【大腿(太もも)筋肉】全種類まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

大腿(太もも)の筋肉
この記事は約7分で読めます。
スポンサー

大腿(太もも)にメインとなる筋腹がある筋肉は、前ももの筋肉(膝関節伸筋群:大腿四頭筋)、後もも(膝関節屈筋群:ハムストリング)、内もも(股関節内転筋群)の3つに大きく分けられます。

更にそれらの3つの太もも筋肉機能構造を統合して調整するように走行する長い機能構造を持つ2関節筋(大腿筋膜張筋、縫工筋、薄筋)もあり、股関節から膝関節周りの連動と安定をサポートしています。

太ももに筋腹があるということは、股関節・膝関節・骨盤の運動に作用して私たちの姿勢、立位、歩行、運動に大きな役割を果たしているのはもちろん、太ももの形や太さ、お尻〜脚〜膝のラインや形状を決める筋肉でもあります。

作用(役割)や構造により、前もも、裏もも、内もも、2関節筋の4つに大きく分類して筋肉の名前をリスト表示してまとめています。

太ももの筋肉には大きな筋肉が多く、身体の中心である股関節運動と下半身の負担が集中しやすい膝関節運動に作用するので、正しく効果的に鍛えることで全身の循環や代謝を高めて、太りにくく疲れにくい姿勢や身体作りに役立ちます。

太ももの筋肉の解剖学構造を理解して、正しく効果的なストレッチ、筋トレ、マッサージなどを実践しましょう!

【大腿(太もも)筋肉】役割

大腿骨(太ももの骨)には複数の筋肉が付着または経由していて様々な役割を持っています。

  • 脚(太もも)の形(太さや大きさ)を決める
  • 股関節(骨盤)運動に作用
  • 膝関節運動に作用
  • 姿勢や下半身(美脚・美尻)ラインを作る
  • 立位動作や立位バランスを調整する

まず、見た目から。

上半身の重さを支えつつ大きな運動も行う股関節や膝関節の一部である大腿骨(太ももの骨)の周囲には、大きな筋腹を持つ筋肉がたくさんあります。

これらの筋肉が大腿(太もも)、つまりお尻または下腹から膝下までの間の太さや形を決めるので、美脚や美尻ラインを目指したボディメイクをする上では、解剖学構造を正しく理解する必要があります。

次に運動面。

太ももに筋腹を持つ筋肉群は、骨盤や大腿骨から膝関節をまたいで下腿の骨まで走行する筋肉がほとんどで、上半身を支えつつ股関節(骨盤)や膝関節の運動に作用します。

私たちの立位姿勢や立位バランスが安定し、歩く、走るなどの運動ができるのは、これらの筋肉が協調的に作用しているからです。

最後に代謝や循環面。

骨格筋は、身体の熱を生産したり、血液や酸素を全身に循環させるためにも重要な役割を果たしていますが、太もも周りの筋肉の筋腹はとても大きいので、全身の血液循環、体温生成、基礎代謝にも大きく影響しています。

つまり、太もも周りの筋肉を鍛えることは、全身の代謝や循環や高めることにもつながります。

更に詳しい解説はこちら!
インナー(コア)マッスルとアウターマッスルの違い【筋肉の役割】
効果的な筋トレで身体を思い通りにデザインするための必須知識筋肉の役割インナーマッスルとコアマッスルの違い筋肉にはインナーマッスルとアウターマッスルという二種類があり、それぞれ役割も鍛え方も異なります。筋肉は好きなようにデザインできる筋肉を鍛えるというと、ボディビルダーのような筋肉隆々の身体を連想して、筋トレ=筋繊維を太くするものと考えがちです。実は、筋繊維を太くして見た目を変えることと、必要なパフォーマンスや力を出すこととは同じではありま...

【大腿(太もも)筋肉】種類と分類

大腿(太もも)に筋腹や主要構造を持つ筋肉を、機能および走行の特徴により大きく4つに分類しています。

  • 大腿前面:膝関節伸筋群:大腿四頭筋(大腿直筋・内側広筋・外側広筋・中間広筋)
  • 大腿後面:膝関節屈筋群:ハムストリング(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)
  • 大腿内側面:股関節内転筋群:(恥骨筋・長内転筋・短内転筋・大内転筋・薄筋)
  • 二関節筋:大腿筋膜張筋・縫工筋 ・(大腿直筋・薄筋)

【大腿前面筋肉】膝関節伸筋群:大腿四頭筋

大腿前面には、ふともも前面の太さや形を決め、主に膝関節伸展に作用する4つの筋肉があります。

この4つの筋肉「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」は、ひとつの筋膜でまとまり、膝伸展時に共同して働くため、【大腿四頭筋】と総称されています。

「大腿直筋」は下前腸骨棘、「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」は大腿骨に起始があり、膝蓋骨・膝蓋靭帯を経て脛骨粗面にまとめて停止するため、【大腿四頭筋】としては膝関節伸展が主な作用で、大腿直筋は股関節屈曲にも作用する二関節筋でもあります。

詳しくはこちら!

【大腿内側面筋肉】股関節内転筋群:大腿四頭筋

太ももの内側では、股関節内転筋群が作る大きな筋腹ラインに触れることができます。

股関節内転筋群は全部で5筋(恥骨筋・長内転筋・短内転筋・大内転筋・薄筋)あり、骨盤から大腿骨や脛骨に走行して股関節に内転に作用する筋肉のことで、骨盤の位置を整え美脚を作ったり、立位バランスを安定させるなどの重要な作用があります。

また、【薄筋】股関節内転筋群唯一の二関節筋として膝関節にも作用します。

普段の生活では意識しにくい【股関節内転筋群】だからこそ、正しい理解で運動メニューの効果が格段にアップします。

詳しくはこちら!

【大腿後面筋肉】膝関節屈筋群:ハムストリング

立位体前屈など柔軟体操をするときに張りが気になるので、意識することも多い太ももの裏側で触れることのできる筋肉は、【ハムストリング】と呼ばれる主に膝関節屈曲作用を持つ筋肉群です。

【ハムストリング】には、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の3筋(4頭)が含まれ、ひとつの大きな筋膜単位で膝関節屈曲に作用します。

ハムストリングの起始停止構造をより詳しく見ると、外側に大腿二頭筋、内側に半腱様筋と半膜様筋があるので、股関節や膝関節の内外旋を加えてバランスを調整しながら主に「膝関節屈曲+股関節伸展」する筋肉であることがわかります。

実際スプリンターのハムストリングは非常に良く発達しているので、『ランナー筋』や『ダッシュ筋』とも呼ばれます。

日常でも立位姿勢を維持するときに後ろから骨盤をひっぱり続ける働きもあるので、疲労して硬い状態になりやすいので、膝関節や腰に負担をかけないためにもハムストリングの柔軟性を維持するようなセルフケアは日課にしたいものです。

【ハムストリング】の解剖学構造を理解して正しいストレッチや筋トレを効果的に実践しましょう!

詳しくはこちら!

【大腿筋肉】調整役の二関節筋(大腿筋膜張筋と縫工筋)

太もも周りには、前側、後側、内側と3つの大きな機能別の塊があり、それぞれの作用があります。

私たちの姿勢や運動がスムースに実践されるには、ある特定の筋肉が作用しているときは他の筋肉が作用を停止する、もしくは筋肉同士が協力して作用するなどの筋肉同士の連携が必要です。

更に、二本足歩行を獲得した私たち人間は、股関節と膝関節を連動させつつ、重力(体重)や床からの反発力に対して負担を受けやすい膝関節を保護して安定させるシステムも必要です。

そのため太ももまわり全体を囲み、機能ごとに分ける多層構造の筋膜が張り巡らされていて、股関節と膝関節に同時に作用する長い筋肉:二関節筋が存在します。

【大腿筋膜張筋】

【大腿筋膜張筋】とは、名前の通り大腿筋膜(太もも全体をカバーする筋膜)を緊張させる筋肉です。

大腿骨上部で腸脛靭帯と結合するので筋腹は小さいですが、正面から見ると太もも最前および最外側にあり、股関節運動に大きな作用を持ちます。

腸骨から二本足歩行を獲得した人類特有の機能構造を持つ腸脛靭帯と結合し歩行時の骨盤安定や脚の振り出しを真っ直ぐに調整するなど、股関節運動調整や膝関節安定に様々な角度から関与している筋肉です。

詳しくはこちら!

 

【縫工筋】

【縫工筋】は大腿前面から内側面まで斜めS字にテーピングするように走行する表層の薄い、人体では最も長い筋肉です。

マラソンランナーのように脂肪が少なく筋肉が発達している場合は地面についている側の脚でその走行が浮き出て見えます。

【縫工筋】の起始は【大腿筋膜張筋】とほぼ同じ位置で、大腿筋膜張筋とは反対の内側方向から大腿前部と大腿後部の筋肉を分けるように走行して脛骨の内側に停止します。

また、停止部では、薄筋(股関節内転筋群唯一の二関節筋)および半腱様筋(ハムストリング)と隣接するように合して、この部分は鷲足と呼ばれ、ランナーなどが炎症を起こしやすい部分として有名です。

 

詳しくはこちら!
タイトルとURLをコピーしました