脛骨と腓骨(下腿骨)〜骨の名前と構造【3D動画でわかりやすい骨解剖学】

骨【3D解剖学】
スポンサー

膝下から足首までを構成する下腿の骨(脛骨と腓骨)について3D動画を使ってわかりやすく解説しています。

脛骨と腓骨(下腿の骨)の概要

膝からから足首までの範囲を下腿と呼び、下腿は以下の2つの骨(脛骨と腓骨)で構成されています。


脛骨

  • 脚の「すね」を形成している親指側にある太い骨
  • 「弁慶の泣き所」と言われる箇所 : 筋肉が付着していない面があるため、腓骨に直接衝撃が当たると非常に痛い。(骨の表面には、「痛覚」という痛みを感じる神経が存在)


  • 腓骨
  • 下腿の小指側にある細い骨(太さは脛骨の1/4程)
  • 脛骨と腓骨(下腿の骨)の役割


    共通

  • 脛骨と腓骨が対になって下腿を構成
  • 足関節と膝関節を構成

  • 脛骨

  • 体重を支える

  • 腓骨

  • 歩行時の衝撃緩和
  • 足関節の可動性を拡大
  • 脛骨と腓骨(下腿の骨)が作る関節


    大腿骨、膝蓋骨と一緒に「膝関節」を作り、足根骨と一緒に「足関節」を作ります。

  • 膝関節
  • 大腿骨、脛骨、腓骨、膝蓋骨で形成される関節
  • 足関節
  • 脛骨、腓骨、足根骨で構成される関節

    脛骨・腓骨(下腿の骨)立体的に理解する3D動画

    下腿に脛骨と腓骨の2本ある理由

    足の太腿部分を構成する大腿骨の次に長い骨で、体重を支える役割をする脛骨と対になるように、脛骨の1/4程度の細さしかないなんだか頼りなく見える腓骨がありますが、なぜ下腿には2本の骨が必要なのでしょうか?

    下腿は体重を支える役割に加えて、足関節や膝関節を構成して歩行や運動を行う役割もあります。

    2つの骨(動きが少なく太い脛骨と可動範囲が広い腓骨)で関節を構成することで、歩行や運動時の衝撃を分散したり、足首の複雑な動きを引き出すことができるようになります。

    仮に下腿の骨が脛骨だけだったら、例えばサッカーのドリブルのような高度な足技はできません。

    脛骨と腓骨の役割を理解してO脚予防・改善

    脛骨と腓骨の役割や解剖学的特徴を理解すると、日本人に多いと言われるO脚の予防や改善方法も見えてきます。

    O脚は単純に見た目が悪いという問題ではありません。

    O脚は、体重を支えることが主な役割の脛骨ではなく、足首の可動性や柔軟性やクッション機能が主な役割の腓骨に過剰に体重が乗ってしまっている状態です。

    脛骨の1/4程度しかない腓骨に体重を乗せ、足の外側で体重を支えようとしているのがO脚なので、体重を支えるために、膝関節や足関節、更にその上の関節の特定の部分にだけ、過剰な負担がかかっています。

    放置すると手術が必要なほどの関節疾患を引き起こすこともあります。

    O脚になってしまう根本的な原因がどこにあるのかは、人それぞれですが、身体のどこかのアライメントが崩れり、筋緊張のアンバランスが生じており、それを補うために外側に重心が逃げているケースがほとんどです。

    横座りや足を組む習慣などによる骨盤の歪み、内転筋群の弱さなどはほとんどのケースで共通しています。

    腓骨に体重が乗っている時点で、膝関節も股関節も正常な位置を保持できないので、骨盤も歪み、骨盤の上の背骨も歪み、全身に不調をきたしても全く不思議ではありません。

    脛骨と腓骨の位置と役割を理解した上で、一度自分の立ち姿勢をチェックしてみましょう。

    靴の底の減り方の違い(親指側と小指側)をみてもわかりやすいと思います。

    体重を小指側でなく、親指側に乗せるように意識することで、姿勢がよくなり、身体が軽くなるような感じがするならそれが正しい姿勢です。

    本来体重が乗るべき脛骨に体重を乗せると、かかとにしっかりと体重が乗るため、身体の重心が安定し、関節に無駄な負荷がかかりません。

    腓骨と足根骨で構成する足関節の可動性も十分に生かせるので、歩行時の負担やショックが軽減するので疲れにくくもなります。

    タイトルとURLをコピーしました