【皺眉筋】表情筋の鍛え方とマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【皺眉筋】は、眉を内側(鼻側)下方向に押し下げて眉間に縦シワを作用がある表情筋です。

【皺眉筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

【皺眉筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【皺眉筋】は「上眼瞼挙筋」「眼輪筋」と共に眼窩周囲の筋肉に分類される表情筋で、左右の眉毛の内側深層に小さい筋腹を構成します。

  • 名称:皺眉筋
  • ふりがな:しゅうびきん・すうびきん
  • 英語名:Corrugator supercilii muscle

【皺眉筋】が収縮すると眉毛を内側下方に近づける作用が生じるため、眉間に縦シワができ、心配や不愉快なこ感情を表す「眉をひそめる」表情を作ります。

【皺眉筋】起始停止

【皺眉筋】は鼻根の横で前頭骨眉弓内側端から起始し、外側やや上方に走行して眼窩上縁中央で眉の皮膚に停止します。

起始 停止
皺眉筋 前頭骨眉弓内側端 眉の皮膚

【皺眉筋】作用

【皺眉筋】が収縮すると眼窩上縁の皮膚を引く作用が生じ、眉内側が内側下方に引っ張られます。

部位 作用
皺眉筋 眉間(眉内側) 眉内側を内側下方に引き、眉間(鼻根上)に縦シワを作る

【皺眉筋】は「眼輪筋」や「前頭筋」と相乗的に作用して強い日差しや水滴などから眼球を守るために目をひそめる時や、眉間部分に縦じわを寄せて不快や苦痛を表現する時によく働く表情筋です。

【皺眉筋】神経支配

【皺眉筋】は、他の表情筋と同様に顔面神経(CN VII)支配です。

【皺眉筋】触診

【皺眉筋】は眼窩の上で、眉の内側端と眼窩上縁中央をつなぐように上外側へ走行しています。

【皺眉筋】は「眼輪筋」と「前頭筋」の深層にあり繊維を一部癒合させていて、起始部では「鼻根筋」外側に隣接しています。

【皺眉筋】ほぐすマッサージ

スマホやパソコン作業を頑張っているときはついつい眉間にシワがよりがちで【皺眉筋】が凝り固まっています。

目疲れや重くなったまぶたをスッキリさせたい時は【皺眉筋】をマッサージしてほぐすと効果的で、表情もほぐれて印象もよくなります。

人さし指と親指で【皺眉筋】を挟み、筋肉の走行に沿ってマッサージします。

「眼輪筋」や「前頭筋」など他の表情筋との関連も意識することで、効果的に表情筋をコンディショニングできます。

詳しいエクササイズ内容は会員限定サイトで!

【表情筋】とは?鍛えるべき表情筋の名前と種類

表情筋(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方で大きく変わります。

表情筋も筋肉なので、解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術をしなくても、老け顔を予防したり、笑顔が魅力的なスッキリとした小顔もデザインできます。

表情筋イラストを使って、表情筋の起始停止・作用・神経支配などをわかりやすく解説し、老け顔を予防して愛される顔を維持するヒントも合わせて紹介しています。

詳細をチェック!

【表情筋(顔の筋肉)種類まとめ】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事