短趾屈筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

ジャンプ・ダッシュ・踏ん張り力など、スポーツや運動に力強いパワーを与えてくれる足の筋肉【短趾屈筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。

短趾屈筋の概要

  • 名称:短趾屈筋
  • ふりがな:たんしくっきん
  • 英語名:Flexor Digitorum Brevis
  • 最も深層にあり、足趾の屈曲(曲げる運動)を行います。

    足底腱膜に密着した筋肉で外部からの刺激を受けやすく、またスポーツなどの強度な運動で強く作用するため、硬化や炎症なども起こしやすい筋肉です。

    短趾屈筋の起始・停止

  • 起始:踵骨隆起の内側結節・足底腱膜
  • 停止:第2~5指の中節骨底両縁

  • 中節骨底に付着する前に2つに別れて骨底の両縁で停止し、その腱の間を長趾屈筋腱が通過します。

    短趾屈筋の作用


    ・第2~5中節骨屈曲
    (DIP関節の屈曲、MP関節の屈曲補助)

    足趾を屈曲する筋肉には、長指屈筋(末節骨に停止)や虫様筋(基節骨に停止)ががあります。
    長趾屈筋虫様筋、短趾屈筋は互いにバランスをとりながら、足趾屈曲をしています。


    日常でのイメージ

    立位で地面を掴み踏ん張る時、ジャンプやダッシュなどで床を蹴り出す時などに強く働きます。また、関節の安定や足の横アーチ形成にも重要な役割をしています。

    短趾屈筋の神経支配

  • 内側足底神経(L5,S1)
  • 短趾屈筋の働きを3D動画で確認

    短趾屈筋を触診

    足の裏の最表層にあり触診しやすい筋肉です。

    短趾屈筋を鍛える方法

    強度の強い運動になるので、まずはストレッチやマッサージで十分に柔軟性がある状態でトレーニングをしましょう。


    ストレッチ

    つま先を立てて正座するように座ると自重でストレッチができます。



    筋力強化

  • タオルギャザー
  • 床を足趾で握る様に踏ん張る
  • つま先立ち歩き

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事