前鋸筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

鋸状に肋骨と肩甲骨の下面に付着して肩甲骨を肋骨面に安定させるインナーマッスル【前鋸筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


野球のピッチングやバレーボールのスパイク時、腕立て伏せなどの運動にも重要。
ボクサー筋とも呼ばれ、ストレートパンチを打つときなどのように肩甲骨を前方に押し出す際に強く作用します。

前鋸筋の概要

  • 名称:前鋸筋
  • ふりがな:ぜんきょきん
  • 英語名:Serratus anterior
  • 鋸状に肋骨と肩甲骨の下面に付着している筋肉。

    野球のピッチングやバレーボールのスパイク時、腕立て伏せなどの運動にも重要。
    ボクサー筋とも呼ばれ、ストレートパンチを打つときなどのように肩甲骨を前方に押し出す際に強く作用します。

    肩甲骨を肋骨面に安定させる機能もあるため、前鋸筋が弱化すると肩甲骨が背中に羽のように浮き出た状態:「翼状肩甲」になります。

    前鋸筋の起始・停止

  • 起始
    ・第1~8(~10)肋骨面外側面
  • 停止
    ・第1,2肋骨とその間の腱弓からの筋束して肩甲骨上角
    ・第2,3肋骨からは分散して広く肩甲骨内側縁
    ・第4肋骨以下は下角
  • 前鋸筋の作用

    解剖学的表現

  • 肩甲骨の外転・上方回旋
  • 肩甲骨を前方へ引き、肋骨に引き寄せる
  • 肋骨を挙上する

  • 日常でのイメージ

    肩甲骨を肋骨面に安定させている筋肉で、腕の安定した動作に不可欠です。
    腕を使うパフォーマンス向上に重要です。
    スポーツする人でなくても、物を押したりなど腕を使う動作の疲労感を軽減できるので意識して強化しましょう。

    前鋸筋の神経支配

  • 長胸神経(C5~C7)
  • 前鋸筋の働きを3D動画で確認

    前鋸筋を触診

    上腕の内転運動で収縮を触診できます。
    腕組をした時に、脇の下の肋骨部分の盛り上がりを作っている筋肉です。

    前鋸筋を鍛える方法


    前鋸筋筋トレ

  • 腕(肩甲骨)を前に押し出す
    骨盤と背骨をニュートラルにした状態から、ストレートパンチを打つイメージで肩甲骨を胸郭に押し付けます。
    ストレッチポールや壁などとうまく使って負荷や収縮を調整しましょう。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事