【脊柱(椎間関節)】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

関節の動きと可動域
この記事は約9分で読めます。

【背骨(脊柱)】は椎骨同士の関節(椎間関節)が連なった構造で、背骨(脊柱)全体としての運動方向を、頸椎・胸椎・腰椎の構造の違いや動きの特徴を含めて理解することで、正しい姿勢評価やヨガなどの運動メニューが行えるようになります。

人体の大黒柱として身体を支えつつも上半身のしなやかで多彩な動きを作る【背骨(脊柱)】の動く方向(作用)と動く範囲(関節可動域:ROM)、それぞれの運動方向に作用する筋肉についてイラスト図解でわかりやすく説明しています。

【背骨(脊柱)】解剖学構造と特徴

背骨(脊柱)は約31〜34個の椎骨が積み重なっている椎間関節の集合体で、驚くほど精巧な構造で安定性と可動性を両立させている関節です。

背骨は身体の軸として十分な耐久性がありますが、3つの基本平面での十分な可動性も兼ね備えています。

  • 矢状面:255°
  • 前額面:180°
  • 横断面:240°

通常可動性と安定性は相反しますが(可動性を高めれば安定性が下がる)、背骨が身体の軸でありつつこれだけの可動性を維持できるためには、構造上の秘密があります。

成人の背骨は、前額面および横断面において真っ直ぐ(が理想)ですが、矢上面では4つのカーブ(生理的湾曲)があり、これが安定性と可動性の両立に非常に重要な役割を果たしています。

  • 胸椎および仙骨尾骨領域の後弯(一次)
  • 頸椎および腰椎の前弯(二次)

脊椎後弯は屈曲曲線で、後方に凸で前方の凹となる湾曲で、
脊椎前弯は伸展曲線で、前方に凸で後方に凹となる湾曲です。

私たちはまず背骨の後弯から形成されるため、後弯構造が一時曲線になります。

生まれた時の私たちの背骨は1本の大きな後弯です。
その後首が座る時に頸部の前弯ができ、上半身を起こしてお座りができるようになるときに腰椎の前弯ができます。

つまり、背骨の湾曲構造は、重力に対抗して首や上半身を起こして二本足歩行をする人間に特有な構造と言えます。

背骨構造について詳しくはこちら!
【脊椎(脊柱・背骨)〜頸椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨〜】構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学
集合体を支える人(物)のことを【大黒柱】と言いますが、人体(骨格)の大黒柱は背骨(脊柱)です。 脊柱(背骨)は頭蓋骨(頭の骨)直下から骨盤下端まで背中(身体)の中心を通るように存在する長い柱のような骨ですが、家の大黒柱のような一本柱ではなく、約31〜34個の突起付き円盤形の椎骨が積み重なっている集合体で、それぞれの椎骨間は関節として前後や左右に滑り、背骨の屈伸や回旋運動ができる構造になっています。 脊柱(背骨)が重い頭や体重を支えつつ重力に抗して姿勢を保持...

【椎骨間関節(背骨の関節)】解剖学構造と運動特徴

【椎骨間関節】には関節面が2つあります。

椎骨体と椎骨体の間を椎間板でつなぐ【椎間関節(軟骨性関節)】と、椎骨の関節突起間をつなぐ【突起間関節(滑膜性関節)】です。

【椎間関節】の構成要素である椎間板は、第一頸椎(C1)と第二頸椎(C2)の間を除く椎間にある軟骨で、体重を支えつつ運動をする背骨の負担軽減に重要な役割があります。

【突起間関節】は隣接する椎弓間の関節面により構成される関節でです。

背骨全体としての動きは、各関節の動きの組み合わせ(連動)によって生じます。

関節名 椎間関節 突起間関節
構造 軟骨性関節 滑膜性関節
滑走関節 滑走関節

 

【椎間関節】のうち、可動範囲が最も大きい部分は頭を動かす運動をする頸椎です。

ちなみに椎間板は、第一頸椎(C1)と第二頸椎(C2)の間には存在しません。

胸郭の構成要素である胸椎や身体を支える役割が大きい腰椎は、運動範囲に制限がかかるような構造になっています。

また、もともとある骨構造上の制限だけでなく、姿勢や運動習慣による筋肉や靭帯など軟部組織(椎間板など)の状態(柔軟性や筋力)次第で可動域に個人差が出やすい関節でもあります。

背骨(椎間関節)の運動方向や可動域を正しく理解するためには、椎骨(頸椎・胸椎・腰椎)それぞれの解剖構造の特徴違い、背骨(頸椎・胸椎・腰椎)としての運動方向や可動性の特徴や違い、背骨全体として可動する時の頸椎・胸椎・腰椎それぞれの寄与割合を分解して考えられるようになる必要があります。

【頸椎の椎骨間関節】解剖学構造と運動特徴

【頸椎の椎骨間関節】は頭蓋を支えつつ、頭を多様な方向へ動かすため、第一頸椎と第二頸椎は他の頸椎および椎骨とは構造が大きく異なります。

そのため、頭蓋の一部である後頭骨と環椎(第一頚椎)で構成される【環椎後頭関節】と環椎(第一頚椎)と軸椎(第二頚椎)で構成される【環軸関節】の動きの範囲は、他の椎骨間関節に比べてかなり広範囲です。

関節名 環椎後頭関節 環軸関節
構造 後頭骨と環椎(C1) 環椎(C1)と軸椎(C2)
顆状関節 車軸関節

【環椎後頭関節】は背骨に対して頭をあらゆる方向に動かすための構造で、【環軸関節】は子供のいやいやの動作のように首を左右に大きく降る運動を可能にする関節です。

運動面 環椎後頭関節 環軸関節
矢状面 屈曲⇄伸展
前額面 側屈
横断面 (首/頭)を回す 首を左右に降る

特殊な2つの関節を含めて、頸椎全体としては以下の運動方向へ動き、頭(目)の位置を変えます。

頸椎屈曲時は首の前面の筋肉が収縮して、背面の筋肉が弛緩します(伸展はリバースアクション)。

頸椎側屈は、左右片方の筋肉の収縮(弛緩)で生じます。

また、胸椎(胸郭)を固定した状態で頸椎を選択的に右または左に回旋できます。

骨的な構造に加えて、付着する靭帯により可動範囲にはもともと制限がありますが、筋肉の柔軟性次第でも可動域に差が生じます。

運動方向 補足 参考ROM 作用する筋肉
屈曲
伸展
側屈
回旋

【胸椎の椎骨間関節】解剖学構造と運動特徴

【胸椎】は胸郭の構成要素なので、胸椎の動きを考える際には胸郭の解剖学構造の理解も不可欠です。

胸郭は、7つの胸椎骨と胸骨およびそれらを繋ぐ12対の肋骨(下5対は直接または全く胸骨に接していない)で構成される骨構造です。

胸椎では、「椎間関節」および「突起間関節」だけでなく、肋骨との関節面(肋椎関節)も追加されます。

関節名 肋横突関節 肋骨頭関節
構造 肋骨と横突起 肋骨と椎体

肋骨は前面にある胸骨とも以下の関節を構成しています。

関節名 胸肋関節 肋軟骨関節 軟骨間関節
構造 肋軟骨と胸骨 肋軟骨と肋硬骨 肋軟骨間の関節
軟骨性関節/平面関節 関節包なし 平面関節

【胸肋関節】上位7肋骨と胸椎による関節で、第一胸肋関節は動きのない軟骨性関節ですが、2番目以降はごくわずかに動く平面関節です。

【肋軟骨関節】は形状は平面関節ですが、関節包がないためほとんど動きません。

【軟骨間関節】は繊維性結合ですが、平面関節として可動します。

胸骨も以下の2つの関節を構成しています。

関節名 胸骨柄結合 剣状突起結合
構造 胸骨柄と胸骨体 胸骨体と剣状突起
軟骨結合 軟骨結合

胸骨間の関節は軟骨性ですが、成人以降は完全に結合している場合もあり、動きはほとんどありません。

つまり、胸郭は呼吸運動で動きますが、胸椎運動においてはごくわずかに連動するだけです。

合わせてチェック!
【胸郭(肋骨・胸骨・胸椎・横隔膜)】構造と役割【イラスト図解でわかりやすい骨解剖学】
【胸郭】とは、肋骨・胸骨・胸椎・横隔膜で作られる胸部に空間(胸腔)を作る構造で、胸腔には心臓や肺など、生命維持に重要な呼吸や循環の要となる臓器が収まっています。 【胸郭(および胸郭と胸腔)】の骨格構造としての解剖学や役割についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。 【胸郭】とは?【胸壁】【胸郭】【胸腔】の違いは? 「胸郭」「胸壁」「胸腔」と似たような言葉がいくつかありますが、それぞれの違いをまず整理しましょう。 【胸壁】とは? 【胸壁...
【呼吸筋】呼吸に作用する筋肉まとめ
【呼吸筋】は、「呼吸ポンプ筋」として肺の周りを囲むように存在する筋肉で、胸郭に付着している筋肉は全て呼吸に作用します。 【呼吸】に作用する筋肉について、わかりやすく整理しました。 【呼吸筋】とは? 【呼吸筋】は、胸郭を動かして肺による呼吸をサポートする筋肉(骨格筋)です。 胸郭に付着している筋肉は、全て直接的、または関節的に呼吸に関与します。 【呼吸筋】作用 【呼吸筋】は、胸郭の拡張(吸気)または縮小(呼気)に協調して作用します...
最強のインナーマッスル筋トレである【呼吸】でココロとカラダを整えよう!
呼吸は横隔膜という筋肉を中心にインナーユニットや胸郭と腹腔の筋肉を総動員して行うインナーマッスルの筋肉運動。生きている限り休まず続ける呼吸を意識するだけで心身のバランスが整いやすいくやりますし、ヨガやピラティス、ストレッチや筋トレの効果を最大限高める効果があります。

それでは本題、胸郭を付随した胸椎の運動の特徴について整理しましょう。

【胸椎】は胸郭を含めたワンセット(ユニット)として、以下の方向での運動ができます。

運動面 運動方向 特徴
矢状面 伸展⇄屈曲 胸郭が前後に移動する
前額面 側屈 胸郭が左右に移動する
横断面 回旋 胸郭が回旋する

 

【腰椎の椎骨間関節】解剖学構造と運動特徴

【腰椎】は胸椎の下にある5つの椎骨で、一番下の腰椎は骨盤の構成要素である仙骨と関節(腰仙関節)を構成します。

骨盤が固定している時は胸椎(胸郭)運動を補助するように可動し、背骨を固定させた場合は骨盤を動かします。

合わせてチェック!
【骨盤】傾きと運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】
【骨盤】は上半身と下半身をつなぐ骨構造で、複数の関節や骨構造を含みます。 「骨盤矯正」の流行りでよく聞くようになった【骨盤】は、姿勢保持と内臓保護の観点からとても重要な人体の構成要素なので、運動方向を理解して骨盤の歪みを予防・改善しましょう! 【骨盤】解剖学構造と動きの特徴 【骨盤】は、寛骨(腸骨・坐骨・恥骨)と仙骨および尾骨(背骨の末端部)で構成される骨結合で、消化器や生殖器など重要な臓器が納まる空間を作ったり、上半身と下半身をつないで身体を支える...

【背骨(脊柱)】運動方向と可動域(ROM)

【背骨(脊柱)】は、矢状面、前額面、横断面それぞれで運動できます。

  • 矢状面:屈曲⇄伸展
  • 前額面:右側屈⇄左側屈
  • 横断面:右回旋⇄左回旋

頸椎(頭部)、胸椎、腰椎でそれぞれ椎体の形や湾曲構造など解剖学構造が異なるので、可動域にもそれぞれ特徴があります。

【背骨(脊柱)矢上面】運動方向と可動域(ROM)

【背骨(脊柱)】矢上面の運動方向は、体幹(背骨)の屈曲および伸展ですが、どこを支点とするかで動きが大きく変わります

  • 股関節から動かす:骨盤の動きに付随して背骨全体を前に曲げたり、後ろに反らす運動
  • 腰仙関節で腰椎を動かす:骨盤に対して背骨(腰椎)を丸めたり伸ばしたりする運動
  • 胸椎を動かす:胸を反らせたり猫背になる運動
  • 頸椎を動かす:頭(目)の位置を上下に動かす運動

股関節から屈曲⇄伸展

背骨全体として屈曲伸展するときは、股関節運動(大腿骨固定)の屈曲伸展と作用する筋肉は同じで、骨盤と一緒に背骨全体を屈曲⇄伸展します。

体位前屈やもも裏(ハムストリング)ストレッチをするときなどにする姿勢です。

腰仙関節(腰椎)での屈曲⇄伸展

骨盤(仙骨・尾骨)に対して上部の背骨全体を屈曲⇄伸展する場合は、腰仙関節における腰椎運動となり、「腰を丸める」ような運動になります。

胸椎での屈曲⇄伸展

胸を反らしたり(胸椎伸展)、猫背になったりする(胸椎屈曲)時の背骨の運動です。

【胸椎】は生理的に後弯しており、椎骨構造状も後弯しにくい構造になっています。

頸椎での屈曲⇄伸展

頸椎での屈曲伸展は、主に頭(目の位置)を帰る時に生じる運動です。

赤ちゃんの首が座る時に頸椎前弯が形成されますが、頸椎伸展は下から上を見る時の運動で、頸椎屈曲は上から下を見る時に行う運動です。

【背骨(脊柱)前額面】での運動方向と可動域(ROM)

【背骨(脊柱)】前額面の運動方向は、体幹の側方屈曲および伸展です。

片方が屈曲するともう片方は伸展します。

側屈に作用する筋肉の走行により胸部と腰部を完全に分離して側屈することは難しいですが、胸部以下の背骨を安定させ、頸部(頭部)だけを選択的に側屈することは可能です。

【背骨(脊柱)横断面】での運動方向と可動域(ROM)

【背骨(脊柱)】横断面の運動方向は、回旋です。

回旋角度は椎骨の構造などにより、頸椎、胸椎、腰椎で大きく異なります。

安定性や重要な腰椎ほど可動域が少なく、目の届く範囲に直接影響する頸椎の回旋角度が一番大きくなっています。

  • 腰椎回旋角度:5度
  • 胸椎回旋角度:35-40度
  • 頚椎(第2-第7)の回旋角度:40度
  • 頚椎(第1)の回旋角度:40度

例えば、ストレッチやヨガなどでツイストポーズをするときは、胸椎の回旋がメインターゲットになりますが、背骨の解剖学構造を正しく理解して行わないと頸椎の動きで代償していて、効果的なウエストシェイプにつながらないばかりか首を痛めてしまうことにもつながります。

【背骨(脊柱)】の運動に作用する筋肉

身体の軸として安定性を維持しつつも広範囲の可動性も兼ね備える背骨周りには、複数のインナーマッスルが付着しています。

30数個の椎骨の連なりひとつひとつをカバーする構造になっていることを筋肉の走行からも理解を深めることで、よりしなやかで美しい姿勢やブレないコアを効果的に作れるようになります。

 

合わせてチェック!
背筋(背中の筋肉)を一覧にまとめました。
「若さと健康は背骨から」と言われますが、よい姿勢の基礎になる背骨周りの筋肉と逆三角形がキレイな若々しい背中(バックライン)を作る背筋の解剖学構造(起始停止や作用)を学んで、効果的に筋トレやエクササイズを行いましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました