【脛骨・腓骨・膝蓋骨】下腿骨の構造〜イラスト図解でわかりやすい骨解剖学

膝下から足首までを構成する下腿の骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

下腿の骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)とは?どこにあるどんな骨?

【下腿】は膝〜足首までの範囲です。

【脛骨と腓骨】が2つの骨がスネおよびふくらはぎ部分の軸となり、下端部は「くるぶし」として触れることができます。

スネの筋肉の少ない部分で簡単に触れることができる骨が脛骨(いわゆる弁慶の泣き所)です。

太ももの骨である大腿骨と脛骨・腓骨により構成される膝関節の前面にある膝のお皿と呼ばれる【膝蓋骨】があります。

  • 脛骨:スネや親指側のくるぶしで触診できる骨
  • 腓骨:脛骨外側にある細い骨で小指側のくるぶしの骨
  • 膝蓋骨:いわゆる膝のお皿の骨

【下腿骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)】解剖構造

下半身は上半身を支えつつ、歩行など様々な運動や重心移動を行います。

骨盤を介して上半身と直接つながり、力強く大きな動きをする股関節や大腿骨と地面から抗力を直接的に受ける足部の間にある骨ならではの解剖学構造の特徴を整理しましょう。

【脛骨】解剖構造

【脛骨】は下腿内側(親指側)の太い骨で、筋肉の少ない前面や内くるぶしで簡単に触診できます。

  • 骨名称:脛骨
  • 脛骨ふりがな(読み方):けいこつ
  • 脛骨英語:Tibia

【脛骨】自体は大腿骨の次に強度がある長管骨ですが、脛骨前面は筋肉が付着していない面があるため、脛骨に直接衝撃が当たると非常に痛い(骨の表面には、「痛覚」という痛みを感じる神経が存在)、「弁慶の泣き所」急所としても有名です。

【脛骨】も他の長管骨同様に「上端」「体」「下端」と3つの特徴のあるパーツに区分できます。

【脛骨上端】解剖構造

【脛骨上端】は、筋肉や靭帯などの付着になると共に、大腿骨・脛骨・膝蓋骨と関節面を構成するための特徴的な凹凸がいくつかあります。

  • 上関節面:大腿骨内側顆と大腿骨外側顆に接する関節面で、内側と外側の2つある
  • 顆間隆起:各上関節面の間にある隆起で、内側と外側の2つある
  • 内側顆:上端内側部(鵞足の上)
  • 内側顆:上端外側部で後方で腓骨頭と関節を構成

【脛骨体】解剖構造

【脛骨体】は、筋肉や靭帯などの付着面になっています。

  • 脛骨粗面:脛骨前方の粗い結成状の隆起
  • 骨間縁:脛骨体の外側縁で腓骨骨幹縁と面する
  • ヒラメ筋線:脛骨後面、腓骨との関節面下縁付近

【脛骨下端】解剖構造

【脛骨下端】は、足根骨と関節面を構成するための特徴的な凹凸がいくつかあります。

  • 内果:内側下端のでっぱり(内くるぶし)
  • 内果関節面:距骨との関節面
  • 下関節面:距骨との関節面
  • 内果溝:内果後方の溝

【腓骨】解剖構造

【腓骨】は下腿外側(小指側)の細い骨で、太さは脛骨の1/4程です。

  • 骨名:腓骨
  • 腓骨ふりがな(読み方):ひこつ
  • 腓骨英語:Fibula

【腓骨】も他の長管骨同様に「上端」「体」「下端」と3つの特徴のあるパーツに区分できます。

【腓骨上端】解剖構造

【腓骨上端】は、脛骨と関節面を作り、筋肉や腱などの付着部になっています。

  • 腓骨頭:腓骨上端肥厚部で、上内側は脛骨との関節を構成
  • 腓骨頭尖:腓骨頭上部先端

【腓骨体】解剖構造

【腓骨体】は、脛骨体と面して脛骨と腓骨の間に走る下腿骨間膜が付着します。

  • 骨間縁:前面内側縁で、脛骨骨間縁と面する
  • 内側稜:腓骨体後内側面にある隆起線

【腓骨下端】解剖構造

【腓骨下端】は、足根骨と関節面を作り、足首をサポートする複数の靭帯が付着しています。

  • 外果:外側隆起部(外くるぶし)
  • 外果関節面:距骨との関節面
  • 外果窩:外果関節面後方にある凹み

【膝蓋骨】解剖構造

【膝蓋骨】は、大腿骨と脛骨・腓骨をつなぐように膝の前面にある逆三角形(栗のような形状)の骨で、人体最大の種子骨です。

  • 骨名:膝蓋骨
  • 膝蓋骨ふりがな(読み方):しつがいこつ
  • 膝蓋骨英語:Patella

【膝蓋骨】は幅広い上端部を「膝蓋骨底」、尖った下端部を「膝蓋骨尖」と呼びます。

膝蓋骨前面は凸、膝蓋骨裏面は関節面(凹)になっています。

【下腿の骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)の役割

【下腿骨】は、下腿の軸となり、膝関節および足関節の構成要素となります。

また、関節運動を起こす筋肉、膝関節および足関節を安定させるための靭帯の付着部にもなり、歩行や運動などの調整や衝撃吸収など様々な役割を担っています。

【下腿骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)】がふくまれる関節

【下腿骨】は、膝関節および足関節の構成要素になり、関節運動や可動域を調整したり、歩行時の衝撃を緩和させるなどの役割を果たしています。

  • 膝関節

大腿骨、脛骨、腓骨、膝蓋骨で形成される関節

  • 足関節

脛骨、腓骨、足根骨で構成される関節

合わせてチェック!

【膝関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

【足関節(足部関節)と足趾関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

下腿に【脛骨と腓骨】2本骨がある理由

脚は体重を支えつつ、大きく力強い運動をするため太い骨が軸になっています。

太もも部分には大腿骨という太く長い骨があり、大腿骨から膝関節を介して接続する脛骨は、大腿骨の次に太く長い骨です。

更に、下腿には脛骨外側には、脛骨の1/4程度の細さしかないなんだか頼りなく見える細い腓骨があります。

腓骨は大腿骨と直接的には接していませんし、なぜ、下腿には2本の骨が必要なのでしょうか?

下腿は体重を支える役割に加えて、足関節や膝関節を構成して歩行や運動を行う役割もあります。

2つの骨(動きが少なく太い脛骨と可動範囲が広い腓骨)で関節を構成することで、歩行や運動時の衝撃を分散したり、足首の複雑な動き(可動域)を引き出すことができるようになります。

大きく力強い動きをする股関節と最終的に重力に対して体重や負荷を受け止めコントロールする足部との間にある下腿骨は、安定性と共に動きに遊び(負荷を逃したり、複雑な動きをするための余白構造)が必要です。

仮に下腿の骨が脛骨だけだったら、例えばサッカーのドリブルのような高度な足技は非常に難しくなります。

膝関節に【膝蓋骨】が必要な理由

【膝蓋骨】は太もも前面の筋肉である大腿四頭筋腱と脛骨とつながる膝蓋腱の間に存在して、太もも前面の筋肉の収縮の情報を脛骨に伝える滑車のような役割をする骨です。

大腿骨や脛骨の一部ではなく、あえて筋肉や靭帯と結合して動く骨として存在することで、安定性と滑らかな可動性をサポートできます。

そういう意味では、肩関節における肩甲骨と似たような存在です。

下腿骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)に付着する筋肉

下腿骨には複数の筋肉が付着しています。

合わせてチェック!

https://mydr123.com/category/muscle/upperleg/

https://mydr123.com/category/muscle/lowerleg/

下腿骨を理解してO脚予防・改善

下腿骨(脛骨・腓骨・膝蓋骨)の役割や解剖学構造を理解すると、日本人に多いと言われるO脚の予防や改善方法も見えてきます。

O脚は単純に見た目が悪いという問題ではありません。

O脚は、体重を支えることが主な役割の脛骨ではなく、足首の可動性や柔軟性やクッション機能が主な役割の腓骨に過剰に体重が乗ってしまっている状態です。

脛骨の1/4程度しかない腓骨に体重を乗せ、足の外側で体重を支えようとしているのがO脚なので、体重を支えるために、膝関節や足関節、更にその上の関節の特定の部分にだけ、過剰な負担がかかっています。

放置すると手術が必要なほどの関節疾患を引き起こすこともあります。

O脚になってしまう根本的な原因がどこにあるのかは、人それぞれですが、身体のどこかのアライメントが崩れり、筋緊張のアンバランスが生じており、それを補うために外側に重心が逃げているケースがほとんどです。

横座りや足を組む習慣などによる骨盤の歪み、内転筋群の弱さなどはほとんどのケースで共通しています。

腓骨に体重が乗っている時点で、膝関節も股関節も正常な位置を保持できないので、骨盤も歪み、骨盤の上の背骨も歪み、全身に不調をきたしても全く不思議ではありません。

脛骨と腓骨の位置と役割を理解した上で、一度自分の立ち姿勢をチェックしてみましょう。

靴の底の減り方の違い(親指側と小指側)をみてもわかりやすいと思います。

体重を小指側でなく、親指側に乗せるように意識することで、姿勢がよくなり、身体が軽くなるような感じがするならそれが正しい姿勢です。

本来体重が乗るべき脛骨に体重を乗せると、かかとにしっかりと体重が乗るため、身体の重心が安定し、関節に無駄な負荷がかかりません。

腓骨と足根骨で構成する足関節の可動性も十分に生かせるので、歩行時の負担やショックが軽減するので疲れにくくもなります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事