【レントゲン】【CT】【エコー】【MRI】画像診断比較(長所・短所)

病気の教科書
スポンサー

病気やケガの診断、腫瘍や病変の早期発見などに重要な役割を果たす画像診断の仕組みや特徴にを整理。

【レントゲン(X線)検査】【エコー(超音波検査)】【CT(コンピューター断層撮影)】【MRI(磁気共鳴画像法)】の仕組みと長所・短所をまとめています。

レントゲン検査(エックス線)の特徴

レントゲンの仕組み

X線で体の中の構造を確認する一番古くからある画像診断。

身体の組織のうち骨のようにX線が通り抜けにくいところほぼ白く写る、という性質を活用して画像の濃淡から体内の様子を知る事ができます。

レントゲンの長所

  • 比較的簡単に受けられるので多くの場合に一時的な検査として使われる
  • 肺癌、肺炎、肺結核などでは患部が白い影として映る
  • 心臓や大きな血管も映し出される
  • 乳がん検診のマンモグラフィ
  • レントゲンの短所

  • 形状を映し出すだけなので、癌などの診断には情報が不十分
  • エックス線被ばくリスク
  • 超音波検査(エコー)の特徴

    エコーの仕組み

    超音波は人間の耳には聞こえない高い周波数の音波で、一定方向に強く放射され直進性が高いという性質があるため、調べる部位に超音波を当て、その反響を映像化してチェックする画像検査。

    組織の組成によってそれぞれ基本的なパターンがあり、腫瘍・ポリープ・炎症・結石などは周囲の正常な組織と組成が異なるため、正常な組織との境界にコントラストから異常を発見できます。

    エコーの長所

  • 頭がい骨のように固い部分を除くほぼすべての身体部位が検査の対象
  • 放射線被ばくの心配がなく、産婦人科の胎児の診察にも利用可能
  • レントゲンに比べ、内臓の様子をより断面的に確認できる
  • 腫瘍などの有無だけでなく、大きさや深達度も確認できる
  • 映し出される画像は臓器がリアルタイムで動いて見える為、検査のための組織を採取したり、臓器の位置を確認しながら治療を行うときに使うことも可能
  • エコーの短所

  • 腹部内に空気が多く存在すると画像が不鮮明になるので、消化器系の検査では絶食の状態で行うことがある(食後は消化管内に空気が発生しやすいため)
  • 膀胱を検査する場合は尿が溜まっている方が詳しく観察できるため、検査前の排尿は我慢して行うことがある
  • CTの特徴

    CTの仕組み

    CTは「Computed Tomography」の略でコンピューター断層撮影ともいい、X線や放射線などを対象物に照射することで、臓器の断面画像を撮影する手段です。

    立体的(3D)に表示することや、造影剤を利用してより詳しく調べることも可能です。

    CTの長所

  • 主に肺や腎臓、頭部の検査に有用(MRIでは骨や肺の描出が難しい)
  • 頸部から骨盤まで25秒ほどで検査が終了するため、広い範囲の検査に適している
  • CTの短所

  • 放射線被ばくリスク
  • 病変と正常組織の濃度の差 (コントラスト) がMRIより不鮮明
  • MRIの特徴

    MRIの仕組み

    MRIは「Magnetic Resonance Imaging」の略で磁気共鳴画像法とも呼ばれ、磁石と電磁波を使って、臓器や血管などの断層画像を撮影する方法です。

    4種類の代表的なMRI撮影方法

    T1強調画像(T1 Weighted Image:T1WI)

    X線CTに近似した画像になり、大脳皮質や白質の解剖学的な構造をとらえる上で有用。

  • 高信号域:(白)
    • 脂肪・出血部位(亜急性期)・骨髄
    • 筋肉
    • 脳白質
    • 脳灰白質・変性・浮腫
  • 低信号域:(黒)
    • 水(脳脊髄液や尿)
  • T2強調画像(T2 Weighted Image:T2WI)

    多くの病変(出血・亜急性期脳梗塞など)を高信号で描出するので脳梗塞や病変の抽出に有効。

  • 高信号域:(白)
    • 水(脳脊髄液や尿)
    • 脂肪(皮下組織や骨髄)
    • 脳灰白質・変性・浮腫
    • 脳白質
  • 低信号域:(黒)
    • 筋肉
  • 水分抑制画像(Fluid Attenuated Inversion Recovery FLAIR )

    T2WIの水(脳髄液)からの信号を抑制した画像で、脳脊髄液が黒く描出されているため、脳室に隣接した病変を特定しやすい。

    拡散強調画像(Diffusion Weighted Image DWI)

    水分子の拡散運動を画像化したもので、拡散運動が低下した部位が高信号で描写するので、超急性期(発症直後)の脳虚血性病変診断に有効。

    高信号域(白):超急性期および急性期の脳梗塞

    MRIの長所

  • 病変部と正常組織のコントラストが良好
  • 横断像だけでなく、冠状断像や縦断像も描写可
  • X線被爆の心配がない
  • 造影剤を使わなくても血管や胆管などが映し出せる
  • 脊髄・内臓・血管まであらゆる部位の検査が可能
  • MRIの短所

  • 検査の範囲が狭い
  • 骨の変化がわかりにくい
  • 撮影に時間がかかる(30分~1時間)
  • 装置音や閉鎖空間などがあるため
  • 撮影が困難な場合が多い
  • タイトルとURLをコピーしました