【円回内筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

前腕の筋肉
この記事は約3分で読めます。

【円回内筋】は前腕前面表層最外側にある筋肉で、家事やデスクワークなど日常生活でも酷使しがちなため、夕方に手や腕の痺れを感じる場合は、【円回内筋】が悲鳴をあげているかもしれません。

また、ゴルフ肘や野球肘の原因筋としてもよく知られています。

【円回内筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明していますので、解剖学構造を正しく理解して、効果的なセルフメンテナンスをしましょう。

【円回内筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【円回内筋】は、「円回内筋」「橈側手根屈筋」「尺側手根屈筋」「長掌筋」「浅指屈筋」と共に前腕前面浅層の筋群に分類され、その中で最外側にある筋肉です。

【円回内筋】は、上腕骨および尺骨から二頭で起始し、橈骨に停止し、主に前腕回内と肘屈曲に作用します。

  • 名称:円回内筋
  • ふりがな:えんかいないきん
  • 英語名:Pronator Teres

ゴルフ肘や野球肘などの肘関節炎(内側上顆炎)は【円回内筋】の疲労が原因の場合があり、【円回内筋】の過緊張で正中神経が圧迫されると腕や手の痺れの原因となります。

デスクワークや家事などでも継続的に負荷がかかる筋肉のため、夕方疲れてくると痺れを感じるなどの場合は要注意です。

【円回内筋】解剖学構造を理解して効果的にセルフメンテナンスをしましょう。

【円回内筋】起始停止

【円回内筋】は、上腕骨と尺骨から二頭で起始して、下内側を走行して橈骨外側面に停止します。

起始 停止
上腕頭(表層) 上腕骨内側上顆稜 橈骨外側面(円回内筋粗面)
尺骨頭(深層) 尺骨鉤状突起

【円回内筋】は、上腕骨内側上顆稜(内側上顆上、「上腕筋」付着部下)と尺骨鉤状突起から起始しますが、「上腕筋」と「浅指屈筋」の間で、「長母指屈筋」起始部の上部になります。

二頭で起始した筋繊維は、「腕橈骨筋」深層を下内側に走行しながらひとつの筋腹に収束し、平らな腱となって回外筋停止部の下で橈骨外側面(円回内筋粗面)に停止します。

【円回内筋】作用

【円回内筋】の主な作用は、前腕の回内です。

関節 作用
円回内筋 近位橈尺関節 回内
肘関節 屈曲

【円回内筋】が収縮すると、橈骨を内側へ引く力が働くため、尺骨近位部を軸として近位橈尺関節が回内します。

前腕が回内すると掌が下を向くため、パソコンや家事など作業をする姿勢を作る時によく働きます。

また、肘関節にある【円回内筋】は、橈骨を肘関節へ引き寄せ肘関節を安定させたり、肘関節屈曲にも作用します。

【円回内筋】神経支配

【円回内筋】は、腕神経叢(C5-T1)の枝である正中神経(C6-C7)支配です。

【円回内筋】触診

【円回内筋】は、前腕前面浅層筋群の中で最外側にあり、その内側は「橈側手根屈筋」と接していて、遠位前面では「腕橈骨筋」に覆われています。

また、【円回内筋】は肘窩内側縁を形成し、神経血管構造の通り道になっています。

【円回内筋】上縁付近で上腕動脈が尺骨動脈と橈骨動脈に分岐し、尺骨動脈は【円回内筋】後方を、橈骨動脈は【円回内筋】上端を通過します。

【円回内筋】二頭の間を正中神経が走行し、【円回内筋】尺骨頭は尺骨動脈と尺骨神経を隔てています。

【円回内筋】ストレッチと筋トレ

【円回内筋】が凝り固まったり、誤用や過用で炎症が生じると神経や血管を圧迫して腕や手の痛みや痺れにつながります。

前腕筋群全体の構造を把握して、効果的なコンディショニングをしましょう。

タイトルとURLをコピーしました