【回外筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【回外筋】は、前腕後面深層筋群に分類され、前腕回外に作用する筋肉です。

【回外筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【回外筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【回外筋】は、「長母指外転筋」「短母指伸筋」「長母指伸筋」「示指伸筋」と共に前腕後面深層筋群に分類される筋肉です。

  • 名称:回外筋
  • ふりがな:かいがいきん
  • 英語名:Supinator

【回外筋】は橈骨近位部を囲むように走行して尺骨とつながり、前腕回外に作用します。

「円回内筋」の拮抗筋として、また、「上腕二頭筋」の回外作用と相乗的に働いて、「ジャムの瓶のフタを回す」「ドライバーを回す」などの日常動作、バトミントンやバレーなど前腕の調整が重要なスポーツで活躍します。

【回外筋】起始停止

【回外筋】は、橈骨近位部を尺骨とつないで包み込むように走行しています。

起始 停止
回外筋 上腕骨外側上顆・橈側側副靭帯・輪状靭帯・尺骨回外筋稜・尺骨窩付近 橈骨近位1/3前面・後面・外側面(円回内筋付着部上方)

【回外筋】は上腕骨外側上顆・腕尺関節の外側側副靭帯・上橈尺関節の輪状靭帯・尺骨回外筋稜および尺骨窩付近から起始しますが、表層と深層の二層構造になっていて、表層は腱繊維から、深層はすでに形成された筋腹から生じます。

橈骨1/3を包み込むように螺旋状の筋腹を構成し、橈骨近位1/3前面、後面、外側面に停止します。

【回外筋】作用

【回外筋】の主な作用は、前腕回外です。

関節 作用
回外筋 近位橈尺関節 前腕回外

【回外筋】が収縮すると、近位橈尺関節で橈骨を外側に回旋させる作用が生じ、橈骨と尺骨が並行になるため掌が上を向きます。

ポップコーンを掴んで口に入れる時など抵抗がなくゆっくりと回外する場合は、【回外筋】だけで十分な力を発揮でき、主要な回外筋となります。

一方、ジャムの瓶のフタを回す、ドライバーを回す、ワインのコルクを抜く、バトミントンやバレーなど前腕の調整が重要なスポーツなど、素早さ、強さ、または抵抗に対して回外する時は、主要な回外筋は「上腕二頭筋」になり、【回外筋】は補助として作用します。

ただし、肘が完全に伸展した状態では「上腕二頭筋」は回外に作用しないため、肘関節90度で回外の作用は最大化します。

【回外筋】神経支配

【回外筋】は、橈骨神経の枝である後骨間神経(C7-C8)支配です。

【回外筋】触診

【回外筋】は、橈骨と尺骨の直上にある前腕深層の筋肉で、「上腕筋」と共に肘窩底面を形成しています。

【回外筋】橈側面は「短橈側手根伸筋」および「長橈側手根伸筋」に、【回外筋】尺側面は「肘筋下部」に覆われています。

【回外筋】すぐ近位で橈骨神経深枝が後骨間神経に分岐し、【回外筋】深層と浅層の間を通過して前腕後面伸筋群を支配しています。

【回外筋】ストレッチと筋トレ

【回外筋】は、前腕筋群および手内筋全体の構造を把握することで効果的にコンディショニングができます。

前腕を太くするボディメイクトレーニング、手首や指を使うスポーツや動作のパフォーマンス向上や疲労時のメンテナンスなど目的に合わせて調整しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事