大腿筋膜張筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

ランナーは特に意識してセルフケアをしたい【大腿筋膜張筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


大腿筋膜張筋の柔軟性がなくなるとO脚や腸脛靭帯炎など膝関節症の原因や症状悪化につながります。
大腿筋膜張筋の解剖学的構造を理解し、効果的なストレッチと筋トレをしましょう。

大腿筋膜張筋の概要

  • 名称:大腿筋膜張筋
  • ふりがな:だいたいきんまくちょうきん
  • 英語名:Tensor Fasciae Latae Muscle
  • 名前の通り、大腿筋膜を緊張させる筋肉。
    股関節の外転が主な働きですが、股関節屈筋として他の筋肉と一緒に働くときは股関節が外旋するのを防ぎ(内旋方向に作用し)、歩行の際に足がまっすぐ出る為に重要な働きをする筋肉です。


    大腿筋膜張筋の柔軟性がなくなるとO脚や腸脛靭帯炎など膝関節症の原因や症状悪化につながります。
    大腿筋膜張筋の解剖学的構造を理解し、効果的なストレッチと筋トレをしましょう。

    大腿筋膜張筋の起始・停止

  • 起始:上前腸骨棘・大腿筋膜の内面
  • 停止:脛骨外側顆前面の粗面
  • 大腿筋膜張筋は、途中で腸脛靭帯になり脛骨外側顆に停止します。

    大腿筋膜張筋の作用


    解剖学的表現

  • 股関節外転
  • 股関節屈曲+内旋
  • 膝関節伸展
  • 骨盤前傾・側傾

  • 日常でのイメージ

    ・運動としては股関節外旋に主に作用しますが、歩行時など股関節屈曲筋として作用するときは股関節外旋(腸腰筋などの作用)を抑制し(内旋方向に作用)、脚がまっすぐに進むように調整しています。

    大腿筋膜張筋の神経支配

  • 上臀神経(L4~S1)
  • 大腿筋膜張筋の働きを3D動画で確認

    大腿筋膜張筋を触診

    上前腸骨棘の下部(骨盤の前側)に手を触れ、股関節の内転・外転運動で収縮・弛緩を確認できます。

    大腿筋膜張筋のストレッチと筋トレ


    大腿筋膜張筋ストレッチ

    股関節内転(+伸展)でストレッチできます。
    体位や負荷はそれぞれ個別に調整してください。
    深呼吸をしながらしっかり伸ばしましょう。


    大腿筋膜張筋筋トレ

    大腿筋膜張筋の走行を意識して股関節外転運動で収縮させます。体位や負荷はそれぞれ個別に調整してください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事