脊柱起立筋群(腸肋筋・最長筋・棘筋)【3D筋肉・解剖学】

この記事は2分で読めます

スッと伸びた縦のラインや綺麗な背筋を作る背中のインナーマッスル【脊柱起立筋群】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


背骨のS字カーブを維持し、首こり・肩こり・腰痛予防にもキーとなる筋肉なので、解剖学的構造を理解してセルフメンテナンスしましょう。

脊柱起立筋群の概要

  • 名称:脊柱起立筋
  • ふりがな:せきちゅうきりつきん
  • 英語名:Erector Spinae
  • 背面から背骨を囲み、背骨を安定させて、脊髄神経を守っています。

    以下のように細かく分類されています。

  • 最外層:腸肋筋(腰腸肋筋・胸腸肋筋・頸腸肋筋)
  • 中間:最長筋(胸最長筋・頸最長筋・頭最長筋)
  • 最内側:棘筋(頭棘筋・頚棘筋・胸棘筋)
  • 脊柱起立筋群の起始・停止

    腸肋筋(腰腸肋筋・胸腸肋筋・頸腸肋筋)の起始・停止

  • 起始:腸骨稜・仙骨前面・第3~12肋骨の肋骨角上縁
  • 停止:第12~1肋骨の肋骨角・第7~4頸椎横突起
  • 最長筋(胸最長筋・頸最長筋・頭最長筋)の起始・停止

  • 起始:腸骨稜・胸腰筋膜・仙骨・腰椎の棘突起・第6胸椎~第3頸椎の横突起(頸椎では関節突起も含)
  • 停止:全腰椎の副突起・肋骨突起・第12胸椎~第2頸椎横突起の後結節・側頭骨の乳様突起・第3~12肋骨の肋骨角
  • 棘筋(頭棘筋・頚棘筋・胸棘筋)の起始・停止

  • 起始:第2腰椎~第11胸椎棘突起・第2胸椎~第6頸椎棘突起
  • 停止:第9~2胸椎棘突起・第4~2頸椎棘突起
  • 脊柱起立筋群の作用


    解剖学的表現

  • 脊柱(体幹・頭・頸部)の伸展・側屈

  • 日常でのイメージ

    骨盤から頭蓋骨まで背骨のまわりに付着して、主に背筋を伸ばしたり(進展)、横に曲げたりする(側屈)運動に作用。


    頭部・頸部・胸部・腰部の椎体に付着し、運動時に背骨の骨がずれないように微妙な調整を行う機能もあり、姿勢保持にも重要なインナーマッスルです。

    脊柱起立筋群の神経支配

  • 腸肋筋:脊髄神経(C8~L1)
  • 最長筋:脊髄神経(C1~L5)
  • 棘筋:脊髄神経(C2~T12)
  • 脊柱起立筋群の働きを3D動画で確認

    腸肋筋(腰腸肋筋・胸腸肋筋・頸腸肋筋)

    最長筋(胸最長筋・頸最長筋・頭最長筋)

    棘筋(頭棘筋・頚棘筋・胸棘筋)

    脊柱起立筋群を触診

    背骨の両脇にある盛り上がった筋肉。脊柱の屈伸運動で収縮を確認できます。

    脊柱起立筋群を鍛える方法


    脊柱起立筋群強化エクササイズ

    脊柱起立筋群の解剖学的構造を理解し、各椎間幅を広げるイメージで背筋を伸ばし、後ろに反らす運動で強化できます。


    大きく腰や首を動かすというよりも、普段パソコンやスマホを使っている姿勢と反対方向のイメージで脊柱起立筋群に収縮させましょう。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事