回旋筋(腰回旋筋・胸回旋筋・頚回旋筋)【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

背骨の周りにある筋肉で一番深層にある【回旋筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


椎骨ひとつひとつに作用し強い回旋力を発揮。姿勢の保持や微調整に関与します。
回旋筋が硬直したり動きが悪くなると椎骨の動きが鈍るため、神経圧迫や椎間板への負担が増加して神経症状の原因になります。

回旋筋の概要

  • 名称:回旋筋
  • ふりがな:かいせんきん
  • 英語名:Rotatores
  • 脊椎の周囲筋の中で、最も深層にある筋肉で、頚部・胸部・腰部の椎骨に付着。
    椎骨ひとつひとつに作用し強い回旋力を発揮。姿勢の保持や微調整に関与します。

    回旋筋が硬直したり動きが悪くなると椎骨の動きが鈍るため、神経圧迫や椎間板への負担が増加して神経症状の原因になります。

    回旋筋の起始・停止

    長回旋筋

  • 起始: 全脊椎横突起
  • 停止: 1椎体隔てた上位の椎骨棘突起
  • 短回旋筋

  • 起始:全脊椎横突起
  • 停止:直上の椎骨棘突起
  • それぞれの椎骨の横突起から1〜2椎骨上の棘突起に付着しています。

    回旋筋の作用


    解剖学的表現

  • 脊柱回旋

  • 日常でのイメージ

    背骨をねじる運動に関与し、姿勢の調整をしています。

    回旋筋の神経支配

  • 脊髄神経(C3~S3)
  • 回旋筋の働きを3D動画で確認

    回旋筋を触診

    触診や収縮の確認は困難ですが、脊椎を回旋させる動作で収縮しています。

    回旋筋を鍛える方法


    回旋筋エクササイズ

    椎骨ひとつひとつをねじるイメージで背骨の回旋運動をゆっくり行うことで効果的に運動できます。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事