上腕三頭筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

力こぶに拮抗する腕の裏側の筋肉 【上腕三頭筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


面積の大きい筋肉なので、柔軟性や筋力が低下すると腕のたるみだけでなく前側の筋肉に引っ張られ猫背や肩こりなどの原因にも。

また、腕を太くしたい場合、あるいはたるんだ腕を引き締めたい(腕痩せしたい)場合には、上腕二頭筋よりも大きな筋肉で日常生活ではあまり使われない上腕三頭筋をターゲットにした方が効果が見えやすいので、解剖学的構造を正しく理解した筋トレで効果的にボディメイクしましょう!

上腕三頭筋の概要

  • 名称:上腕三頭筋
  • ふりがな:じょうわんさんとうきん
  • 英語名:Triceps Brachii
  • 3つの筋頭からなる肘関節の伸筋。
    長頭は肩甲骨に付着しているため肩関節の運動にも関与します。

    何かを腕で押す運動で強力に作用する筋肉で、プッシュアップ(腕立て)など筋トレ方法もわかりやすく多様な方法が公開されています。

    上腕三頭筋の起始・停止

  • 長頭起始:肩甲骨関節下結節
  • 内側頭起始:上腕骨後面橈骨神経溝下内側方・内側上腕筋間中隔
  • 外側頭起始:上腕骨後面橈骨神経溝上外側方・外側上腕筋間中隔
  • 停止:尺骨肘頭
  • 上腕三頭筋の作用

    解剖学的表現

  • 肘関節の伸展
  • 肩関節伸展・内転補助(長頭)

  • 日常でのイメージ

  • 腕で何かを押す運動
  • 上腕三頭筋の神経支配

  • 橈骨神経(C6〜C8)
  • 上腕三頭筋の働きを3D動画で確認

    上腕三頭筋を触診

    腕の後ろ側で簡単に触診できます。

    上腕三頭筋のストレッチと筋トレ


    上腕三頭筋ストレッチ

  • 上腕三頭筋の走行を意識しストレッチ(肘関節屈曲)します。
    深呼吸をしながら無理のない範囲で行いましょう。

  • 上腕三頭筋筋トレ

  • 上腕三頭筋の走行を意識し収縮(肘関節伸展)させます。
    体位や負荷は個別に調整してください。
    長頭と短頭(内側頭と外側頭)を区別することでより理想的なボディメイクができます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事