【肘関節】可動域と運動方向【イラスト図解でわかりやすい運動解剖学】

関節の動きと可動域
この記事は約5分で読めます。

【肘関節】は、大きく力強い運動をする肩関節と細かい作業を行う手関節の間にある上肢関節のひとつです。

【肘関節】の正常な運動方向や役割についてイラスト図解を用いてわかりやすく整理しました。

【肘関節】とは?どこにあるどんな関節

【肘関節】は力こぶを作ったり、物を持ち上げる時に曲げる関節です。

大きく力強い肩の動きと細かい作業を行う手や指の間にある上肢(腕)関節のひとつです。

【肘関節】役割

私たちは、肩関節を使って大きくダイナミックな動きをすると同時に、指先や手先では細かい作業ができます。

【肘関節】は、肩の強力な動きと手の緻密な運動制御力を間で繋ぐ重要な役割があります。

物を持ち上げる、運ぶ、手先を顔や頭に近づけるなどの動作や転倒時に手をついた時の衝撃吸収などでも活躍しますし、テニス・野球のピッチング・バトミントンなど手先のコントロールとパワーが同時に必要なスポーツでは、肘関節での運動コントロールもとても重要になります。

【肘関節】解剖学構造と特徴

【肘関節】は上腕骨と前腕の骨(橈骨および尺骨)によって構成され、以下の3つの関節を含みます。

関節名 腕尺関節 腕橈関節 近位橈尺関節
構造 上腕骨と尺骨 上腕骨と橈骨 橈骨と尺骨
蝶番関節 車軸関節(球関節) 車軸関節

各関節はそれぞれ異なる関節面および機能を持っていますが、同じ関節包を共有しているため、ひとつの複合関節として作用します。

【腕尺関節】解剖学構造と特徴

【肘関節】運動の主となるのが骨の凹凸によって一方向にのみ動く蝶番関節である「腕尺関節」で、運動方向は【屈曲⇄伸展】となります。

「腕尺関節」は、上腕骨上腕骨滑車と尺骨滑車切痕により構成される関節で、屈曲および伸展時にピタリと凹凸がはまり込むとても安定した構造になっています。

【腕橈関節】解剖学構造と特徴

橈骨と上腕骨による「腕橈関節」は、球状の上腕骨小頭が上面に凸がある橈骨頭を滑るように動ける構造になっているので、「近位橈尺関節」と共に前腕を回旋する動き(回内と回外)に作用します。

肘関節の屈曲⇄伸展運動には直接的に関与していません。

【近位橈尺関節】解剖学構造と特徴

「近位橈尺関節」は、「上橈尺関節」とも呼ばれる橈骨と尺骨による車軸関節です。

車輪のような構造を持つ橈骨頭関節環状面が橈骨切痕の周りを尺骨から橈骨の頭頸部を包み込む橈骨輪靭帯にサポートされながら回旋するように動く関節です。

「近位橈尺関節」および「遠位橈尺関節」により、尺骨の周りを橈骨が回旋できるので、前腕回内・前腕回外運動が生じます。

「近位橈尺関節」は、肘関節と関節包を共有しているため解剖学的には肘関節の一部になりますが、運動面(機能面)では全く異なる運動をする関節です。

*ちなみに、「遠位位橈尺関節」は手関節を関節包を共有しています。

前腕中間位では橈骨と尺骨は並行ですが、回内運動が生じると橈骨が尺骨の周りを回旋して互いにクロスするような配置になり、手が上向き(前向き)から下向き(後ろ向き)に反転します。

回外運動は回内運動のリバースアクションで、橈骨と尺骨が並行位に戻ります。

前腕中間位を基準にすると、手のひらを下に向ける動きが回内、手のひらを上に向ける運動が回外です。

 

【肘関節】運動方向と可動域

【肘関節】としての主要な運動方向は【屈曲⇄伸展】です。

加えて、橈骨や尺骨の周りを回旋できる構造のため、橈骨の動きによる前腕の【回内⇄回外】運動についても合わせて説明します。

運動方向
股関節屈曲⇄伸展(橈骨の回旋運動)
前腕回内⇄回外(橈骨の回旋運動)

*実際の運動時はこれらの複数の運動方向が組み合わさって起こります。

*以下の記事で記載している正常関節可動域(このサイトでは参考ROM、最大可動域などとも表記している)は、日本整形外科学会・日本リハビリテーション医学会による「関節可動域表示ならびに測定法」 による条件で測地した場合の参考値で、規定姿勢で測定した場合、筋肉の柔軟性や骨構造の個人差によって異なります。(このサイトのイメージ図は日常や普段の動きから関節の動きをイメージできることを優先して作成しているため、上記測定法の姿勢ではない場合もあります。)

肘関節の【屈曲と伸展】

【肘関節屈曲⇄伸展】は、【肘関節】のうち「腕尺関節」を主体とする蝶番関節運動です。

【肘関節屈曲】は肘を曲げて顔に近づける方向の運動で、【肘関節】伸展は屈曲のリバースアクション(曲げた肘を伸ばす)です。

運動方向 参考ROM 作用する筋肉
肘関節屈曲 145度 上腕二頭筋
上腕筋
腕橈骨筋
肘関節伸展 0度 上腕三頭筋
肘筋

前腕【回外と回内】

「回外」と「回内」は、橈骨が尺骨の周りを回旋する運動で、肘関節以遠の前腕と手が回旋します。

橈骨を外側へ回旋させる運動を「回外」、橈骨を内側へ回旋させる運動が「回外」です。

運動方向 参考ROM 作用する筋肉
前腕回外 90度 円回内筋
方形回内筋
前腕回内 90度 回外筋
上腕二頭筋
腕橈骨筋

【肘運動】に作用する筋肉

【肘関節】に作用する筋肉について詳細はこちら

合わせてチェック!
上腕(二の腕)の筋肉を一覧にまとめました。
「力こぶが欲しい」「逆三角形ボディに映えるように腕を太くしたい」「二の腕のたるみを引き締めたい」「腕痩せしたい」「腕の力をつけたい」「運動パフォーマンスを高めたい」など目的によって鍛える筋肉や鍛え方が異なります。上腕の筋肉の解剖学構造(起始停止、作用)を理解して、効果的なトレーニングや筋トレを実践しましょう。
前腕の筋肉を一覧にまとめました。
肘、手首、指の繊細で複雑な運動に作用して、腕の太さにも関与する前腕の筋肉は種類も多いので、ひとつひとつの解剖学構造(起始停止や作用)を理解することで、手首や肘の痛みやトラブルや怪我を予防して運動パフォーマンスを高められます。
タイトルとURLをコピーしました