【下腿(膝下)筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止・作用)】

下腿(ふくらはぎ)の筋肉
この記事は約8分で読めます。

【下腿(膝下)に筋腹を持つ筋肉】を一覧にまとめました。

【下腿(膝下)筋肉】は、二本足動物としてのパフォーマンスを高めるために重要な役割をしています。

【下腿筋肉】役割と分類

【下腿】つまり、膝下にある筋肉群は、二本足動物である人間の体重を支え、運動パフォーマンスを高めるために重要な役割をしています。

【下腿の筋肉】は、主に足部(足首や足のゆび)の多様な動き(運動)に対応し、歩行、ランニング、ダンス、様々な場面での立位バランスをとるために不可欠な調整機能を持っています。

  • 足首や足趾での立位バランス調整
  • 足のアーチ形成
  • 足首や足趾の運動

【下腿(膝下)筋肉】は、前面の足首背屈筋群、後面の足首底屈筋群、外側にある腓骨筋群の3つに大きく分類できます。

筋肉群 個別筋肉
前面 足関節背屈筋群(深腓骨神経) 「前脛骨筋」「長趾伸筋」「第三腓骨筋」「長母趾伸筋」
後面
表層 足関節底屈筋群(脛骨神経) 下腿三頭筋(「腓腹筋」「ヒラメ筋」)「足底筋」
深層 「膝窩筋」「後脛骨筋」「長趾屈筋」「長母趾屈筋」
側面 腓骨筋群(浅腓骨神経) 「長腓骨筋」「短腓骨筋」

各筋肉の単独の構造や作用だけでなく、足部の骨、関節構造、および筋肉機能単位(筋膜含む)での作用や拮抗作用なども合わせて包括的に理解することで、実践に生かせる実用的な知識になります。

合わせてチェック!
【脛骨・腓骨・膝蓋骨】下腿骨の構造〜イラスト図解でわかりやすい骨解剖学
膝下から足首までを構成する下腿の骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。 下腿の骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)とは?どこにあるどんな骨? 【下腿】は膝〜足首までの範囲です。 【脛骨と腓骨】が2つの骨がスネおよびふくらはぎ部分の軸となり、下端部は「くるぶし」として触れることができます。 スネの筋肉の少ない部分で簡単に触れることができる骨が脛骨(いわゆる弁慶の泣き所)です。 太ももの骨である大腿骨...
【足根骨・中足骨・足趾骨】イラスト図解でわかりやすい骨解剖学
【足根骨・中足骨・足趾骨】は、立位歩行においては唯一地面と直接面する骨です。 体重を支えるためにアーチを作るなど、二本足歩行を行う人間特有の構造を持っている【足根骨・中足骨・足趾骨】についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。 【足根骨・中足骨・足趾骨】とは?どこにあるどんな骨? 【足根骨・中足骨・足趾骨】は足首以下、立位歩行時に地面や床と瀬する面を作る複数の小さな骨の集合体です。 足根骨:かかとや土踏まずなどを構成する骨 ...
【足関節(足部関節)と足趾関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】
【足部(かかとや足首〜足のゆび先まで)】には左右で56個の骨で構成されていて、それぞれの骨結合ごとに関節面があります。 また、配列や筋肉の作用ごとに、運動機能関節や足裏のアーチ(土踏まず)を作る構造などにも区分でき、体重を支える足部の安定性を維持しつつ、多様な方向へ 運動できます。 レオナルドダビンチも「工学の傑作」と称賛した優れた構造を持つ【足関節(足部関節)および足趾関節】の運動方向や可動域(ROM)】についてイラスト図解を用いてわかりやすくまとめまし...

【下腿前面の筋肉】足関節伸筋群

【下腿前面】にある筋肉群は、深腓骨神経支配で、主に足関節背屈運動や足趾伸展運動に作用します。

筋肉名 英語
下腿前面 前脛骨筋 Tibialis Anterior
長趾伸筋 Extensor Digitorum Longus
長母趾伸筋 Extensor Hallucis Longus
第三腓骨筋 Fibularis Tertius

「足関節背屈」は、歩行などの際に足が地面から離れている時に重要な動作(足を地面に擦らないようにする)で、足部にある複数の関節運動が連動しています。

【前脛骨筋】

【前脛骨筋】は下腿前面(スネ部分)にある紡錘状の筋肉です。

「第三腓骨筋」「長趾伸筋」「長母趾伸筋」と共に、下腿前面筋(伸筋群)として分類されます。

【前脛骨筋】の主な作用は足関節(距腿関節)の背屈ですが、距骨下(距踵)関節内反にも作用し、歩行や立位での活動に重要な役割があります。

スポーツや運動では、スキーやアイススケートなどで足首から前傾姿勢になる場合に強力に働きます。

強力はふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)の拮抗筋としても重要で、立位バランスや歩行などを安定させるためにも、正しい解剖学知識に基づくコンディショニングや筋トレでの強化が重要です。

詳しくはこちら!
【前脛骨筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【前脛骨筋】は、下腿前面(スネ部分)外側から母趾骨へ走行して、主に足首や足部の運動に作用します。 【前脛骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。 【前脛骨筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【前脛骨筋】は下腿前面(スネ部分)にある紡錘状の筋肉です。 「第三腓骨筋」「長趾伸筋」「長母趾伸筋」と共に、下腿前面筋(伸筋群)として分類されます。 名称:前脛骨筋 ふりがな:ぜんけいこつきん 英語名...

【長趾伸筋】

【長趾伸筋】は下腿前面にある羽状の筋肉で、「前脛骨筋」「第三腓骨筋」「長母趾伸筋」と共に下腿前面に筋腹を持つ足首伸筋群に分類されます。

【長趾伸筋】は、足背を横切り背屈運動に作用すると共に、距骨下関節、中足趾節関節、足趾節間関節も経由するため、距骨下関節外反や足趾伸展にも作用します。

特に歩行などの際に、かかとが地面に着くまで足や足趾を持ち上げ続ける時に重要で、足先が床に突っかからないように働いています。

 

詳しくはこちら!
【長趾伸筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【長趾伸筋】は、下腿(スネ部分)前側にある筋肉のひとつで、足部と足趾に作用して、歩行時などに足のつま先が床にひっかからないように調整してくれています。 スムースな歩行や立位動作に重要な役割を果たす 【長趾伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【長趾伸筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【長趾伸筋】は下腿前面にある羽状の筋肉で、「前脛骨筋」「第三腓骨筋」「長母趾伸筋」と共に下腿前面に筋腹を持つ足首伸筋群に分類されます。 ...

【第三腓骨筋】

【第三腓骨筋】は下腿外側下部にある筋肉で、「前脛骨筋」「長趾伸筋」「長母趾伸筋」と共に、主に足関節背屈に作用する下腿前面の筋群に分類されます。

【第三腓骨筋】の主な作用は以下の2つですが、小さな筋肉なので単独で運動を起こすには弱く、下腿前後の筋肉の機能バランスを調整するように作用しています。

足首の筋肉は内くるぶしの後ろを通過する筋肉が多く、足首全体として内反する力が強くなりやすいので、外反作用が低下すると足首の内反による捻挫が生じやすくなりますが、【第三腓骨筋】は、足首を安定させる役割があります。

 

詳しくはこちら!
【第三腓骨筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【第三腓骨筋】は下腿前外側下方にある小さな筋肉で、内反位にひっぱられやすい足首のバランスを調整し捻挫予防や立位動作安定に貢献している筋肉です。 【第三腓骨筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【第三腓骨筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【第三腓骨筋】は下腿外側下部にある筋肉で、「前脛骨筋」「長趾伸筋」「長母趾伸筋」と共に、主に足関節背屈に作用する下腿前面の筋群に分類されます。 名称:第三腓骨筋 ふりが...

【長母趾伸筋】

【長母趾伸筋】は、「前脛骨筋」「長趾伸筋」「第三腓骨筋」と共に脛骨前面の筋肉(足関節背屈筋)に分類されます。

【長母趾伸筋】という名前の通り、主な作用は母趾伸筋で、伸展作用は、中足趾節関節と足趾節間関節両方で生じます。

【長母趾伸筋】の母趾伸筋作用は、歩行やランニングなどの際に足のつま先がひっかからないようにし、スムースな歩行や重心移動に貢献しています。

また、【長母趾伸筋】は、「前脛骨筋」や「長趾伸筋」を補助するように足関節背屈にも作用します。

足関節背屈作用は、足が床に固定されている時(しゃがむなど)には、重心を前に移動させて後ろに身体が倒れるのを防ぎます。

 

詳しくはこちら!
【長母趾伸筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【長母趾伸筋】は、「前脛骨筋」「長趾伸筋」の間にある細い筋肉で、母趾と足部関節の運動調整に作用することで、歩行時に足のつま先がひっかからないようにし、スムースな歩行や重心移動に貢献しています。 【長母趾伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【長母趾伸筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【長母趾伸筋】は、「前脛骨筋」「長趾伸筋」「第三腓骨筋」と共に脛骨前面の筋肉(足関節背屈筋)に分類されます。 名称:長母趾伸...

【下腿後面の筋肉】足関節屈筋群

【下腿後面】にある筋肉群は、主に足関節の底屈運動に作用します。

筋肉名 英語
下腿後面表層 腓腹筋 Gastrocnemius
ヒラメ筋 Soleus
足底筋 Plantaris
下腿後面深層 後脛骨筋 Tibialis Posterior
長指屈筋 Flexor Digitorum Longus
長母趾屈筋 Flexor Hallucis Longus
膝窩筋 Popliteus

「足関節底屈」は、歩行などの際にかかとを持ち上げてつま先立ちになる時や立位でバランスを保持する時などに重要な動作です。

【腓腹筋とヒラメ筋:下腿三頭筋】

【腓腹筋とヒラメ筋】は【下腿三頭筋】と呼ばれ、「ふくらはぎ」の形を決めるアウターマッスルであり、アキレス腱になって踵に付着し、立位・歩行動作はもちろん、循環や全身の健康にも関与しています。

脚のむくみや疲れやすさ、冷えなどが気になる場合は、ふくらはぎの筋肉である【下腿三頭筋】鍛えて全身の循環を改善することで解決できる場合があります。

また、【下腿三頭筋】の大きさや形状でふくらはぎの外観が決まりますので、きゅっと引きしまったふくらはぎや足首をボディメイクするためにも、正しい解剖学知識は不可欠です。

合わせてチェック!
【下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋)】ふくらはぎの筋肉【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
【腓腹筋とヒラメ筋】は【下腿三頭筋】と呼ばれ、「ふくらはぎ」の形を決めるアウターマッスルであり、アキレス腱になって踵に付着し、立位・歩行動作はもちろん、循環や全身の健康にも関与しています。 【下腿三頭筋】の解剖学構造についてイラスト図解でわかりやすく説明しています。 第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」の筋肉である【下腿三頭筋】を効果的に鍛えると、全身循環が改善するため、美脚はもちろん、ダイエット・美肌・冷え性や肩こりの改善など様々な健康効果が期待できます。...

【足底筋】

【足底筋】は、膝裏からふくらはぎにかけて走行する細長い筋肉で、「腓腹筋」や「ヒラメ筋」と共に下腿後面表層の筋肉群に分類されます。

【足底筋】は細長い筋肉で、7-10 cmほどの紡錘状の筋腹と下に伸びる細い腱部分で構成されていますが、構造(筋腹の厚さや長さ)に個人差が大きい筋肉で、腱で別れた二腹の人もいれば、完全に欠損している人もいます。

ほとんどの哺乳類で足底腱膜に停止するため、【足底筋】と呼ばれていますが、人類の場合は踵骨後面に停止しています。

 

詳しくはこちら!
【足底筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【足底筋】は、「腓腹筋」とほぼ同じ走行で「腓腹筋」深層を走行する細長い筋肉です。 【足底筋】 の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【足底筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【足底筋】は、膝裏からふくらはぎにかけて走行する細長い筋肉で、「腓腹筋」や「ヒラメ筋」と共に下腿後面表層の筋肉群に分類されます。 【足底筋】は細長い筋肉で、7-10 cmほどの紡錘状の筋腹と下に伸びる細い腱部分で構成されていますが、構造(筋腹の厚さや...

【膝窩筋】

【膝窩筋】の主な作用は膝関節ロックされた状態(完全伸展位)を解除する、つまり、歩行、立つ、座るなどの時の膝屈曲開始に重要な役割を持っている筋肉です。

また、【膝窩筋】は、後関節包と膝窩線維靭帯と結合していて、膝を後面から安定させたり、膝屈曲時や大腿骨外旋時に外側半月板をひっぱり、巻き込みを予防しています。

 

詳しくはこちら!
【膝窩筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【膝窩筋】は膝関節を安定させつつ、ロックした膝を解除(屈曲開始)に作用する筋肉で、立位保持やスムースな歩行や動作開始に重要な役割があります。 【膝窩筋】 の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【膝窩筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【膝窩筋】は名前の通り膝関節後面膝窩深層にある小さな筋肉で、「後脛骨筋」「長趾屈筋」「長母趾屈筋」と共に下腿後面深層の筋肉群に分類されます。 名称:膝窩筋 ふりがな:しつかきん...

【後脛骨筋】

【後脛骨筋】は、「膝窩筋」「長趾屈筋」「長母趾屈筋」と共に下腿後面深層の筋肉に分類されますが、その中でも最も深層かつ中央にあります。

ふくらはぎ深層に筋腹を持ち、腱になって踵の内側を通過して足根骨に付着している(足関節を経由する)ので、「下腿三頭筋」同様足関節底屈に作用します。

また、足内側縦アーチををサポートし、下腿前面にある「前脛骨筋」と相互作用して足の内反にも作用して、歩行や運動の際にバランスを保ち、負荷を分散させるために重要な役割があります。

詳しくはこちら!
【後脛骨筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【後脛骨筋】は、ふくらはぎ(下腿後面)最深層にある筋肉で、足のアーチや足首の安定に作用して立位での全身バランス調整に重要な役割があります。 【後脛骨筋】 解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。 【後脛骨筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【後脛骨筋】は、「膝窩筋」「長趾屈筋」「長母趾屈筋」と共に下腿後面深層の筋肉に分類されますが、その中でも最も深層かつ中央にあります。 名称:後脛骨筋 ふりがな:こうけいこ...

【長趾屈筋】

【長趾屈筋】は、脛骨後面から足裏(足底)を経由して足趾まで走行する長い筋肉で、「膝窩筋」「後脛骨筋」「長趾屈筋」「長母趾屈筋」と共に下腿後面深層の筋肉に分類されます。

【長趾屈筋】は、距腿関節(足関節)、距骨下関節、中足趾節関節、足趾節間関節と4つの関節に作用し、主な作用は足の底屈とつま先の屈曲です。

足のアーチ構成にも関与し、足裏の筋肉の協調的に作用して足趾で地面をしっかりと捉えてバランスを取ったり、歩行時につま先を地面から離す時に重要な働きをします。

 

詳しくはこちら!
【長趾屈筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【長趾屈筋】は下腿後面深層の筋肉に分類され、名前の通り足趾屈曲運動を起こす筋肉で、立位バランスや歩行などの運動に重要な役割があります。 【長趾屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【長趾屈筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【長趾屈筋】は、脛骨後面から足裏(足底)を経由して足趾まで走行する長い筋肉で、「膝窩筋」「後脛骨筋」「長趾屈筋」「長母趾屈筋」と共に下腿後面深層の筋肉に分類されます。 名称:長趾屈筋 ...

【長母趾屈筋】

【長母趾屈筋】は、下腿後面から足裏を経由して母趾に停止する羽状筋で、「膝窩筋」「後脛骨筋」「長趾屈筋」と共に下腿後面深層の筋肉に分類されます。

主な作用は母趾屈曲(長母趾伸筋の拮抗筋)ですが、足関節底屈や足の内反にも作用し、歩行のしなやかさやダッシュのときの蹴り出す力をサポートします。

また足の内側縦アーチを維持するためにも重要な働きをしています。

 

詳しくはこちら!
【長母趾屈筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【長母趾屈筋】は、ふくらはぎの深層に筋腹を持ち、足裏を経由して母趾まで伸びている筋肉で、歩行のしなやかさやダッシュのときの蹴り出す力に作用します。 【長母趾屈筋】が弱化すると、「歩行がうまくできない」「足のアーチが崩れて扁平足や外反母趾になる」など様々な足の問題の原因になります。 【長母趾屈筋】の解剖学的構造をイラスト図解でスッキリ理解し、効果的にセルフメンテナンス(ストレッチ・マッサージ・筋トレ)をしましょう。 【長母趾屈筋】とは?どこにあるど...

【下腿側面の筋肉】腓骨筋群(長腓骨筋と短腓骨筋)

【下腿側面】にある筋肉群には、「長腓骨筋」と「短腓骨筋」が含まれます。

筋肉名 英語
下腿側面
(腓骨筋群)
長腓骨筋 Fibularis Longus
短腓骨筋 Fibularis Brevis

【腓骨筋群】の主な作用は足関節底屈と足の外反で、内反優位になりがちな足首のバランスを調整し、安定した立位運動を支えていて、凸凹道などでバランスを取りながら歩く時など足首を安定させるために重要な役割があります。

詳しくはこちら!
【長腓骨筋と短腓骨筋(下腿外側面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)
【長腓骨筋と短腓骨筋】は下腿外側面にある二本足歩行動物である人間固有に進化した筋肉群で、内反優位になりがちな足部関節を安定させ、不安定な場所での立位バランス保持や捻挫予防に非常に重要な役割があります。 【長腓骨筋と短腓骨筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。 【長腓骨筋と短腓骨筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【長腓骨筋】と「短腓骨筋」と共に下腿外側面の筋肉に分類される筋肉群です。 筋肉名 英語 ...
タイトルとURLをコピーしました