋」の間で簡単に触診できます。

【前鋸筋】が発達しているアスリートなどでは、腋窩の肋骨あたりで目視もできます。

腕を組むなどして肩関節を内転させた時に脇の下の肋骨部分の盛り上がりを作っている筋肉が【前鋸筋】です。

【前鋸筋】筋トレとストレッチ(正しいトレーニングと鍛え方)

【前鋸筋】は肩関節90度屈曲位で肩甲骨を胸郭に押し付けるように腕を前に出す運動で筋トレできます。
【前鋸筋】の解剖学的構造をイメージしながらストレッチポールや壁などとうまく使って負荷や収縮を調整しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事