下唇下制筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

下唇を引き下げ、下の歯や歯茎が見えるような口の開け方を作る表情筋【下唇下制筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。
柔軟性がなくなると老け顔の原因になるので、意識してマッサージし、若々しく覇気のある表情を維持しましょう。

下唇下制筋の概要

  • 名称:下唇下制筋
  • ふりがな:かしんかせいきん
  • 英語名:Depressor Labii Inferioris
  • 下唇を引き下げ、下の歯や歯茎が見えるような口の開け方を作る筋肉。

    下唇下制筋の起始・停止

  • 起始:下顎骨前面のオトガイ孔前下方骨面
  • 停止:下唇の皮膚・口輪筋
  • 下唇下制筋の作用


    解剖学的表現

    下唇を外側下方にひく


    日常でのイメージ

    下唇を引き下げ、下の歯や歯茎が見えるような口の開け方を作る筋肉。

    下唇下制筋の神経支配

  • 顔面神経
  • 下唇下制筋の働きを3D動画で確認

    下唇下制筋を触診

    『イー』の発音をして下歯をむき出す運動で触診が可能です。

    下唇下制筋をほぐす方法


    下唇下制筋マッサージ

  • 下唇下制筋を捉えてマッサージ
    人差し指は鍵型にし、親指は腹の部分を下顎骨の裏側にひっかけるようにして下唇下制筋をとらえて人差し指をずらしながら丁寧にほぐします。
  • 表情筋(顔の筋肉)一覧

    日常生活で老け顔を予防するヒントも合わせて紹介しています。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事