口角挙筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

上唇をキュッと上に持ち上げて魅力的な笑顔を作る【口角挙筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


間延びした鼻の下を縮めて、ふっくら若々しい唇を取り戻すためにも意識したい筋肉です。

口角挙筋の概要

  • 名称:口角挙筋
  • ふりがな:こうかくきょきん
  • 英語名:Levator Anguli Oris
  • 犬歯筋とも呼ばれ、口角を上方に上げる際に働きます。

    口角挙筋が弱化すると、口角が下がり、鼻の下が伸びた老け顔になります。

    口角挙筋の起始・停止

  • 起始:上顎骨前面の犬歯窩
  • 停止:口角、口輪筋、下唇
  • 口角挙筋の作用


    解剖学的表現

    口角を上方にあげる


    日常でのイメージ

    上唇をキュッと上に持ち上げて魅力的な笑顔を作る筋肉。

    鼻の下が伸びてきた、唇が薄くなってきたと感じるなら意識してケアしましょう。

    口角挙筋の神経支配

  • 顔面神経
  • 口角挙筋の働きを3D動画で確認

    口角挙筋を触診

    口角に垂直に指を当て、上唇を少しめくるような気持ちで上に引き上げると収縮が確認できます。

    口角挙筋を鍛える方法

    意識して動かしたことのない筋肉を動かす時は、本来の目的とは違う場所に力が入って逆効果になりがちです。

    まずは姿勢をニュートラルにし、凝りがある箇所はしっかりほぐして、顔の筋肉が働きやすい状態を作り、ターゲットとなる筋肉の構造を意識しながら、丁寧にエクササズをしましょう。


    口角挙筋エクササイズ

  • 上唇と下唇を自然に近づけ唇を閉じる
    上の歯と下の歯は当たらない様にして、舌は上の歯の裏に当てます。

  • 「んー」の音で口角と頬を上げる
    唇を閉じたまま「んー」といいながら、ゆっくり口角をあげて笑顔を作ります。

  • 唇で歯を隠したままアルファベットの【O】の口を作る
    唇で歯を隠したままゆっくりアルファベットの【O】の口を作り、口角挙筋をストレッチしてからゆっくり戻します。
  • 表情筋(顔の筋肉)一覧

    日常生活で老け顔を予防するヒントも合わせて紹介しています。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事