【鼻筋】鼻筋を通すマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

表情筋(顔の筋肉)
この記事は約3分で読めます。

【鼻筋】は鼻背と鼻翼の形状やシワに作用する筋肉で、表情筋としてはもちろん、吸息時にも重要な働きをします。

【鼻筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

【鼻筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【鼻筋】は鼻の背面を覆う左右ペアの筋肉で、それぞれ更に横部(鼻孔圧迫筋)と翼部(鼻孔開大筋)に別れます。

  • 名称:鼻筋
  • ふりがな:びきん
  • 英語名:Nasalis muscle

【鼻筋】は、「鼻根筋」「上唇鼻翼挙筋」「鼻中隔下制筋」と共に鼻の形状や働きに作用する筋肉群に分類されます。

【鼻筋】が収縮すると鼻翼の形や大きさを変えたり、鼻の皮膚にしわを寄せる働きが生じ、感情表現、呼吸促進、鼻の穴(鼻孔)の大きさを変えたりできます。

【鼻筋】起始停止

【鼻筋】は正中線を境に左右対象に存在し、それぞれ横部(鼻孔圧迫筋)と翼部(鼻孔開大筋)に別れます。

起始 停止
翼部 上顎骨前頭突起(側切歯の上) 鼻翼の皮膚
横部 上顎骨切歯窩上外側 対側からの繊維

横部は鼻背を覆うように存在する部位で、上顎骨切歯窩上外側から起始して上内側に進み、鼻梁で薄い腱膜に移行して対側からの筋繊維と混ざりあって鼻の皮膚に停止します。

翼部は鼻孔を構成する部分で、上顎骨前頭突起(側切歯の上)から起始して上前へ短い筋腹を構成し、大鼻翼軟骨外側脚上部で鼻翼の皮膚に停止します。

【鼻筋】作用

【鼻筋】横部が収縮すると、鼻の皮膚にシワを寄せて鼻孔を圧迫し、翼部が収縮すると鼻孔を外側に引いて鼻孔を広げます。

部位 作用
翼部 鼻翼 翼状を外側に押し下げて鼻孔を拡張する
横部 鼻背・鼻孔 鼻背にシワを寄せる・鼻孔を圧迫する

【鼻筋】は息を吸う前に作用して鼻の通りをよくしたり、怒りなどの感情を表情で表す時によく働きます。

また、【鼻筋】は鼻の周囲を取り囲んでいる筋肉なので、小鼻や鼻筋の形に影響します。

【鼻筋】神経支配

【鼻筋】は、他の表情筋と同様に顔面神経(CN VII)支配です。

【鼻筋】触診

【鼻筋】は鼻骨と外側鼻軟骨の表層で鼻の皮膚直下にあり、【鼻筋】表層を顔面動脈、眼窩下動脈、眼窩下神経、外鼻神経、外鼻動脈などが通過しています。

横部の繊維は、「鼻根筋」腱膜に接するか一部癒合しています。

【鼻筋】鼻筋を通す方法とマッサージ

【鼻筋】をマッサージでほぐすとスッキリとした鼻のラインに整います。

他の表情筋との関連も意識することで、効果的に表情筋をコンディショニングできます。

詳しいエクササイズ内容は会員限定サイトで!

【表情筋】とは?鍛えるべき表情筋の名前と種類

表情筋(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方で大きく変わります。

表情筋も筋肉なので、解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術をしなくても、老け顔を予防したり、笑顔が魅力的なスッキリとした小顔もデザインできます。

表情筋イラストを使って、表情筋の起始停止・作用・神経支配などをわかりやすく解説し、老け顔を予防して愛される顔を維持するヒントも合わせて紹介しています。

詳細をチェック!
【表情筋(顔の筋肉)種類まとめ】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学
【表情筋】(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方やコンディション(柔軟性や筋力)で大きく変わります。 【表情筋】は顔の皮膚や頭蓋に付着する筋肉なので、解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術よりも安全かつ効果的に、老け顔(ほうれい線、シワ、たるみなど)を予防したり、二重顎を解消したり、笑顔が魅力的なスッキリとした小顔もデザインできます。 【表情筋】をイラスト図解を使って、解剖学構...
タイトルとURLをコピーしました