【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】ストレッチと筋膜リリースのためのイラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

背筋(背中の筋肉)
この記事は約4分で読めます。

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】は、後頭骨から胸椎まで繋がる長い固有背筋浅層の筋肉です。

体重の10%もある重い頭を支えつつ、頭部から脊椎(頸椎・胸椎)のスムースな動きと頸部の生理的湾曲(S字)カーブをサポートし、運動で姿勢が変わっても頭頸部を自然なポジションに戻すように調整する作用があります。

不良姿勢でのスマホやパソコンの長時間使用でコリやすいため、【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】の解剖学構造を理解したストレッチと筋膜リリースで姿勢を整え、首コリ、肩こり、眼精疲労などの悩みを解消しよう!

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】とは?どこにあるどんな筋肉

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】は頸部深層の内在筋のうち最も表層部にある平らな筋肉で、重い頭を載せた頸部を支えるような形状(構造)になっています。

この形状からギリシャ語で「包帯」を意味する「Splenion」と名付けられました。

日本語の板状はギブスのような意味合いなのか、いずれにしても形状から名前がつけられています。

読み方/ふりがな 英語
頭板状筋 とうばんじょうきん Splenius Capitis Muscle
頸板状筋 けいばんじょうきん Splenius Cervicis Muscle

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】の表層には、「僧帽筋」や「胸鎖乳突筋」があり、「頭半棘筋」や「頭最長筋」を覆うように背筋深層の表面に存在します。

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】起始停止

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】の起始停止は以下のようにbなっています。

頸板状筋は、最終的に頭板状筋に合するように混ざります。

起始  停止
頭板状筋 C7-T3椎骨棘突起、項靭帯 側頭骨乳様突起、後頭骨上項線外側部
頸板状筋 T3-T6椎骨横突起 C1- C3椎骨横突起

【頭板状筋】起始停止

【頭板状筋】は、項靭帯の下半分と最後の頸椎から上位3胸椎棘突起(C7-T3)から起始し、上外側方向へ走行して側頭骨乳様突起、および後頭骨上項線外側部に停止します。

【頭板状筋】は僧帽筋、胸鎖乳突筋の深層にあり、頭半棘筋と頭最長筋を覆っています。

また、【頭板状筋】は、胸鎖乳突筋の後縁、僧帽筋の前縁、鎖骨の上縁で構成される「後頸三角」底面の一部にもなっています。

「後頸三角」には、胸鎖乳突筋および僧帽筋を支配する副神経の経路であり、鎖骨上神経、頸神経叢、腕神経叢、リンパ節なども集まっています。

【頸板状筋】起始停止

【頸板状筋】は、上部胸椎(T3-T6の棘突起)から起始し、弓を描くように上外側へ走行して上部頸椎(C1-C3横突起結節)に停止します。

【頸板状筋】も僧帽筋、胸鎖乳突筋の深層にあり、頭半棘筋と頭最長筋を覆っていて、頭板状筋の下外側縁に沿って走行しながら混ざり合っていきます。(区別が困難)

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】作用

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】の主な作用は、頭頸部の伸展、側屈、回旋などの動作によって身体の動き(立ったり座ったりなど)に合わせて頭部や頸部の位置を微調整することです。

両側  片側
頭板状筋 頭頸部伸展 側屈・回旋(同側)
頸板状筋 頸部伸展 側屈・回旋(同側)

首の後ろで【後頭骨と背骨をつなぐ頭板状筋】と【頸椎と胸椎を繋ぐ頸板状筋】が連動して、頭部から脊椎(頸椎・胸椎)のスムースな動きを作っています。

この板状筋の連携作用は、坐位→立位への姿勢変更で最も重要で、動作を変えた後に【頭板状筋】の作用で頭を正中位に戻した時に最適な頸部のポジションを【頸板状筋】が作れるような構造になっています。

また、重い頭を頸椎の上に乗せて、背骨の自然な湾曲を作る姿勢筋としても重要な役割があります。

【頭板状筋】作用

【頭板状筋】は、両側が収縮することで頭頸部の伸展運動に作用します。

また、反対側の胸鎖乳突筋と相互作用して片側が収縮すると、頭部の側屈や回旋(同側)に作用しますので、首を降る時などにはよく働きます。

これらの動きには、半棘筋や僧帽筋などとも関与しています。

【頸板状筋】作用

【頸板状筋】が両側収縮すると僧帽筋の頸部伸展作用を補助します。

【頸板状筋】が片側収縮すると、頸部の側屈および回旋(同側)が生じます。

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】神経支配

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】の神経支配は以下の通りです。

神経  髄節
頭板状筋 脊髄神経後枝の外側枝 C2-C3
頸板状筋 下部頸髄神経の後枝の側枝

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】触診

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】は、「後頸三角」で比較的簡単に触診できます。

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】ストレッチと筋膜リリース

【板状筋(頭板状筋・頸板状筋)】は、スマホ使用などで頭が前に出た姿勢が続くと引っ張られたまま硬直しやすい筋肉です。

胸郭から背骨をニュートラルにした基本姿勢に戻してから、板状筋の解剖学構造を意識して首を前後左右に動かしましょう。

合わせてチェック!
【頸部(首)筋肉まとめ】首肩こり&目疲れ解消ストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
【首の筋肉】の緊張状態は「首こり」「眼精疲労」を始め、「肩こり」「老け顔やほほのたるみ(ほうれい線)」など、スマホが手放せずパソコン作業が多い現代人の悩みに直接的に影響しています。 【首の筋肉(頸部筋)】の解剖学構造を理解すると、目・首・肩周りの辛い症状が連動する理由や個別の症状に合わせた具体的な対処法(ストレッチ・マッサージ・姿勢改善など)を自分で考えられるようになります。 筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページで確認できるように【首の...
【背筋(背中と背骨の筋肉)まとめ】トレーニングやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
【背筋】は、背中、ウエスト、肩のバックラインを構成すると共に、背骨を含む姿勢や運動に関与する筋肉と上肢(肩甲骨)や肋骨(呼吸)運動に作用する筋肉を含みます。 背筋の名称(名前)と解剖学構造(起始停止・作用・神経支配)を層構造や役割別に分けて一覧にまとめました。 【背筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【背筋】は、体幹背面部分脊椎全長(後頭部下から骨盤あたり)にわたり存在する筋肉群のことで、背骨や体幹を安定させながら、腕や脚と体幹の協調的な運動に作用して...

 

タイトルとURLをコピーしました