短小趾屈筋(足の筋肉)【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

足・足趾
スポンサー

【短小趾屈筋】は、小趾に特化して作用する足裏の筋肉です。

【短小趾屈筋】の解剖学的構造を3D動画を使ってわかりやすくシンプルに整理し、小趾の屈筋作用を持つ長趾屈筋と区別して強化する方法も説明しています。

短小趾屈筋の概要

  • 名称:短小趾屈筋
  • ふりがな:たんしょうしくっきん
  • 英語名:Flexor Digiti Minimi Brevis
  • 小趾を曲げる働きをする小さな筋肉です。

    短小趾屈筋の起始・停止

  • 起始:長足底靭帯・第5中足骨底・長腓骨筋腱
  • 停止:小趾基節骨底
  • 小趾対立筋も短小趾屈筋とほぼ同じ位置から始まり、癒合したりしている人も多く区別が難しいケースもあります。

    小趾外転筋もMP屈曲に作用し、同じ基節骨底に付着しているため、癒合してそれぞれの作用が曖昧になっているケースも多くあります。

    短小趾屈筋の作用


  • 小趾屈曲(MP)
  • 中足骨から基節骨へ付着しているため、MP関節に作用して小趾を屈曲する筋肉です。

    長趾屈筋も同様に小趾MP関節屈曲に作用しますが、2〜5趾に全てに働きます。
    小趾のMP関節だけを屈曲する筋肉は短小趾屈筋のみです。

    短小趾屈筋の神経支配

  • 外側足底神経(S1~S2)
  • 短小趾屈筋の働きを3D動画で確認

    短小趾屈筋を触診

    足底筋群の3層目にあり、触診しやすい筋肉です。

    中足骨の上下を手でつまむ様に触れてMP関節の屈伸をすると短小趾屈筋の収縮・弛緩が確認できます。

    短小趾屈筋を鍛える方法

    小さい筋肉なのでごく小さい動きでトレーニングできます。

    短小趾屈筋、小趾対立筋、小趾外転筋がそれぞれ癒合したりして運動の区別があいまいになっている可能性もあります。
    短小趾屈筋の解剖学的構造をイメージしながら丁寧に行いましょう。


    ストレッチ

  • 長趾屈筋と区別するため足首を底屈方向にした状態で小趾の基節骨をつかんで伸展させる

  • 筋力強化

  • 手の指で小趾に抵抗をかけた状態でMP関節を屈曲する方向へ力を入れる
  • タオルギャザー

  • トレーニング前後の片足立ちのしやすさで変化を実感できます。

    タイトルとURLをコピーしました