【股関節 骨盤 お尻 の筋肉】名前と種類一覧まとめ【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学】

筋肉まとめ・部位別リスト【3D筋肉】
スポンサー

股関節運動、脊柱運動、骨盤調整、立位バランスや動作の安定に作用する【股関節 骨盤 お尻の筋肉】を一覧にまとめました。

それぞれの筋肉の名前、起始停止、作用、神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認ください。

股関節筋肉(寛骨筋)の分類と役割

  • 【腸腰筋】上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉
  • 【臀筋】お尻のラインを作り股関節の運動に作用する筋肉
  • 【深層外旋六筋】お尻のインナーマッスルとして股関節運動や立位を調整する筋肉
  • 【骨盤底筋群】骨盤の底から内臓を支えるインナーユニット
  • 【腸腰筋】上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉

    腸腰筋とはどこかひとつの筋肉ではなく、腸骨筋、大腰筋、小腰筋の3つの筋肉をまとめた名前です。

    腸骨筋、大腰筋、小腰筋は、上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉として、また強力な股関節屈曲筋として機能的にひとつの筋肉のように作用するため、一般的には腸腰筋というひとつの筋肉のように扱われています。

    【腸腰筋起始停止】:大腰筋は腰あたりの椎骨から、腸骨筋は腸骨から、鼠径靭帯の下にある筋裂孔を通って大腿前面に出て共通の腱となり大腿骨の小転子に停止。小腰筋は大腰筋と腸骨をつなぐように走行しています。

    【腸腰筋作用】:上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉として姿勢保持と股関節・骨盤・腰椎(脊柱)の運動に作用。

    股関節屈曲が主な作用で(腸腰筋の股関節屈曲作用はとても強力)、ランニングや歩行時に大腿を挙上したり、股関節の伸筋である大殿筋とともに股関節を固定し、歩行時の体幹バランスも保っていて、下肢(大腿)を固定すると体幹を起こす作用になるため、直立姿勢保持にも重要な筋肉。

    腸腰筋は、座り姿勢が長いと短縮したり硬い状態になりやすいため、解剖学構造を理解したストレッチでほぐしたり、腸腰筋リリースした後に正しい鍛え方(トレーニング)で収縮させることで効果的な筋トレができます。

    【腸骨筋(腸腰筋)】ストレッチや筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
    腸骨筋とは、腸骨から大腿骨へ走行し上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉である腸腰筋の一部となる筋肉です。【腸骨筋】は座り姿勢が多い現代の生活では短縮して硬くなりがちなので、解剖学的構造を正しく理解して効果的なストレッチやトレーニング(筋ト...
    【大腰筋(腸腰筋)】ストレッチや筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用 起始停止 鍛え方)】
    【大腰筋】とは、腰あたりの背骨(上半身)と大腿骨(下半身)をつなぐ筋肉で、腸骨筋および小腰筋と一緒に腸腰筋として股関節運動や立位安定に作用します。大腰筋(腸腰筋)は座り姿勢が長いと短縮してガチガチと硬い状態になりやすいため、解剖学構造...
    【小腰筋(腸腰筋)】ストレッチや筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
    小腰筋とは、腸骨筋や大腰筋をつなぐように走行して腸骨筋膜を緊張させ、腸腰筋としての作用をサポートしている小さな筋肉です。上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉である腸腰筋の一部である【小腰筋】の解剖学構造を3D動画を使ってわかりやすく説明し...

    【臀筋】お尻のラインを作り股関節の運動に作用する筋肉

    臀筋と呼ばれるお尻の筋肉は、お尻のラインを決め、ウエストとの境や脚との境を作るためバックラインや姿勢を決める大殿筋、お尻の横の膨らみを作る中殿筋、中臀筋をサポートする小殿筋の3種類あります。

    【大殿筋】筋トレとストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
    大臀筋は、ウエストと脚の境目とお尻の丸いラインを作る人体最大のアウターマッスルで、歩行、ランニング、スキップ、ジャンプ、スクワット、階段を昇る時など股関節を曲げた状態から伸展する時に強く作用します。美尻や引き締まったヒップの綺麗なバッ...
    【中殿筋】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
    【中殿筋】とは横のお尻の膨らみを作っている筋肉で、立位・歩行時に骨盤を安定させる重要な作用があります。中臀筋を正しい鍛え方でトレーニングすると、骨盤を安定させ、脚があげやすくなるので転倒予防や腰痛対策にも有効です。【中殿筋】...
    【小臀筋】ストレッチとほぐし方のための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
    【小臀筋】とは、中臀筋の深層にあり股関節機能(中臀筋作用)をサポートするお尻のインナーマッスルです。【小臀筋】の場所を解剖図(3D動画)で理解して、痛みを解消する効果的な筋膜リリースやストレッチを実践しましょう。お尻の3つの筋肉(大...

    【深層外旋六筋】股関節運動や立位を調整するインナーマッスル

    深層外旋六筋とは、仙骨・腸骨と大腿骨大転子の間を走行する短い筋肉群で、股関節の外旋に関与する臀部のインナーマッスルの総称です。

    深層外旋六筋は、短い筋肉のため大臀筋や腸腰筋などが行う外旋ほどの強さはなく、どちらかというと骨を関節にひきつけて重心の移動に伴う股関節の安定(前屈みになった時に重心を後ろにひっぱるなど)に作用していて安定した立位で回旋運動を行うヨガ・ダンス・スポーツなどでも重要な筋肉で、外旋六筋がうまく機能しているかどうかで重心移動に対して骨盤が安定せずバランス能力に大きな差が出ます。

    深層外旋六筋は、特に内旋位から外旋位に運動する時によく作用するため、外旋六筋が硬直したり機能が低下すると股関節内旋がしにくくなり、内旋位から外旋位への動きが重要な野球やゴルフのスイングはしにくくなったり、ヨガの鳩のポーズも難しくなります。

    深層外旋六筋の解剖図を理科してから効果的なストレッチやトレーニング(筋トレ)を実践しましょう。

    【梨状筋】ストレッチと筋膜リリースのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
    【梨状筋】とは、仙腸関節と股関節の動きを調整する2関節筋で立位バランスに重要な役割をしているため、立位での安定した動作や股関節の柔軟性が重要なヨガがスポーツなどでは、梨状筋意識したストレッチや筋トレをすることでパフォーマンスが改善しま...
    【内閉鎖筋(深層外旋六筋)】ストレッチとトレーニング(鍛え方)のための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用や起始停止)】
    【内閉鎖筋】は深層外旋六筋の中では一番最初に作用する筋肉で、筋肉自体は小さくても「てこの原理」で外旋力も強いという特徴があります。平泳ぎの筋肉とも呼ばれる【内閉鎖筋】の解剖学構造について3D動画(解剖図)を使ってわかりやすく説明してい...
    【外閉鎖筋(深層外旋六筋)】ストレッチとトレーニング(鍛え方)のための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用や起始停止)】
    【外閉鎖筋】は深層外旋六筋で最も深層にあるお尻のインナーマッスルで、深層外旋六筋とは仙骨・腸骨と大腿骨大転子の間を走行する短い筋肉群のことです。【外閉鎖筋】の解剖学構造を3D動画(解剖図)でわかりやすく解説しています。【外閉...
    【上双子筋と下双子筋(深層外旋六筋)】ストレッチとトレーニングのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
    【双子筋(上双子筋と下双子筋)】とは、仙骨・腸骨と大腿骨大転子の間を走行する短い筋肉群で、股関節の外旋と骨盤の安定に関与する臀部のインナーマッスルである深層外旋六筋のひとつです。【双子筋(上双子筋と下双子筋)】の構造について3D動画(...
    【大腿方形筋(深層外旋六筋)】ストレッチとトレーニング(鍛え方)のための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用や起始停止)】
    【大腿方形筋】は深層外旋六筋の中で最も大きく強力な外旋作用を持つお尻のインナーマッスルで、深層外旋六筋とは、仙骨・腸骨と大腿骨大転子の間を走行する短い筋肉群で、股関節の外旋と骨盤の安定に作用します。【大腿方形筋(深層外旋六筋)】の解剖...

    【骨盤底筋群】骨盤の底から内臓を支えるインナーユニット

    骨盤底筋ヨガ、骨盤底筋を鍛えるグッズなど骨盤底筋トレーニングや骨盤底筋体操が女性のみならず男性にも人気ですが、骨盤底筋とはどんな筋肉でしょうか?

    骨盤底筋群とは、名前の通り骨盤の底を作るため骨盤隔膜とも呼ばれ、インナーユニット(腹腔)を構成する筋群として内臓を下から支えて補強して、骨生殖器や排尿・排便コントロール、腹圧を調整して姿勢保持や呼吸などにも作用します。

    骨盤底筋群は解剖学上3つの層にわかれていますが単独でのコントロールは難しく、腹部などのインナーマッスルと連動して作用します。 骨盤底筋の解剖学構造を理解した正しい鍛え方でヨガ、トレーニング、体操、スクワットなどを実践すると、ダイエット、姿勢改善などの効果を高められます。

    【骨盤底筋】ヨガとトレーニングのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
    骨盤底筋ヨガ、骨盤底筋を鍛えるグッズなど骨盤底筋トレーニングや骨盤底筋体操が女性のみならず男性にも人気ですが、骨盤底筋とはどんな筋肉でしょうか?【骨盤底筋】の解剖学構造について3D動画を使ってわかりやすく解説しています。【骨...
    タイトルとURLをコピーしました