【大腿筋膜張筋】ストレッチと筋トレのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

大腿(太もも)の筋肉
この記事は約2分で読めます。
スポンサー

【大腿筋膜張筋】とは、名前の通り大腿筋膜を緊張させる筋肉で、腸骨から腸脛靭帯となり脛骨まで走行するため、股関節・膝関節・骨盤の運動に作用します。

【大腿筋膜張筋】の主な作用は股関節の外転ですが、股関節屈筋として他の筋肉と一緒に働くときは股関節が外旋するのを防ぎ(内旋方向に作用し)、歩行の際に足がまっすぐ出る為に重要な働きをしたり、真っ直ぐな脚のラインへ調整したりします。

大腿筋膜張筋の柔軟性がなくなり固い状態になったり、短縮すると、O脚や腸脛靭帯炎など膝関節症の原因や症状悪化につながる場合があるため、大腿筋膜張筋の解剖学構造を3D動画で理解した効果的なストレッチや筋トレを実践しましょう。

【大腿筋膜張筋】英語と読み方

  • 名称:大腿筋膜張筋
  • ふりがな:だいたいきんまくちょうきん
  • 英語名:Tensor Fasciae Latae Muscle
  • 【大腿筋膜張筋】起始停止

  • 起始:腸骨稜・上前腸骨棘・大腿筋膜の内面
  • 停止:脛骨外側顆前面の粗面
  • 大腿筋膜張筋は、途中で腸脛靭帯になり脛骨外側顆に停止します。

    【大腿筋膜張筋】作用

    解剖学的表現

  • 股関節外転
  • 股関節屈曲+内旋(外旋抑制)
  • 膝関節伸展
  • 骨盤前傾
  • 骨盤側傾
  • 日常でのイメージ

    運動としては股関節外旋に主に作用しますが、歩行時など股関節屈曲筋として作用するときは股関節外旋(腸腰筋などの作用)を抑制し(内旋方向に作用)、脚がまっすぐに進むように調整しています。

    【大腿筋膜張筋】神経支配

  • 上臀神経(L4~S1)
  • 【大腿筋膜張筋】働きを3D動画で確認

    【大腿筋膜張筋】触診

    上前腸骨棘の下部(骨盤の前側)に手を触れ、股関節の内転・外転運動で収縮・弛緩を確認できます。

    【大腿筋膜張筋】ストレッチと筋トレ

    大腿筋膜張筋ストレッチ

    股関節内転(+伸展)でストレッチできます。深呼吸をしながらしっかり伸ばしましょう。

    大腿筋膜張筋筋トレ

    大腿筋膜張筋の走行を意識して股関節外転運動で収縮させます。体位や負荷はそれぞれ個別に調整してください。

    タイトルとURLをコピーしました