足底方形筋(足の筋肉)【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

足・足趾
スポンサー

【足底方形筋】は長趾屈筋をサポートする足裏の筋肉で、斜めに走行している長趾屈筋の作用を補強し(踵へまっすぐ向かう方向へひっぱり)、「足の趾を屈曲する」動作が正常にできるようになります。

【足底方形筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。

足底方形筋の概要

  • 名称:足底方形筋
  • ふりがな:そくていほうけいきん
  • 英語名:Quadratus Plantae
  • 趾屈補助筋とも呼ばれ、長趾屈筋の補助的な役割をする筋肉。

    足底方形筋の起始・停止

  • 内側頭起始:踵骨隆起内側突起
  • 外側頭起始:踵骨隆起外側突起
  • 停止:長趾屈筋腱の外側縁
  • 骨から二頭で始まり長趾屈筋腱に付着

    足底方形筋の作用


    解剖学的表現

  • 足趾屈曲(長趾屈筋補助)
  • 足弓の維持

  • 日常でのイメージ

    足底方形筋があることで、斜めに走行している長趾屈筋の作用を補強し(踵へまっすぐ向かう方向へひっぱり)、「足の趾を屈曲する」動作が正常にできるようになります。

    足底方形筋が硬くなったり動きが弱くなると足首が硬くなります。

    足底方形筋の神経支配

  • 外側足底神経(S1~S2)
  • 足底方形筋の働きを3D動画で確認

    足底方形筋を触診

    深層にあるため直接触診はできませんが、足底の大きな筋肉のため比較的簡単に収縮を確認できます。

    足底方形筋を鍛える方法

    まず足首をまわしたり足の裏をマッサージして筋肉の緊張をほぐしてから、タオルギャザーで掴む運動を意識して行います。

    足の裏や足趾のトレーニングに関する詳細はこちら

    参考:足のアーチと足のトラブル予防

    足のアーチと足趾運動で外反母趾や扁平足を予防改善する方法
    足の裏や足趾の運動に関与する筋肉を鍛えて足のアーチ(土踏まず)を正常に保ち、足のゆびが自由に動かせるようになると、扁平足や外反母趾などの足の問題の予防・改善はもちろん、腰痛や肩こりも解消し、疲れにくく効率よく動ける身体が作れます。足...
    タイトルとURLをコピーしました