母趾内転筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

足の縦横アーチを形成する【母趾内転筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


日頃から解剖学的構造を理解したセルフケアをすることで、外反母趾や扁平足を予防し、歩行や立位動作のパフォーマンス向上(膝や腰への負担軽減など)につながります。

母趾内転筋の概要

  • 名称:母趾内転筋
  • ふりがな:ぼしないてんきん
  • 英語名:Adductor hallucis
  • 横頭は横足弓(足の横アーチ)、斜頭は縦足弓(足の縦アーチ)を形成し、歩行や運動時の衝撃を和らげたり、立位バランス調整に重要な役割をしています。

    足のアーチを正常に保つことで、膝や腰への負担も軽減し、疲労しにくい身体が作れます。

    母趾内転筋の起始・停止

  • 横頭起始:第3-5趾中足趾節関節関節包
  • 斜頭起始:第2-4趾中足趾中足骨底
  • 停止:母趾基節骨底
  • 母趾内転筋の作用


    解剖学的表現

  • 母趾内転
  • 足の縦横アーチを形成

  • 日常でのイメージ

  • 土踏まずを作り、母趾が外反・外転するのを予防して安定した立位動作を支える
  • 母趾内転筋の神経支配

  • 外側足底神経(S2-S3)
  • 母趾内転筋の働きを3D動画で確認

    母趾内転筋を触診

    母指内転方向に力を入れると、足のアーチの形成により縦方向及び横方向に膨らむ筋腹を確認できます。

    母趾内転筋のストレッチと筋トレ

    通常の歩行でも十分にトレーニングできる筋肉ですが、硬く凝り固まって機能しにくくなっている場合は、まずマッサージで凝りをほぐしてから動きの再教育が必要です。

    横頭と斜頭で収縮方向が異なるので分けてトレーニング(横アーチ・縦アーチをそれぞれ意識)しましょう。


    母趾内転筋ストレッチ

    母趾内転筋の走行を意識してストレッチ(母趾外転)します。
    深呼吸をしながら無理のない範囲で行いましょう。


    母趾内転筋筋トレ

    母趾内転筋の走行を意識して収縮(母趾内転・アーチを作る意識)させます。
    負荷や体位は個別に調整してください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事