【肋骨挙筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)

【肋骨挙筋】は、胸郭背面で胸椎と肋骨をつなぐように走行する小さな呼吸補助筋で、背筋最深層部にあります。

【肋骨挙筋】はについてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【肋骨挙筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【肋骨挙筋】は、胸壁後面にある胸椎と隣接する肋骨を繋ぐ12対(C7 – T12)の小さな三角形の筋束の集合体です。

読み方/ふりがな 英語
肋骨挙筋 ろっこつきょきん Levatores Costarum Muscle

【肋骨挙筋】は、「肋間筋」「上後鋸筋」「下後鋸筋」「胸横筋」と共に胸郭内部(内因性)の筋肉に分類されると共に、分節筋(棘間筋・横突間筋)と共に背筋最深層部の筋肉にも分類されます。

胸壁内の筋肉は、努力呼吸の際に横隔膜の作用を助ける呼吸補助筋として作用したり、奇異呼吸を予防する役割がありますが、【肋骨挙筋】は、肋骨挙上にて努力吸息に作用する他、最深層背筋群として胸椎の側屈・回旋にも作用します。

【肋骨挙筋】起始停止

【肋骨挙筋】は、肋骨挙筋や棘間筋と共に背筋最深層にある筋肉群です。

【肋骨挙筋】には12対の筋束が含まれ、それぞれ椎骨の横突起から起始し、下斜めに走行して1レベル下の肋骨に停止します。

起始 停止
C7 – T11横突起 1レベル下の肋骨上縁/外面

より正確に説明すると、椎骨(C7-T11)横突起先端から起始し、下外側に斜めに走行し、肋骨上縁外面(肋骨角と肋骨結節の間)に停止します。

各筋束は、起始を頂点として停止部に向かって広がる三角形をしています。

また、上部(左右各)8つの筋束は、起始から停止まで単独の筋束を構成しますが、下部(左右各)4つの筋束は長短二つの筋束に別れます。

短い方の筋束は起始から直下の肋骨に停止しますが、長い方の筋束は起始から2レベル下の肋骨に停止します。

【肋骨挙筋】作用

【肋骨挙筋】は、収縮すると「肋骨の挙上」や「胸椎の回旋や側屈」運動に作用します。

深層にある小さな筋肉なので、単独で作用するよりは表層にある他の筋肉と協調して、呼吸や背骨の運動に関与しています。

【肋骨挙筋】神経支配

【肋骨挙筋】は脊髄神経後枝の側枝(T1 – T12)支配です。

  • 脊髄神経(T1 – T12)

【肋骨挙筋】触診

【肋骨挙筋】は、「頸半棘筋」と「胸横筋」の深層で、「胸回旋筋」の外側、「外肋間筋」の内側にあります。

【肋骨挙筋】ストレッチと鍛える方法

【肋骨挙筋】は、胸郭および胸椎を大きく使う意識的な胸式呼吸や胸椎にフォーカスしたツイストなどでストレッチおよび強化できます。

 

合わせてチェック!

【呼吸筋】呼吸に作用する筋肉まとめ

【腹式呼吸】【胸式呼吸】とは〜やり方や使う筋肉の違いと効果比較

 

https://mydr123.com/spine-rotation/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事