【横突間筋(内側横突間筋・外側横突間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【横突間筋】は、椎骨横突起間を走行する細い筋肉束で、筋紡錘の数が多く脊椎間の動きを感知して運動を調整する背骨のセンサーのような働きをする最深層部にあるインナーマッスルです。

【横突間筋】についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【横突間筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【横突間筋】は、内因性背筋群の中で最深層にある筋肉で、椎骨横突起(左右)と直上の椎骨横突起(左右)を繋ぐように走行している細くて短い筋肉です。

【横突間筋】は、全椎骨をまたぐように走行していますが、頸椎および腰椎で主に発達していて、胸椎では下部に小さな筋腹が見られる程度で欠損しているケースも多くあります。

筋肉名 分類 英語
頸横突間筋
けいおうとつかんきん
前部 Anterior Intertransversarii Cervicis
後部 Posterior intertransversarii Cervicis
胸横突間筋
きょうおうとつかんきん
未発達 Intertransversarii Thoracis
腰部横突間筋
ようおうとつかんきん
内側 Medial Intertransversarii Lumborum
外側 Lateral intertransversarii  Lumborum

【頸横突間筋】および【腰横突間筋】は更に複数の繊維に別れ、左右で4対の筋束があります。

【横突間筋】起始停止

【横突間筋】は、肋骨挙筋や棘間筋と共に背筋最深層にある筋肉群で、椎骨の横突起から直上の横突起に向かって短い筋束で走行しています。

【頸横突間筋】起始停止

【横突間筋】は頸部で最も発達していて、頸髄神経の前枝によって前部繊維(前頸横突間筋)と後部繊維(後頸横突間筋)に分けられます。

更に、【後頸横突間筋】は内側繊維と外側繊維に別れ、その内側繊維が更に頸髄神経の後枝が通過する位置で更に内側と外側に別れます。

【後頸横突間筋】はC1-T1の範囲で7対ありますが、【前頸横突間筋】は環軸関節で欠損していることが多く、C2-T1の範囲で6対あります。

起始 停止
前頸横突間筋
C2-T1の範囲(6対)
横突起前結節 1レベル上の横突起前結節
後頸横突間筋
C1-T1の範囲(7対)
内側 横突起上縁 1レベル上の横突起下縁
外側

【胸横突間筋】起始停止

【横突間筋】は胸椎部では欠損または未発達のことが多く、主にT10 から L1でのみ存在し、前部後部の区も明確ではありません。

そのため【腰横突間筋】の一部として分類されることもあります。

【腰横突間筋】起始停止

【横突間筋】は腰椎部でも発達していて、それぞれ隣接する腰椎の横突起間をつなぐ走行ですが、一部は胸部(T10レベル)まで到達しています。

頸椎部では前後に筋束が別れていましたが、腰椎部では内外側で筋束が別れて、左右合わせて4対の筋束があります。

起始 停止
内側腰横突間筋 L1-L4副突起 隣接する椎骨乳頭突起
外側腰横突間筋 前部 L1-L4横突起 隣接する椎骨横突起
後部 L1-L4副突起

【内側腰横突間筋】は、L1-L4副突起と隣接する椎骨の乳頭突起間を走行する薄い筋束で、椎体と【外側腰横突間筋】の間に存在します。

【外側腰横突間筋】は小さな筋束ですが、更に前側(腹側)と後側(背側)に別れます。

前側の筋束は隣接する椎骨の横突起間を繋ぐ走行で、後側の筋束は隣接する椎骨の副突起と横突起間を繋ぐ走行です。

【外側腰横突間筋】は「腸腰筋」後方、「多裂筋」および「回旋筋」の深層に存在し、外側には「横突間靭帯」や「腰方形筋」があります。

【横突間筋】作用

【横突間筋】は、左右の椎骨横突起を上下に繋ぐように走行する短い筋肉なので、収縮すると背骨側屈(片側収縮)や背骨の安定(両側収縮)方向への力が生じますが、単独で運動を起こすには短く細すぎる筋肉です。

表層にある大きな筋肉(胸鎖乳突筋、斜角筋、板状筋、脊柱起立筋、半棘筋、多裂筋)と協調して作用し、背骨の安定させつつスムースな運動を起こすのを助ける役割があります。

【横突間筋】が隣接している脊椎どうしに付着していること、脊椎分節に従って神経支配されていること、筋紡錘の数が多いこと(多裂筋の4.5〜7.3 倍)などから、脊椎の運動調整センサーとして重要な役割をしていることがわかります。

【横突間筋】が特に頸部で発達しているのは、身体の動きの変化に合わせて頸部(目)の位置を最適化させるために重要であるからとも考えられます。

【横突間筋】神経支配

【頚横突間筋】は脊髄神経の後枝および前枝支配です。

  • 脊髄神経(主にC1-6,L1-4)

【横突間筋】触診

【横突間筋】横突起と横突起の間に指を触れ脊柱の側屈運動で収縮を確認できますが、最深層部にある小さな筋肉なので、上層部の筋肉との明確な区別は困難です。

斜角筋や板状筋と相互作用するので、それらの筋肉から辿ることもできます。

【横突間筋】ストレッチと鍛える方法

【横突間筋】は、背骨を安定させる役割がある最深層部のインナーマッスルなので、正しい姿勢と作用する筋肉を意識する習慣をつけることが一番効果的なエクササイズになります。

運動をする時も、背骨(軸)を意識できるようになるとあらゆる動作のパフォーマンスが上がり、疲れにくくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事