【短母趾屈筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

足と足趾の筋肉
この記事は約3分で読めます。

【短母趾屈筋】は、足裏の母趾球を構成する筋肉のひとつで、足の縦アーチ形成や母趾屈曲運動に作用して、安定した立位や歩行をサポートしている筋肉です。

【短母趾屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【短母趾屈筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【短母趾屈筋】は、「母趾内転筋」「短小趾屈筋」と共に足底筋群第3層に分類される筋肉で、「母趾内転筋」「母趾外転筋」と共に足底内側筋群(母趾球筋)にも分類されます。

  • 名称:短母趾屈筋
  • ふりがな:たんぼしくっきん
  • 英語名:Flexor Hallucis Brevis

【短母趾屈筋】の主な作用は母趾(第1趾)中足趾節関節屈曲と足の内側縦アーチの維持で、母趾末節骨底に付着する長母趾屈筋と相乗的に作用します。

【短母趾屈筋】起始停止

【短母趾屈筋】は足底内側部にある筋肉で、2頭で起始して2つの内側と外側で2つの筋腹で前内側方向へ走行します。

各筋腹の遠位腱は、母趾基節骨底の側面にそれぞれ停止します。

起始 停止
短母趾屈筋 外側頭 立方骨足底面内側・長腓骨筋腱溝後方・外側楔状骨隣面 第1趾(母趾)基節骨底外側
内側頭 後脛骨筋腱外側・内側筋間中隔中央帯 第1趾(母趾)基節骨底内側

走行の過程で【短母趾屈筋】内側頭の腱は「母趾外転筋」と、外側頭の腱は「母趾内転筋」と癒合します。

また、【短母趾屈筋】の2頭間を「長母趾屈筋」腱が通過し、母趾末節骨底に停止しています。

更に、停止部両側では、それぞれの腱に埋め込まれるように2つの種子骨が発達していますが、各種子骨は第一中足骨頭両側でそれぞれ関節を構成し、「長母趾屈筋」と【短母趾屈筋】の力を高めるてこの支点のような役割をしています。

【短母趾屈筋】作用

【短母趾屈筋】の主な作用は、第1中足趾節間関節での母趾屈曲と足の縦アーチの維持です。

関節 作用
短母趾屈筋 第1中足趾節間関節 屈曲

母趾屈曲作用においては、「長母趾屈筋」を補助して歩行、ランニング、ジャンプなどの際に地面を蹴り上げる力を高めます。

「母趾内転筋」と「母趾外転筋」とも繊維を癒合させていることからも運動において母趾を安定させつつ大きな力を発揮していることがわかります。

また、母趾の基節骨と足根骨の間の弦となっているため、【短母趾屈筋】が収縮することで土踏まず部分を作る足の縦アーチが維持され、立位動作の負担を和らげつつ立位バランスを調整しています。

【短母趾屈筋】神経支配

【短母趾屈筋】は、脛骨神経の末端枝である内側足底神経(S1、S2)支配です。

【短母趾屈筋】触診

【短母趾屈筋】は足底筋第三層にあり、内側の「母趾内転筋」外側の「短趾屈筋」の間に位置しています。

また、【短母趾屈筋】は、足底内側部で「母趾内転筋」「母趾外転筋」と共に足底内側面で母指球を構成しています。

【短母趾屈筋】ストレッチと筋トレ

【短母趾屈筋】は足の縦アーチを形成し、ランニングやジャンプなど踏み込みや蹴り出しにおいて重要な働きをする筋肉です。

足部全体の構造を理解してトレーニングやコンディショニングを実践するとより効果的です。

【足のアーチ】とは?外反母趾や扁平足を予防改善・転倒予防・疲れにくい身体作りに効果的な足趾と足の運動のやり方
【足のアーチ】は、下肢遠位端で、立位歩行における地面と唯一の接する構造である足部の機能を高める弓状構造です。 【足のアーチ】を正常に保ち、足部および足趾機能を高めることで、扁平足や外反母趾などの足の変形問題の予防・改善はもちろん、腰痛や肩こりも解消し、疲れにくく効率よく動ける身体が作れます。 スポーツや運動のパフォーマンスを高めたい場合はもちろん、ハイヒールなど特殊な靴を履く機会が多い人、転倒予防対策、姿勢を整えて疲れにくい身体を作りたい人は、【足のアーチ...
【足関節(足部関節)と足趾関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】
【足部(かかとや足首〜足のゆび先まで)】には左右で56個の骨で構成されていて、それぞれの骨結合ごとに関節面があります。 また、配列や筋肉の作用ごとに、運動機能関節や足裏のアーチ(土踏まず)を作る構造などにも区分でき、体重を支える足部の安定性を維持しつつ、多様な方向へ 運動できます。 レオナルドダビンチも「工学の傑作」と称賛した優れた構造を持つ【足関節(足部関節)および足趾関節】の運動方向や可動域(ROM)】についてイラスト図解を用いてわかりやすくまとめまし...
タイトルとURLをコピーしました