【ラジオ体操第1の正しいやり方】⑬深呼吸【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学

正しいラジオ体操
この記事は約3分で読めます。
スポンサー

みんなやったことがあるけれど正しくできるいる人が意外に少ない「ラジオ体操」ですが、実はたった3分で全身をバランスよく整える美容健康効果に優れた最強エクササイズです。

「【ラジオ体操第一】⑬深呼吸」を解剖学と運動学の視点から分析し、うまくできない時の軽減方法やなりたいスタイルや目的に合わせたアレンジも提案します。

「ダイエットやボディメイクをしたいけれど何から始めたらよいかわからない」「運動を始めたいけど難しいのは続かない」なら、まず「ラジオ体操」を極めてみることをオススメします!

【ラジオ体操】とは

ラジオ体操に関する一般情報や目的別エクササイズへのリンクはこちらの記事を参照してください。

最強ダイエット運動メニュー?!【ラジオ体操】効果を倍増させる【イラスト図解説付き!】筋肉解剖学
「ラジオ体操」はシンプルな動きの組み合わせでたった3分で終わる続けやすい運動メニューとして「だれでもできる」ことを目的に作られていますが、解剖学や運動学を意識して本気で丁寧に取り組めば、全身をバランスよく整える姿勢調整効果に優れた最強の筋トレ有酸素運動メニューになり得る本当に優れた運動メニューです。「ラジオ体操」を正しく理解して毎日運動メニューとして取り入れると様々な体型の悩みや現代人に多い体調不良(肩こり、腰痛、猫背、便秘、肌荒れ、ストレス、うつ、など)の予防解消効果...

【ラジオ体操第一】⑬深呼吸【正しいやり方と解剖学】

目的と効果

「【ラジオ体操第一】⑬深呼吸」は、「体をゆっくりと平常の状態に戻す」目的で一番最後に組み込まれています。

  • リラックス効果
  • 正しい姿勢づくり

これまでの運動で整った姿勢と姿勢を整えることで深まった気持ちの良い呼吸を感じられてリラックスできたら、これまでの運動が正しくできている証拠です。

正しい姿勢で行う深呼吸は、インナーユニットを刺激して姿勢を整えて心身をリフレッシュする効果に優れていますので、呼吸も全身の筋肉を使う運動と捉えて丁寧に実践しましょう。

準備姿勢(スタートポジション)

「【ラジオ体操第一】①伸びの運動」の準備姿勢(スタートポジション)は、背骨と骨盤をニュートラルした良い姿勢です。

脚は揃えて、腕は体側に自然と添えます。

正しいやり方(流れ)

運動要素としては一番最初にやる「伸びの運動」と同じですが、1つ目の体操の目的だった「姿勢を整え背筋を伸ばすこと」はこれまでの運動でできているので、正しい姿勢が維持できていることを確認しながら、「より深く、よりゆっくりとした呼吸」に意識を向けます。

  • 基本姿勢
  • 息を大きく吸いながら、腕を上げる
  • 息をゆっくりと吐きながら、腕を横から下ろす

運動メニュー 解剖学
関節 運動方向
基本姿勢 骨盤 ニュートラル
背骨 ニュートラル
息を吸いながら腕を前から上げ 肩関節 屈曲
胸郭+腹腔 拡大(吸気)
椎間 拡大
息を吐きながら腕を横から下ろす 肩関節 内転
胸郭+腹腔 戻す(吸気)
椎間 戻す

注意ポイント(コツ)

この体操では、公式サイトでも記載があるように深い呼吸に意識を向けることが目的です。

腕の動きにとらわれず、深い呼吸を意識しましょう

呼吸は意識して行うとインナーマッスルを鍛えて、それだけでも姿勢改善や代謝を高めてダイエット効果がある運動メニューですが、猫背姿勢になりがちな現代人は浅い呼吸が慢性化して、意識して呼吸をすること方法を忘れてしまっている人がたくさんいます。

背伸びをしながら呼吸を行うこの運動メニューでは、自分の呼吸に意識を向けるとてもよい練習になりますので、以下の記事も参考に自分の呼吸に意識を向けながら、胸郭と腹腔を最大限使って深い呼吸を楽しみましょう。

呼吸ダイエットで簡単にシックスパックを作る〜ロングブレスダイエットの効果とは?
辛いトレーニング不要!呼吸を意識するだけで効果的な腹筋トレーニングができます。24時間休まず続ける呼吸へ意識を向けて、くびれたウエスト、凹んだお腹、自慢したいシックスパックやA4腹筋を簡単に作りませんか?腹筋を鍛える医学的なメリットA4腹筋やシックスパック:人に見せたくなる美しい腹筋作りが注目されています。美しい腹筋で美しい姿勢を維持できれば、内臓機能が円滑に働くようになり、全身の循環もよくなり、身体にかかるストレス軽減につながるため、ダイエット効果...
【腹式呼吸】【胸式呼吸】とは〜やり方や使う筋肉の違いと効果比較
【腹式呼吸】と【胸式呼吸】ってどっちがいいの?普段無意識に行っている呼吸を意識的に整えれば、体幹を整え、姿勢を整え、ケガ予防、疲労の軽減、精神安定、集中のコントロール効果が期待できます。呼吸の解剖学呼吸とは私たちが外気から酸素を取り入れ、身体中の細胞へ血液を介して届け、体内で消費して、二酸化炭素 (CO2) を体外へ放出することであり、私たち生物が生き続けるために不可欠な生命維持活動です。私たちが意識している「呼吸」とは、「肺の中にある息を吐き出し...

できない時の軽減方法

姿勢が整っていない場合は深い呼吸ができません。

姿勢が整い身体が軽くなった感覚や深まった呼吸が感じられない場合は、もう一度最初から体操を見直してみましょう。

目的別アレンジ方法

ただいま準備中。2021年公開予定

タイトルとURLをコピーしました