【鎖骨下筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

この記事は約2分で読めます。

【鎖骨下筋】は鎖骨下にある小さな筋肉ですが、鎖骨を肩甲帯に安定させ、鎖骨下の神経や血管を守る役割があります。

【鎖骨下筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

【鎖骨下筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【鎖骨下筋】は、胸壁前面で名前の通り鎖骨下にある短い三角形の筋肉です。

  • 名称:鎖骨下筋
  • ふりがな:さこつかきん
  • 英語名:Subclavius Muscle

【鎖骨下筋】の主な作用は、肩甲帯における鎖骨の安定です。

また、鎖骨骨折時に鎖骨下の神経や血管を保護したり、鎖骨の脱臼を予防する働きなどもあります。

【鎖骨下筋】起始・停止

【鎖骨下筋】は、第一肋骨から起始し、外側に走行して鎖骨中央1/3下面に停止します。

起始 停止
鎖骨下筋 第一肋骨胸骨端 鎖骨中央1/3分前下面

【鎖骨下筋】は、第1肋骨の胸骨端(肋軟骨との関節付近)からの強い腱によって起始し、上外側に筋腹を広げ、鎖骨体中央1/3の下面に停止します。

【鎖骨下筋】は「大胸筋」の深層にあり、鎖骨と小胸筋の間にある繊維性結合組織である鎖骨下筋膜に囲まれていて、深層には腕神経叢、肩甲骨上動脈、鎖骨下動脈、鎖骨下静脈などが通過します。

【鎖骨下筋】作用

【鎖骨下筋】の主な作用は、肩甲帯(腕や肩)の運動時に胸鎖関節で鎖骨を安定させることです。

関節 作用
鎖骨下筋 胸鎖関節 鎖骨を固定、引き下げ

【鎖骨下筋】が収縮すると鎖骨胸骨端が引き下がって肋骨が挙上しますが、この結果、胸鎖関節での鎖骨脱臼を予防する効果があります。

また、鎖骨骨折で隣接する神経や血管が損傷しないように保護する役割もあります。

【鎖骨下筋】神経支配

【鎖骨下筋】は、腕神経叢の上半部から生じる鎖骨下神経(C5-C6)支配です。

【鎖骨下筋】触診

【鎖骨下筋】は、鎖骨下で触診できます。

【鎖骨下筋】筋トレとストレッチ(正しいトレーニングと鍛え方)

【鎖骨下筋】は大きな動きのある筋肉ではありませんが、鎖骨下で触れてマッサージをして柔軟性を保っておくことでで、肩関節運動の安定に効果があります。

タイトルとURLをコピーしました