横突間筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

隣り合う脊椎横突起の間を走行する細い筋肉束 【横突間筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


筋紡錘の数が多く、脊椎間の動きを感知して運動を調整する背骨のセンサーのような筋肉です。

横突間筋の概要

  • 名称:横突間筋
  • ふりがな:おうとつかんきん
  • 英語名:Intertransversarii
  • 隣り合う脊椎横突起の間を走行する細い筋肉束で、それぞれ内側と外側に2つの筋束があります。

    運動としては脊柱の側屈に作用しますが、小さな筋肉のため実際に運動を起こす力は弱く他の筋肉の補助作用程度。
    実際には、脊椎間をつなぐ筋肉としてそれぞれの椎骨の運動を感知して、脊柱としての滑らかな動きを調整する際に重要な役割をしている背骨のセンサーのようなインナーマッスルです。

    頸部で最も発達。腰部でも見られますが、胸部では欠如しているケースが多い。

    隣接している脊椎どうしに付着していること、脊椎分節に従って神経支配されていること、筋紡錘の数が多いこと(多裂筋の4.5〜7.3 倍)などからも脊椎の運動調整センサーとして重要な役割をしていることがわかります。

    横突間筋の起始・停止

    起始

  • 椎骨横突起
  • 停止

  • 隣接する椎骨横突起
  • 横突間筋の作用


    解剖学的表現

  • 頸椎・(胸椎)・腰椎の側屈

  • 日常でのイメージ

    脊柱の安定化

    横突間筋の神経支配

  • 脊髄神経(主にC1-6,L1-4)
  • 横突間筋の働きを3D動画で確認

    横突間筋を触診

    深部にあるため触診は困難ですが、側屈運動で収縮します。

    横突間筋を鍛える方法


    横突間筋エクササイズ

    椎骨ひとつひとつの動きを意識してわずかにゆっくり側屈したり、戻したりする運動を行います。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事