【小円筋(ローテーターカフ)】 イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用・起始停止・ストレッチ・トレーニング)

肩関節(肩甲骨)の筋肉
この記事は約3分で読めます。

【小円筋】は肩甲骨の後面外側部から上腕骨へ走行し、ローテーターカフの一部として後下方から肩関節(肩甲上腕関節)を安定させている筋肉です。

【小円筋】の解剖学的構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

【小円筋】とは?どこにあるどんな筋肉

【小円筋】は肩甲骨背面で、肩甲骨と上腕骨をつなぐように走行する筋肉です。

  • 名称:小円筋
  • ふりがな:しょうえんきん
  • 英語名:Teres minor

【小円筋】は、「棘上筋」「棘下筋」「肩甲下筋」と共にローテーターカフを構成する筋肉のひとつで、肩甲上腕関節の安定と外旋および内転運動に作用します。

【小円筋】起始停止

【小円筋】は肩甲骨外側縁から上腕骨近位端に向かって走行する筋肉です。

起始 停止
大円筋 肩甲骨外側縁上部2/3 上腕骨大結節

【小円筋】は、肩甲骨外側縁上部2/3で、肩甲回旋動脈溝で分断された2頭で起始しますが、すぐに癒合して単一の筋腹を構成して上外側に走行します。

【小円筋】の上部繊維は、短い腱に移行して上腕骨大結節下面に停止し、下部繊維は上部繊維や上腕三頭筋外側頭の起始部隣接するように近位端に停止します。

【小円筋】腱は、「棘上筋」「棘下筋」「肩甲下筋」「上腕三頭筋長頭」腱と肩関節包で融合し、肩甲上腕関節の安定性を強化しています。

【小円筋】作用

【小円筋】の主な作用はローテーターカフとして、肩甲上腕関節において腕骨頭を関節窩安定させ、肩関節の多様で広範囲な運動を安定して行えるようにすることです。

【小円筋】は、上腕骨の外旋に作用する他、遠心性収縮をかけながら腕の挙上をコントロール(制御)して肩関節を安定させています。

関節 作用
小円筋 肩甲上腕関節 外旋、内転、関節窩における上腕骨頭の安定

【小円筋】が「大円筋」「広背筋」「小胸筋」と共に作用する時は、外転した腕を下げる運動(肩関節内転)に作用し、引っ張る、投げるなどの運動時を円滑に行う時に重要になります。

また、【小円筋】が「棘下筋」と共に外旋筋として強力に作用し、肩関節の安定をサポートしながら、野球のピッチングやバレーのアタック時の上での振り上げの時によく働きます。

また、振り下ろす時にも【小円筋】の遠心性収縮によりスムースな動作ができます。

【小円筋】神経支配

【小円筋】の支配神経は「三角筋」と共通で、腕神経叢の後索に由来する腋窩神経(C5、C6)支配です。

【小円筋】触診

【小円筋】は、「上腕三頭筋」の長頭の表層で、内側を覆う「僧帽筋」と外側を覆う「三角筋」に挟まれるように存在します。

【小円筋】上部には「棘下筋」、下部には「大円筋」があります。

【小円筋】ストレッチとマッサージ

【小円筋】の解剖学構造を正しく理解して、アウターマッスルに頼らないように、また過剰な負荷で逆に筋肉を痛めないように、小さな動きで丁寧に行いましょう。

【小円筋】と回旋筋腱板(ローテーターカフ)

ローテーターカフとは、「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」の4筋で構成される腱板構造で、人体で最も動く範囲が広い肩関節(肩甲上腕関節)の安定性と実用性を両立させるための解剖学構造です。

肩関節(肩甲上腕関節)は肩甲骨関節窩と上腕骨骨頭で構成されますが、丸い上腕骨骨頭がお皿のような肩甲骨関節窩に接しているだけなので、骨的な制限はほとんどありません。

そのため、肩関節(肩甲上腕関節)はダイナミックで広範囲な動きに対応できますが、脱臼や損傷が起こりやすい不安定な関節でもあります。

ローテーターカフは、上腕骨骨頭を筒のように囲んで肩甲骨関節窩に引きつけるように作用し、肩関節の解剖学的構造のデメリット(不安定性)を補完し、メリット(可動性)を最大限生かす(骨頭を求心位へ誘導して骨頭の安定した支点での運動を制御)役割をしています。

詳しくはこちら!
【ローテーターカフ(回旋筋腱板)】とは?「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」筋肉解剖学(起始停止・作用)
【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】とは、4つの筋肉:「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」で肩甲上腕関節を包み込むような腱板構造のことです。 肩関節は複数の関節による複合体で、様々な筋肉や靭帯で補強されることで広範囲で多彩な運動ができるようになっていますが、【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】は、動きの範囲が最も大きい肩甲上腕関節の安定と可動性と両立させる重要な要素です。 【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】の解剖...
タイトルとURLをコピーしました