【上唇挙筋】鍛えるトレーニングとコリをほぐすマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【上唇挙筋】は頬の真ん中あたりにある表情筋で、上唇を持ち上げて上顎の歯を露出させる作用があります。

【上唇挙筋】の解剖学構造についてイラスト図解(表情筋イラスト)を用いてわかりやすく解説しています。

【上唇挙筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【上唇挙筋】は、眼窩の下あたりから上唇まで走行する左右ペアの筋肉です。

  • 名称:上唇挙筋
  • ふりがな:じょうしんきょきん
  • 英語名:Levator Labii Superioris

【上唇挙筋】の主な作用は上唇を持ち上げて上顎の歯を見せることで、頬と唇の動きに関与する筋肉群と相乗的に作用し、口(唇)や頬の動きや形状の変化、感情表現などに貢献しています。

【上唇挙筋】起始停止

【上唇挙筋】は、上顎の頬骨突起および頬骨の上顎突起から起始し、下内側に筋腹を構成して上唇の筋肉の混ざり合うように停止します。

起始 停止
上唇挙筋 上顎の頬骨突起・頬骨の上顎突起 上唇の筋肉

【上唇挙筋】は、眼窩下孔直上にある頬骨の上顎突起と上顎骨の頬骨突起から起始し、上唇に向かって内側下方へ徐々に先細りする三角形の筋腹を構成します。

「上唇鼻翼挙筋」「小頬骨筋」の間を走行しながら上唇に達し、上唇を構成する筋肉と癒合して「口輪筋」との間に停止します。

【上唇挙筋】作用

【上唇挙筋】は直接上唇に作用し、上唇を持ち上げて上顎の歯を露出させることができる表情筋です。

部位 作用
上唇挙筋 上唇 上唇を持ち上げて上顎の歯を露出させる

上唇に直接停止して作用する筋肉は、他に「上唇鼻翼挙筋」「小頬骨筋」があり、その中でも中心にある【上唇挙筋】は他の頬や唇の筋肉の作用も補助します。

【上唇挙筋】が収縮すると上顎の歯が唇の下から見えるようになり、ほうれい線も深くなります。

【上唇挙筋】神経支配

【上唇挙筋】は、他の表情筋と同様に顔面神経(CN VII)支配です。

【上唇挙筋】触診

【上唇挙筋】は、内側にある「上唇鼻翼挙筋」と外側にある「小頬骨筋」の間を埋めるように走行している表情筋で、【上唇挙筋】の外側深層には「口角挙筋」あります。

【上唇挙筋】鍛えるトレーニングとほぐすマッサージ

【上唇挙筋】は上の歯だけを見せる笑顔などを作る時に活躍する筋肉です。

ゆっくり上唇だけを鼻にくっつけるようにゆっくり反らす上唇反らしや上唇をめくるように小鼻をふくらませて前歯をしっかり見せる「え」と鼻の下をしっかり伸ばす「お」を繰り返す動きなどでコンディショニングができます。

他の表情筋との関連も意識することで、表現の幅を広げられます。

詳しいエクササイズ内容は会員限定サイトで!

【表情筋】とは?鍛えるべき表情筋の名前と種類

表情筋(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方で大きく変わります。

表情筋も筋肉なので、解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術をしなくても、老け顔を予防したり、笑顔が魅力的なスッキリとした小顔もデザインできます。

表情筋イラストを使って、表情筋の起始停止・作用・神経支配などをわかりやすく解説し、老け顔を予防して愛される顔を維持するヒントも合わせて紹介しています。

詳細をチェック!

【表情筋(顔の筋肉)種類まとめ】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事