【棘間筋(頸棘間筋・胸棘間筋・腰棘間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【棘間筋】は、椎骨棘突起と直上の棘突起を近接させる作用を持つ背骨のインナーマッスルで、最深層にある小さい筋肉ながら姿勢調整と背骨の安定に重要な役割を果たしています。

【棘間筋】についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【棘間筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【棘間筋】は、内因性背筋群の中では最深層部にある筋肉で、「横突棘筋」(多裂筋・回旋筋・半棘筋)の深層内側に位置します。

【棘間筋】は隣接する椎骨の棘突起間を繋ぐ小さな筋肉で、棘間靭帯の両側にひとつづつ対になって頸椎から腰椎まで連なっていますが、付着する椎骨のレベルにより、「頸棘間筋」「胸棘間筋」「腰棘間筋」に分類される場合があります。

起始 停止
頸棘間筋 けいきょっかんきん Interspinales Cervicis
胸棘間筋 きょうきょっかんきん Interspinales Thoracis
腰棘間筋 ようきょっかんきん Interspinales Lumborum

【棘間筋】は、収縮すると脊椎の棘と棘を近接させる力が働くため背骨の伸展に作用します。

そのため、骨構造的に伸展方向へ動きやすく負担がかかりやすい頸椎で最も発達し、そもそも伸展方向の動きができない胸椎で欠損しているのはすんなり納得できるかと思います。

【棘間筋】非常に小さい筋肉のため、運動を起こすというよりも、他の背筋群が働く時に協調的に作用し、動作の中で背骨の安定と滑らかな動きに貢献しているインナーマッスルと言えます。

【棘間筋】起始停止

【棘間筋】は、棘間靭帯外側を椎骨棘突起から起始し、真っ直ぐ上行して直上(1レベル上位)の椎骨棘突起に停止します。

【棘間筋】は名前の通り隣接する椎骨の棘突起間をつなぐ短い左右ペアの筋肉で各椎骨間に存在しますが、頸椎(頸椎では二重に存在するケースもある)と腰椎に比べ、胸椎では欠如または不完全な場合があります。

起始 停止
頸棘間筋 C3-T1棘突起上面 C2-C7棘突起下面
胸棘間筋 T2, T11-T12棘突起上面 T1, T10-T11棘突起下面
腰棘間筋 L2-L5棘突起上面 L1-L4棘突起下面

「頸棘間筋」は、C3-T1棘突起上面から起始し、C2-C7棘突起下面(それぞれ起始から直上の椎骨)に停止する6対の筋肉です。

「胸棘間筋」は、未発達または完全に欠損していることが多い筋肉で、ほとんどの場合「頸棘間筋」および「腰棘間筋」に隣接する部分である2〜3対(T2-T1およびT12-T11,T11-T10)でのみ明確に筋腹が確認できます。

「腰棘間筋」L2-L5棘突起上面から起始し、L1-L4棘突起下面(それぞれ起始から直上の椎骨)に停止する4対の筋肉です。

【棘間筋】作用

【棘間筋】はとても小さく短い筋肉なので単独で運動を起こす力はありませんが、解剖学的にも伸展しやすい構造になっている頸部および腰部の伸展運動においてよく発達していて他の背骨新筋群(脊柱起立筋など)と協調的に作用し、運動時に椎間(背骨)を安定させている筋肉です。

固有背筋群の中でも最深層部にある【棘間筋】には「筋紡錘」が密になっていることもわかっていて、筋緊張の変化から姿勢変化を瞬時に察知して背骨の位置を調整することで背骨の安定に大きく貢献しています。

【棘間筋】神経支配

【棘間筋】は、他の内因性背筋群同様に「脊髄神経後枝」支配です。

  • 脊髄神経後枝

【棘間筋】触診

【棘間筋】は、棘と棘の間に指を触れ脊柱の伸展運動で収縮を確認できますが、最深層部にある小さな筋肉なので、上層部の筋肉との明確な区別は困難です。

【棘間筋】ストレッチと鍛える方法

【棘間筋】は背骨を安定させる役割がある最深層部のインナーマッスルなので、正しい姿勢と作用する筋肉を意識する習慣をつけることが一番効果的なエクササイズになります。

運動をする時も、背骨(軸)を意識できるようになるとあらゆる動作のパフォーマンスが上がり、疲れにくくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事