【足の虫様筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【足の虫様筋】は、つま先部分の伸展と屈曲という相反する両方の作用を持つ構造も名前もユニークな足裏の筋肉で、足の微妙な位置や動きを調整・制御したり、足の横アーチ保持する重要な役割があります。

【足の虫様筋】の解剖学構造をイラスト図解を使って理解し、効果的なストレッチやトレーニングで扁平足を予防したり、運動パフォーマンスを高めよう!

【足の虫様筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【足の虫様筋】は、「足底方形筋」と共に足底筋第2層に分類される筋肉で、「足底方形筋」と前後になるように4つの筋腹があります。

  • 名称:虫様筋
  • ふりがな:ちゅうようきん
  • 英語名:Lumbricals

欠損や重複など個人差がありますが、中足趾節間関節および趾節間関節を屈曲および内転させる作用があり、つま先で地面を捉えるなど歩行中における足の生体力学的バランス(立位バランス)を調整する役割があります。

【足の虫様筋】起始停止

【足の虫様筋】は起始が足底:屈筋腱で、停止が足背:伸筋腱というかなりユニークな構造の筋肉です。

起始 停止
足の虫様筋 長趾屈筋腱 第2~5趾基節骨内側および足背腱膜

【足の虫様筋】は「長趾屈筋」腱内側から起始しますが、第1虫様筋は第2趾から、その他は隣接する「長趾屈筋」腱からそれぞれ(つまり2点から)起始します。

各起始部からの筋繊維は、4つの筋腹(内側から第1〜第4虫様筋と呼ぶ)を構成して前方へ走行し、斜め上向きとなり第2~5趾基節骨内側および足背腱膜に停止します。

【足の虫様筋】停止部の筋繊維は、足趾に行く神経が中足骨間を連結する靱帯である深横中足靱帯に接しています。

【足の虫様筋】は「長趾屈筋」腱から起始するため、「長趾屈筋」の補助筋とみなされる場合もあります。

【足の虫様筋】の起始部となった「長趾屈筋」腱は、【足の虫様筋】下内側および外側面を通過してから、屈筋鞘を通過します。

【足の虫様筋】作用

【足の虫様筋】が収縮すると基節骨底内側を引き、中足指節間(MTP) 関節を屈曲および内転(母趾側へ引き寄せる)作用が生じます。

また、足背腱膜を引く作用も生じるので、趾節間 (IP) 関節を伸展する作用も生じます。

関節 作用
足の虫様筋 第2~5中足趾節関節 屈曲・内転(母趾側へ引き寄せ)
第2~5趾節間関節 伸展

【足の虫様筋】は、起始が底側で停止が背側のため筋肉が小さくても屈曲する力は効率よく作用し、これらの作用は足の微妙な位置や動きを調整・制御したり、足の横アーチ保持する重要な役割があります。

中足趾節関節屈曲および内転作用は、足趾の伸筋群の拮抗筋として歩行時のつま先の過伸展を抑制し、趾節間関節関節伸展作用は、足趾の屈筋群の拮抗筋としてつま先の引っ掛かりを予防しています。

【足の虫様筋】神経支配

【足の虫様筋】は、脛骨神経の2つの末端枝から支配されています。

筋腹 神経
足の虫様筋 第1 内側足底神経(S2、S3)
第2~4 外側足底神経(S2、S3)

【足の虫様筋】触診

【足の虫様筋】は足背中央部で、「足底方形筋」上部にある筋肉です。

【足の虫様筋】筋トレとストレッチ

スポーツなど細かい足の動き調整が必要な時にも活躍する筋肉ですし、ハイヒール着用などでも負担がかかる部位にあります。

使いすぎたり、または機能低下などで硬くなってしまっている場合はマッサージなどでほぐして、代償動作が出ないようにトレーニングやコンディショニングを行いましょう。

足趾でチョキをする(2〜5趾のMP関節だけを屈曲する)、手で2〜5趾のMP関節を伸展させて屈曲するさせる方向に力を入れる(4趾一緒、または1趾ずつなど)などの方法があります。

足底方形筋同様、足首やふくらはぎの働きにも影響があるので、つま先立ちやウォーキングなど足首からふくらはぎまで動かすストレッチや運動を前後に加えるなど、足部全体の構造を理解してトレーニングやコンディショニングを実践するとより効果的です。

【足のアーチ】とは?外反母趾や扁平足を予防改善・転倒予防・疲れにくい身体作りに効果的な足趾と足の運動のやり方

【足関節(足部関節)と足趾関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事