【大腿四頭筋】前ももの4つの筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

大腿(太もも)の筋肉
この記事は約7分で読めます。

【大腿四頭筋】とは、大腿前面(太ももの前側)にある4筋:「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」の総称です。

【大腿四頭筋】は、主に膝関節運動と膝周りや前ももの形状(太さやライン)に関与する筋肉のため、膝関節痛予防やきれいな膝がある美脚作りには、【大腿四頭筋】解剖学構造を理解したストレッチや筋トレが重要です。

【大腿四頭筋】の解剖学構造や正しく効果的にストレッチや筋トレを行うコツ(考え方)についてイラスト図解でわかりやすく説明しています。

【大腿四頭筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【大腿四頭筋】とは、大腿前面(太ももの前側)にある4筋:「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」の総称です。

  • 筋肉名:【大腿四頭筋】=「大腿直筋」+「中間広筋」+「外側広筋」+「内側広筋」
  • 【大腿四頭筋】ふりがな:だいたいしとうきん
  • 【大腿四頭筋】英語:Quadriceps

「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」は、それぞれ走行や作用が類似しているのでまとめてひとつの筋肉のように表現する場合がありますが、個別の解剖学構造も正しく理解しておくことで、正しく効果的なストレッチや筋トレができるようになります。

【大腿四頭筋】〜4筋の位置関係

まず、【大腿四頭筋】と呼ばれる4筋の位置関係を大まかに整理しましょう。

【大腿四頭筋】のうち一番表層にある「大腿直筋」だけは下前腸骨棘(寛骨)に起始を持ちます。

「大腿直筋」の深層には外側から「外側広筋」「中間広筋」「内側広筋」の3筋があり、それぞれ大腿骨に起始があります。

「大腿直筋」「外側広筋」「中間広筋」「内側広筋」はまとまって膝蓋骨・膝蓋靭帯を経て脛骨粗面に停止します。

【大腿四頭筋】〜読み方や英語名と特徴

「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」それぞれの読み方、英語名、抑えておきたい特徴についてまとめました。

  • 筋肉名:大腿直筋
  • ふりがな:だいたいちょっきん
  • 英語:Rectus Femoris
  • 【大腿四頭筋】の中心になる筋肉で、大腿四頭筋内唯一の二関節筋(股関節と膝関節の運動に作用)
  • 筋肉名:中間広筋
  • ふりがな:ちゅうかんこうきん
  • 英語:Vastus Intermedius Muscle
  • 大腿直筋直下に位置して、股関節の屈曲角度により膝伸展力が変化する二関節筋の大腿直筋を補助するように働く純粋な膝関節伸展筋
  • 筋肉名:外側広筋
  • ふりがな:がいそくこうきん
  • 英語:Vastus Lateralis Muscle
  • 大腿四頭筋外側の筋肉
  • 筋肉名:内側広筋
  • ふりがな:ないそくこうきん
  • 英語:Vastus Medialis Muscle
  • 大腿四頭筋内側の筋肉

【大腿四頭筋】起始停止

【大腿四頭筋】を構成する4筋である「大腿直筋」「外側広筋」「中間広筋」「内側広筋」の起始停止についてまとめました。

【大腿四頭筋】としての作用(役割)を理解し、効果的なマッサージ、ストレッチ、トレーニングなどを行うためには、起始停止(走行)が正しくイメージできていることが大前提になります。

【大腿直筋(大腿四頭筋)】起始停止

【大腿直筋】は骨盤を構成する骨の一部である寛骨(腸骨)から大腿骨(内側広筋表層)を経由して膝蓋骨・膝蓋靭帯を経て腱骨粗面まで走行しています。

  • 起始:下前腸骨棘および寛骨臼上縁
  • 停止:膝蓋骨を囲む大腿四頭筋共同腱となり脛骨粗面

【中間広筋(大腿四頭筋)】起始停止

【中間広筋(大腿四頭筋)】は、大腿直筋の深層部にあり大腿骨面から膝蓋骨・膝蓋靭帯を経て腱骨粗面まで走行しています。

  • 起始:大腿骨前面および側面上部2/3
  • 停止:膝蓋骨を囲む大腿四頭筋共同腱となり脛骨粗面

【外側広筋(大腿四頭筋)】起始停止

【外側広筋(大腿四頭筋)】は大腿骨の外側上部から膝蓋骨・膝蓋靭帯を経て腱骨粗面まで走行しています。

  • 起始:大腿骨大転子および大腿骨粗線の上外側部
  • 停止:膝蓋骨を囲む大腿四頭筋共同腱となり脛骨粗面

【内側広筋(大腿四頭筋)】起始停止

【内側広筋(大腿四頭筋)】は、大腿骨の内側上部から膝蓋骨・膝蓋靭帯を経て腱骨粗面まで走行しています。

  • 起始:大腿骨転子間線および大腿骨粗線の内側唇
  • 停止:膝蓋骨を囲む大腿四頭筋共同腱となり脛骨粗面

【大腿四頭筋】作用(働き)

【大腿四頭筋】が収縮すると、膝蓋骨を介して脛骨を大腿骨の方へ引っ張ること作用(力)が働くため、【膝関節伸展】が主な作用になります。

また、太もも前側で大きな筋腹を持つ筋肉は【大腿四頭筋】だけなので、前腿の太さや形状を決めるアウターマッスルとしての役割もあります。

【大腿四頭筋】は4つの筋肉で構成されていて、起始停止(走行)がそれぞれ異なるので、「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」それぞれの作用についてもう少し詳しくみていきましょう。

【大腿直筋(大腿四頭筋)】作用

【大腿直筋】は、骨盤の下の方から膝を超えてスネの骨の上部まで走行している筋肉なので、収縮すると【膝関節伸展】と【股関節屈曲】に作用します。

【大腿四頭筋】の主な役割(作用)は膝関節伸展で、大腿直筋が中心的役割を担いますが、股関節の屈曲角度で膝伸展力が変化します。

また、膝関節を固定した場合は【骨盤前傾】に作用します。

  • 股関節屈曲
  • 膝関節伸展
  • 骨盤前傾

【中間広筋(大腿四頭筋)】作用

【中間広筋】は大腿直筋の深層に位置する筋肉で、大腿骨前面(太もも前側)から大腿四頭筋の共同腱まで走行しています。

股関節の屈曲角度により膝伸展力が変化する二関節筋の大腿直筋を補助する純粋な【膝伸展筋】として作用します。

また、【中間広筋】の一部は膝関節包に停止して膝関節包を緊張させて膝を保護する重要な役割もあります。

  • 膝関節伸展

【外側広筋(大腿四頭筋)】の作用

【外側広筋】は大腿骨の上外側面から脛骨まで走行して太ももの前外側ラインを作る筋肉です。

主な作用は【中間広筋】同様に「膝関節伸展」ですが、股関節付近に起始があるため、【大腿直筋】同様に股関節屈曲角度で「膝関節伸展」力が変化します。

また外側を走行しているため、収縮時に膝関節外旋作用も生じます。

膝関節外旋作用は運動というよりも衝撃吸収のために生じる動きで、膝関節周囲を囲む靭帯で衝撃が吸収され、膝関節の安定に重要な役割(作用)となります。

  • 膝関節伸展
  • 膝関節外旋

【内側広筋(大腿四頭筋)】作用

【内側広筋】は大腿骨の上内側面から脛骨まで走行して太ももの前内側ラインを作る筋肉です。

主な作用は【中間広筋】同様に「膝関節伸展」ですが、股関節付近に起始があるため、【大腿直筋】同様に股関節屈曲角度で「膝関節伸展」力が変化します。

また内側を走行しているため、収縮時に膝関節内旋作用も生じます。

膝関節内旋作用は運動というよりも衝撃吸収のために生じる動きで、膝関節周囲を囲む靭帯で衝撃が吸収され、膝関節の安定に重要な役割(作用)となります。

  • 膝関節伸展
  • 膝関節内旋

【大腿四頭筋】神経支配

【大腿四頭筋】は、「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」いずれも大腿神経(L2~L4)支配です。

【大腿四頭筋】触診

【大腿直筋】は最表層の筋肉なので、膝関節の屈伸運動で簡単に収縮が確認できます。

【中間広筋】は、大腿直筋の直下にあるため直接的な触診は困難ですが、膝関節の屈伸運動で大腿四頭筋として収縮を確認できます。

【外側広筋】および【内側広筋】は下腿の内外旋を加えることで区別しやすくなります。

【大腿四頭筋】コンディションチェック

椅子から立ち上がったり、歩いたり、階段を昇ったり降りたり。

【大腿四頭筋】を使う場面は日常にたくさんあります。

こんなときに「膝がスムースに伸びない」「膝を曲げると前ももがつっぱる」「膝が痛い(違和感がある)」「膝に左右差がある」などと感じる場合は、【大腿四頭筋】のコンディショニングが必要かもしれません。

椅子に座って体重の負荷を外し、膝関節だけゆっくり曲げたり伸ばしたしながら、【大腿四頭筋】のコンディションをチェックしてみましょう。

【大腿四頭筋】マッサージ

椅子に腰掛けた状態で 【大腿四頭筋】が硬い、柔軟性がないと感じる場合は、手のひらで温めるように筋肉の走行に沿ってマッサージをしましょう。

【大腿四頭筋】ストレッチ

【大腿四頭筋】は膝関節屈曲でストレッチできます。

大腿直筋が骨盤から走行しているので、股関節伸展位で行うとよりしっかりとストレッチができます。

【大腿四頭筋】筋トレ

【大腿四頭筋】コリや緊張がほぐれて膝周りが軽くスッキリしたら、正しい筋力トレーニングで大腿四頭筋を鍛えましょう。

【大腿四頭筋】の走行を意識しながら膝を伸ばす運動(膝伸展)で強化できます。

股関節角度で負荷のかかり方が変わるので、実際に強化させたい姿勢とパフォーマンス方法で負荷を加えながらトレーニングするのが一番実用的です。

タイトルとURLをコピーしました