【母趾内転筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【母趾内転筋】は、足の縦アーチにも横アーチにも関与している足裏内側にある筋肉です。

【母趾内転筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

【母趾内転筋】の解剖学構造を理解したセルフケアをすることで、外反母趾や扁平足を予防し、歩行や立位動作のパフォーマンス向上(膝や腰への負担軽減など)につながります。

【母趾内転筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【母趾内転筋】は、「短母趾屈筋」「短小趾屈筋」と共に足底筋足底筋第3層、および「母趾外転筋」「短母趾屈筋」と共に足底内側(母趾球筋)に分類される筋肉です。

  • 名称:母趾内転筋
  • ふりがな:ぼしないてんきん
  • 英語名:Adductor hallucis

【母趾内転筋】の主な作用は名前の通りで母趾内転で、スムースな歩行に貢献しています。

また、【母趾内転筋】横頭は横足弓(足の横アーチ)、斜頭は縦足弓(足の縦アーチ)を形成し、歩行や運動時の衝撃を和らげたり、立位バランス調整に重要な役割をしています。

【母趾内転筋】起始停止

【母趾内転筋】は、横頭と斜頭と2つの起始部と走行の異なる筋腹が存在し、いずれも第1趾(母趾)基節骨外側に停止します。

起始 停止
母趾内転筋 横頭 第3-5趾深横中足骨靭帯・第3-5趾足底中足趾節靭帯 第1趾(母趾)基節骨外側
斜頭 第2-4趾中足骨底・立方骨・外側楔状骨・長腓骨筋腱

【母趾内転筋】斜頭は、第2-4趾中足骨底・立方骨・外側楔状骨・長腓骨筋腱から起始します。

筋腹は更に外側部と内側部に別れ、外側部は【母趾内転筋】横頭と接しながら、内側部は「短母趾屈筋」腱と混ざりながらそれぞれ前内側に走行します。

【母趾内転筋】横頭は、第3-5趾深横中足骨靭帯・第3-5趾足底中足趾節靭帯から起始して3つの筋腹を作り内側に進みながらひとつの筋腹となり、【母趾内転筋】斜頭と共に第1趾(母趾)基節骨外側に停止します。

【母趾内転筋】横頭の構造には個人差があり、存在しない人もいれば、第1中足骨に停止して「母趾対立筋」となる場合もあります。

【母趾内転筋】作用

【母趾内転筋】は、第1中足趾節間関節の屈曲と内転に作用します。

また、足の横アーチおよび縦アーチを維持にも貢献しています。

関節 作用
短母趾伸筋 第1中足趾節間関節 屈曲・内転

【母趾内転筋】が収縮すると母趾を足の正中線に向かって引く作用が生じます。

また、「長母趾屈筋」と一緒に母趾屈曲にも作用します。

これらの作用は、歩行やランニングなどでかかとが離れてつま先重心になるときにつま先を安定させるために重要です。

水平に走行する横頭が足の横アーチを安定させているので、更につま先での推進力(蹴り出し)を高めます。

【母趾内転筋】神経支配

【母趾内転筋】は、脛骨神経に由来する外側足底神経の深枝(S2、S3)支配です。

【母趾内転筋】触診

【母趾内転筋】は、「長趾屈筋」腱、「短趾屈筋」「底側骨間筋」の下部で、「短母趾屈筋」の内側かつ近位に存在します。

母指内転方向に力を入れると、足のアーチの形成により縦方向及び横方向に膨らむ筋腹を確認できます。

【母趾内転筋】ストレッチと筋トレ

【母趾内転筋】は、通常の歩行でも十分にトレーニングできる筋肉ですが、硬く凝り固まって機能しにくくなっている場合は、まずマッサージで凝りをほぐしてから動きの再教育が必要です。

【母趾内転筋】横頭と斜頭で収縮方向が異なるので、分けてトレーニング(横アーチ・縦アーチをそれぞれ意識)しましょう。

足のアーチを正常に保つことで、膝や腰への負担も軽減し、疲労しにくい身体が作れます。

 

【足のアーチ】とは?外反母趾や扁平足を予防改善・転倒予防・疲れにくい身体作りに効果的な足趾と足の運動のやり方

【足関節(足部関節)と足趾関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事