【下唇下制筋】表情筋の鍛え方とマッサージ【3D動画(表情筋イラスト)でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

表情筋(顔の筋肉)
スポンサー

【下唇下制筋】は、下唇を引き下げて下の歯や歯茎が見えるような口の開け方に作用する表情筋です。

【下唇下制筋】の柔軟性がなくなると、二重顎やフェイスラインのもたつきなど老け顔の原因になるので、3D動画で解剖学構造を確認してマッサージしてから、フェイスラインや口元を整えるトレーニングをして若々しく覇気のある表情を維持しましょう。

【下唇下制筋】英語と読み方

  • 名称:下唇下制筋
  • ふりがな:かしんかせいきん
  • 英語名:Depressor Labii Inferioris
  • 【下唇下制筋】起始停止

  • 起始:下顎骨前面のオトガイ孔前下方骨面
  • 停止:下唇の皮膚・口輪筋
  • 【下唇下制筋】作用

    解剖学的表現

    下唇を外側下方にひく

    日常でのイメージ

    下唇を引き下げて少し横に引き、下の歯や歯茎が見えるような口の開け方を作る表情筋です。

    【下唇下制筋】神経支配

  • 顔面神経
  • 【下唇下制筋】働きを3D動画(表情筋イラスト)で確認

    【下唇下制筋】触診

    『イー』の発音をして下歯をむき出す運動で触診が可能です。

    【下唇下制筋】ほぐすマッサージや鍛える方法

    二重顎やフェイスラインのもたつきが気になる時は、フェイスライン、口元、口角を上げるなど表情筋を鍛える前に、【下唇下制筋】のコリをほぐすマッサージをすることで、より効果的なトレーニングができます。

    下唇下制筋マッサージ

  • 下唇下制筋を捉えてマッサージ
  • 人差し指は鍵型にし、親指は腹の部分を下顎骨の裏側にひっかけるようにして下唇下制筋をとらえて人差し指をずらしながら丁寧にほぐします。

    【表情筋】とは?鍛えるべき表情筋の名前と種類

    表情筋(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方で大きく変わります。

    表情筋も筋肉なので、解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術をしなくても、老け顔を予防したり、笑顔が魅力的なスッキリとした小顔もデザインできます。

    表情筋の3D動画(表情筋イラスト)を使って、表情筋の起始停止・作用・神経支配などをわかりやすく解説しています。

    日常生活で老け顔を予防するヒントも合わせて紹介しています。

    タイトルとURLをコピーしました