【大腿(太もも)筋肉】名前や種類一覧まとめ【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学】

大腿【3D筋肉】
スポンサー

大腿(太もも)に筋腹があり、股関節・膝関節・骨盤の運動に関与する筋肉を一覧にまとめました。

太もも筋肉の解剖学構造を理解して、効果的なストレッチ、筋トレ、マッサージなどを実践しましょう!

大腿(太もも)筋肉の役割

  • 脚の形を形成
  • 股関節(骨盤)と膝関節の運動に作用
  • 姿勢や下半身のラインを作る
  • 動作やバランスに関与する
  • 大腿筋肉の種類と分類

    大腿に筋腹を持つ筋肉は、前面にある膝関節伸筋群、内側にある股関節内転筋群、後面にある膝関節屈筋群に大きく分類できます。

    【大腿前面】

  • 大腿四頭筋(大腿直筋、内側広筋、外側広筋、中間広筋)
  • 縫工筋
  • 大腿筋膜張筋
  • 【大腿内側面】

  • 股関節内転筋群(恥骨筋、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋)
  • 【大腿内後面】

  • ハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)
  • 【大腿四頭筋】

    【大腿四頭筋】とは大腿前面の4筋:「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」の総称です。

    「大腿直筋」は下前腸骨棘、「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」は大腿骨に起始があり、膝蓋骨・膝蓋靭帯を経て脛骨粗面にまとめて停止するため、【大腿四頭筋】としては膝関節伸展が主な作用で、大腿直筋は股関節屈曲にも作用する二関節筋です。

    大腿四頭筋は、ふともも前面の形を決める筋肉でもあり、膝を伸展させる運動で日常生活でも酷使される筋肉なので、解剖学的構造を正しく理解し効果的なストレッチや筋トレを実践して、綺麗な膝ラインを作ったり、膝関節痛を予防しましょう。

    【縫工筋】

    【縫工筋】は大腿前面を斜めに走行する人体最長の筋肉で、股関節(骨盤)と膝関節の運動に作用する2関節筋で、マラソンランナーのように脂肪が少なく筋肉が発達している場合は視覚でも容易に確認できます。(地面についている側の脚で、骨盤の外側から膝の内側に走る斜めの筋)

    【縫工筋】はランニングなどの運動で酷使されがちな筋肉で、膝関節炎(痛み)を引き起こすこともあり、縫工筋の柔軟性が低下して固い状態になったり、短縮したりするとO脚など脚のラインが崩れたり、歩行など日常生活でも膝に負担をかけて膝の内側が痛い鵞足炎の原因にもなります。

    【大腿筋膜張筋】

    【大腿筋膜張筋】とは、名前の通り大腿筋膜を緊張させる筋肉で、腸骨から腸脛靭帯となり脛骨まで走行して歩行時など股関節屈曲筋として作用するときは股関節外旋(腸腰筋などの作用)を抑制し(内旋方向に作用)、脚がまっすぐに進むように調整している筋肉です。

    【股関節内転筋】

    股関節内転筋群は、骨盤から大腿骨や脛骨に走行して股関節に内転に作用する筋肉のことで、骨盤の位置を整え美脚を作ったり、立位バランスを安定させるなどの重要な作用があります。

    【ハムストリングス】

    【ハムストリングス】とは、太もも(大腿骨)の裏側にある筋肉である大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の総称です。

    ハムストリングスの筋肉は、外側に大腿二頭筋、内側に半腱様筋と半膜様筋があり、股関節や膝関節の内外旋を加えてバランスを調整しながら主に「膝関節屈曲+股関節伸展」する筋肉のため、『ランナー筋』や『ダッシュ筋』とも呼ばれ、実際スプリンターのハムストリングスは非常に良く発達しています。

    ハムストリングスは日常でも前屈や歩行などでよく使いますし、姿勢で短縮したり、疲労などで柔軟性がなくなりハムストリングスが固い状態になりやすく、ハムストリングスの柔軟性がなくなると膝関節や腰に負担がかかり腰痛や膝痛の原因にもなります。

    【ハムストリングス】は、股関節柔軟性を向上したい場合はもちろん、骨盤の動きにも関与するため美尻・美姿勢・美脚を目指したボディメイクにも意識を向ける必要がある筋肉群なので、解剖学構造を理解してストレッチや筋トレを効果的に実践しましょう!

    タイトルとURLをコピーしました