縫工筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

大腿前面を斜めに走行する人体最長の筋肉 【縫工筋】 の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


ランニングなどの運動で酷使されがちな筋肉で膝関節炎を引き起こすことも。柔軟性が低下するとO脚など脚のラインが崩れたり、歩行など日常生活でも膝に負担をかけてしまう原因にもなります。解剖学的構造を理解して効果的にセルフメンテナンスしましょう。

縫工筋の概要

  • 名称:縫工筋
  • ふりがな:ほうこうきん
  • 英語名:Sartorius Muscle
  • 人の筋の中で最も長く、大腿前面で最も浅層に位置する二関節筋。

    ランニングなどの運動で酷使されやすく、膝の内側が痛む鵞足炎などの原因になりやすい筋肉。
    解剖学的構造を理解して効果的なストレッチやセルフケアをしましょう。

    縫工筋の起始・停止

  • 起始:上前腸骨棘直下
  • 停止:脛骨粗面内側(半腱様筋 薄筋 と一緒に鵞足を構成)
  • 縫工筋の作用


    解剖学的表現

  • 股関節の屈曲・外旋・外転
  • 膝関節の屈曲・内旋
  • 骨盤前傾

  • 日常でのイメージ

    ・太腿の前側を構成する細い筋肉。

    ・膝と股関節を曲げる時に働くので日常生活でも酷使されがち。

    ・柔軟性がなくなると膝関節炎やO脚の原因にもなります。

    縫工筋の神経支配

  • 大腿神経(L2~L3)
  • 縫工筋の働きを3D動画で確認

    縫工筋を触診

    表層にある筋肉のため容易に触診できます。

    また、マラソンランナーのように脂肪が少なく筋肉が発達している場合は視覚でも容易に確認できます。(地面についている側の脚で、骨盤の外側から膝の内側に走る斜めの筋)

    縫工筋(内転筋群)のストレッチと筋トレ

    縫工筋だけを単独で収縮やストレッチさせることは難しいので、それぞれの状態や希望に合わせて他の筋肉と組み合わせて行います。


    ストレッチ

    股関節伸展・内旋・内転、膝関節伸展・下腿外旋方向への運動でストレッチできます。深呼吸をしながら無理のない範囲で行いましょう。


    筋トレ

    縫工筋の走行を意識して収縮(股関屈曲・外旋・外転、膝関節屈曲)させます。体位や負荷はそれぞれ個別に調整してください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事